FC2ブログ
2016-07-31(Sun)

真田丸 29話 「異変」

信繁くんと春ちゃんの婚礼ですね。

ふぅん。


婚礼の前に家族に引き合わせていないのか。

この時代の政略結婚はこういう形なのかなぁ。


パパンは有力な武将との縁組みに上機嫌ですが。



あ、兄上。

母上の出自ですか。


……………………………


ふぅん。


そう来たか。


まぁ。薫様自身、出自には色々な説がありますからね。
でも、上流貴族の侍女ならそれなりに家柄はしっかりしているんじゃないかな。

そして、家族に引き合わされた春ちゃん。

母上は春ちゃんお気に入りのようです。

それなりに家柄もしっかりしていて、ひとまずは嫁と認めた梅ちゃんと雰囲気似ているしね。

あ、おこうさん言っちゃった。

稲ちゃん、ちゃんと挨拶しようよ。


春ちゃん、ちゃんと空気は読める子のようです。


でも、ソレ母上の出自は、触れちゃいけなかった~(;^_^;)


で、きりちゃん?

呼ばれたのに来ていないのは、信繁くんの結婚にふさぎ込んでいるのかと思ったら?


そうじゃなくて、秀次くんの死からまだ立ち直っていなかった、の方なのね。




で、梅ちゃんの事を春ちゃんに話す信繁くん。

この時代の武将は、妻を大勢娶っていても不思議じゃないんだからさ。
気にする事は無いんだけどさ。

まぁ、手を繋ぐだけ、ってのがNHKだからなのか、他にも意味はあるのか。



お。こっちでうなされているのは。

秀吉くんか。


ん?



信繁くんが呼ばれた?


あぁ。


夜尿か。


ボケが進んでいるなぁ。


で、後始末をする信繁くんと三成くん。

え?


片桐様?


信繁くん演技派だもんねぇ。(;^_^;)

片桐様、胃痛仲間出来たって喜んじゃってるよ~(;^_^;)


つか、三成くんヒドイ。(;^_^;)

燃やすんじゃダメなの~?


つか、秀吉くんの布団と片桐様の布団じゃモノが違うじゃない~(;^_^;)


で、信繁くんに秀吉くんの付けひげの事を話す三成くん。

信繁くんは秀吉くんの変わり様を心配していますが?三成くんは


昔からじゃ



確かにそうだった。(;^_^;)


三成くんは春ちゃんの事に話を逸らしますが?

春ちゃんを気に入ったという信繁くんに。



あれは苦労するぞ


あー、三成くん、春ちゃんが赤ん坊の頃から知っているクチですか。(;^_^;)

そりゃぁ大谷様のご息女ですものねぇ。(;^_^;)

頭良いでしょうしねぇ。(;^_^;)


逆に、そう言う意味では信繁と合っているんじゃ?まだ春ちゃんのキャラクター掴んでいないけど。



で、沈み込んだ秀吉くんが、三成くんに頼む、今後の事。お拾い様の事。

信繁くんに頼む

力になってやれ








あ、寧々様。

あぁ。

寧々様。


台所仕事が似合っているなぁ。


天下人の妻になっても、夫のために料理をする寧々様って、いいよなぁ。
寧々様らしい、って言うか。


で、相変わらず元気のないきりちゃん。

きりちゃんは、秀次くんの事恋愛対象としてではなくても、人間として大好きだったんだろうなぁ。

寧々様がきりちゃんに用事を頼むのは、気晴らしのため?


あ。信幸くん。

苦労していますねぇ。


お。バレたぞ。パパンの行き先。


って所できりちゃん。

ふぅん。

ここに用事。


あぁ。


人捜しね。大工さんか。

ふぅん。

この吉蔵もキリシタンか。


ふぅん。


きりちゃん、今度はキリシタンに近付いていきますねぇ。


ホント、この子は女信繁だな。

いろんな所に行って、いろんな事に顔を突っ込んで、いろんな事を経験して。


と言う事で、一度真田屋敷に挨拶に寄るきりちゃん。

ちゃんと薫様にもご挨拶。

春ちゃんがお嫁に来た事で上機嫌の薫様ですが。

あ、ここでバレたぞ。父上。


その頃父上は。吉野太夫の座敷ですね。

そんな、トップ太夫の座敷なんてお高いだろうに。いいんですかー。殿。←心配する所が違う



お天道様がなんぼのもんじゃい


おぉ。

名言出来ましたよ。


で、面白くないのは出浦様。

そりゃぁねぇ。そんな堕落した殿、見ていたくないよねぇ。


お。佐助。お前も飲むか。

つか、飲めないの無理に飲んでるの。(;^_^;)




