2017-09-03(Sun)

銀魂 第六百四十八訓 本当の戦場

圓翔くんを倒して、でも自分も倒れる高杉か。


一触即発の解放軍と地球軍。


それを止めたのは?




あぁ、成長したなぁ。喜々くん。


こらえて くれぬか


そんな言葉を言えるようになったか。


それでも、止まりたくない圓翔くん。



ん?



この回想は?



あぁー、お兄さんの奥さんだったのか。


物語的に必要かなぁ?とは思ったけれど、必要とか必要じゃないとかそんな事じゃなく、ただそれは真実なんだよなぁ。




それを聞いた高杉は?



殺す気も失せた?



高杉は、喜々くんを人として認めたのか?

辰馬も、桂も。



あぁ、成長したなぁ、喜々くん。


溶けかけた圓翔くんの心。



紫雀くんにとっては圓翔くんは、ずっとなんだろうなぁ。




と。





あ。





確かに、その他大勢にとっては納得いかない事だよねぇ。


でも、圓翔くんこれで終わり?



心がほんの少し溶けただけでおわり?




ちょっと寂しいなぁ。




圓翔くんには歯を食いしばって生きて欲しいんだけどなぁ。




そして、喜々くん。




確かに成長したけれど。




これで終わっちゃダメだよ。喜々くん。



まだまだキミは成長途中だよ。




将ちゃんがちゃんと帰ってきて、将ちゃんに頭を下げられるまで成長してくれないと。




まだ死んじゃダメだよ。
2017-08-27(Sun)

銀魂 第六百四十七訓 幻想のむこう

圓翔くんを追い詰めた高杉。


あ、高杉も限界か?


そうか。

高杉を助けた時の猩覚くんか。


悪運…………………………


そうだねぇ。


悪運だよねぇ。




あぁ。



何て言うか、




高杉は、



桂も辰馬も。



自分を信じる物のために立っているんだなぁ。




自分を信じてくれる人がいるから立っていられる。



それは、ものすごく当たり前の事なんだけれど。






何て言うか、銀さんとは違うんだよな。




どっちがいいとか悪いとか言うんでなく、違うんだな。銀さんは。



他人にどう思われようが、立つのが銀さんなんだよな。




そして、そんな幻想が幻想だとわかっていたみんな。




夢から覚めたのは、誰だ?





夢から覚めたのか?










でも、虚の夢はまだ覚めない。




虚の夢を覚ますのは、やっぱり銀さんの役目なんだろうなぁ。
2017-08-20(Sun)

銀魂 第六百四十六訓 絶望よりも太い奴

武市ヘンタイを助けたショウカクくんの種明かしですか。

あぁー、そうか、取り敢えずはここだけか。

でも、諦めないでいよう。

万斉も、バトウくんも、誰かが助けてくれていると、諦めないでいよう。


死に損ねた武市ヘンタイ、自分の本来の役目、ね。


そして、死に損ねたのは高杉も。か。



あぁ。高杉は明らかに銀さんとは違うよなぁ。


周りの人間に祭り上げられて、周りの人間に立たされて。

銀さんは、自分の意思で立っているけれど、高杉は周りの人間に立たされているんだなぁ。


えんしょうくんと戦う高杉だけれど。


高杉にはえんしょうくんを救う事は出来ないだろうなぁ。


えんしょうくんを救うのは、誰だろう。


それはともかく、傷ついた高杉の背中を見る桂と辰馬。


どんな思いなのかなぁ。


桂も辰馬も、英雄としての高杉を必要とはしていない。仲間だ。


そして、三人がかりでようやく押さえ込めそうなえんしょうくん。



でも、まだだ。


銀魂は、敵さえも救う物語だ。



誰がえんしょうくんを救う?
2017-08-06(Sun)

銀魂 第六百四十五訓 ガラじゃない事をすると ガラじゃない事が起こる

吹き飛ばされた、また子。
危険なだけで、それほど傷は酷くないのかな。


あ、えんしょうくんに移った。

まだ諦めていないえんしょうくん。

あ。バルカスくん。

そうだなぁ。

えんしょうくんを止めるのは、バルカスくんの、役目かなぁ。


あ、でも今はまだ、時じゃないのか。


お。それでもまだえんしょうくんに、船員達を逃がす心は残っていたのか。

そして、諦めないのは桂や辰馬も同じ。


でも、憎しみじゃ、勝てないんだよなぁ。


あー、また子。


桂も辰馬も力を振り絞るけれど。



お。



憎しみ以外の力。



そうだねぇ。


憎しみだけじゃ、勝てないねぇ。


愛することを、忘れちゃいけない。




ん?



お。



武市ヘンタイだ。



そうか。助けが入ったのか。



よかった。三凶星も無事だったのか。


ショウカクが武市ヘンタイと高杉を助けたのか。


じゃあバトウが万斉を助けてくれているよね?いるよね?



誰かが助けてくれなくちゃ鬼兵隊は助からないと思っていたけど、三凶星が助けてくれた。良かった。




一人ではなくみんなで戦うことが、鬼兵隊のメンバーも他人の力を借りることが出来るようになっていたことが、嬉しいなぁ。
2017-07-30(Sun)

銀魂 第六百四十四訓 火で火は燃やせない

ヒノカグツチに突っ込む高杉か。


また子は何を見る?


そして、高杉がヒノカグツチを止めたことを知ったのは、桂に辰馬。


喜々くんはどんな役割があるんだろう。


人には全て、何かの役割がある。


喜々くんには何が?




それはともかく。


辰馬?


あぁ。辰馬まで。



辰馬まで闇に飲まれた?


しょうえんくんを護ったのが奥さんのペンダントだというのはベタだけれど、納得出来ることで。




陸奥ちゃん!


だ、大丈夫だ。陸奥ちゃんは夜兎だ。死なない!でも痛い。


飛び出す桂にエリー?



あーっ!エリー!


だ、大丈夫だ。エリーも何か仕掛けてるからっ!絶対!



そして、憎しみが憎しみを呼んで膨らみ上がっていく憎しみ。



止めなきゃ。



誰か止めなきゃ。




誰が止めるの?



銀さんはここにいない。



誰が止めるの?
2017-07-23(Sun)

銀魂 第六百四十三訓 血と涙

振り返らないまま走り続ける高杉か……

ショックだなぁ。

今までの銀さんの周りと違いすぎて。


銀さんは、すべてを護ろうとしていた。

でも、高杉は……何だろう。


手が届くなら、銀さんは鬼兵隊でさえ救おうとするだろう。

でも、宇宙は銀さんの剣は届かない?


届かないのかなぁ。


誰かが銀さんの剣となって、助けてくれないのかなぁ。


そして、ヒノカグツチに飛び込む高杉か。




万斉と武市が命をかけて掴んだ十五分。


えんしょうくんの元へたどり着いたのは辰馬。

桂はどこで戦っている?


そして、高杉。



そうなのかなぁ。


高杉は自分自身を剣として、ヒノカグツチに挑むのか。


決して死にに行くのではなく、生き尽くすのか?高杉は。


銀さんとは違いすぎて、ショックだなぁ。


続きを読む

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
195位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A