お。今度はきりちゃんと春ちゃん遭遇~


つか、一目ではるちゃんに分かるって、どんだけきりちゃんの事話してるの。


何処に行っても鬱陶しいと言われるきりさんですね



あ、片鱗が見えた。f^_^;


つか、きりちゃんそれで気に入るって、アナタ充分変わってる。


私とお梅ちゃんの良い所を全て兼ね備えている


いや、きりちゃんアナタ、充分変わってます。f^_^;



それはともかく、きりちゃんて結構女の子の事好きだよね。
女の子は自分が護ってあげなくちゃ、って意識、強いよね。



お。今度は薫様母上の肩をもむ信幸くん。

あ、パパ上昌幸の事問い詰められた。(笑)


信幸くん災難~(;^_^;)


あ、逃げた。


お兄ちゃん大変だねぇ。

仕事は行き詰まるしねぇ。



ん?


えーっと。



おこうさん?


あぁ。


もう、いつもの事なのね。



ぶっ。

稲ちゃん。


あはははは、怒ってる怒ってる。


あー、噂になってるか。
まぁバレるよね。

それはそうと。



え?




なんでデレた?



え?



え?




え?




見えない。












さて。今度は秀吉くんに呼ばれた家康くん。


家康くんに会うための準備中の秀吉くんですが。


お。寧々様。


この前作っていた生煎餅、今頃?と思ったら。何回も試行錯誤していたのね。


え?



あーーーーーーー



秀吉くんひどーい。


ボケて味覚が変わったのは仕方がないとして、寧々様一生懸命作ったのにー。




で?


家康くんの前では?



ん?


言ってる事が違うぞ?


三成くん、驚いたぞ。


信繁くんも驚いたぞ。




大谷様に相談に行く信繁くん。


大谷様は徐々に悪化していますよねぇ。

御本人は


良くもならず悪くもならず


と、おっしゃってますけど悪くなってるよねぇ。


この時代、他国から持って来ちゃった病気だから、治療方法なんてなくて自分の治癒力で治すしかないんだろうねぇ。






あ、今度はきりちゃん。


伏見から大坂だから、随分と遠くまでお遣いに行かされたのね。


と言う事で、ガラシャ様登場ですね。


あぁ。


きりちゃんにとって、この秀次様から頂いたマリア様の絵の事を知る事で、少し気持ちが晴れたのかなぁ。


そして、帰ったきりちゃんと一緒に台所仕事に励む寧々様。

寧々様は、キリシタンを見せる事できりちゃんの気持ちが晴れるように、と思っていたのかなぁ。




お。今度は薫様。

お。パパ上。

バレてるぞ~

薫様には狸は通じないぞ~


ぶっ。出浦様。


出浦様こういう嘘つけないもんねぇ。



ぶっ。


逃げた。(笑)



忍術の無駄遣い。



あはははは、父上苦し紛れに伏見城の絵図面。


ぶっ。


ギャンギャン吠える薫様ですが。

いや、大名なんて側室いて当たり前なんですからそんなに吠える必要も無いでしょう。f^_^;
つか、史実昌幸パパンも大勢側室いたんだから気にする事無いでしょう。(;^_^;)



と。

こんな所で火が付いた。(笑)



いや、パパ上。ちゃんとお兄ちゃんに教えようよ。育てるんなら。(;^_^;)


ぶっ。出浦様戻ってきた。(笑)


とにかく父上やっとやる気になってくれました。

まぁ、お兄ちゃんこれくらいの大変さはいつもの事だよね。(;^_^;)



と?


今度は秀吉くん。


あれ?


この前と同じ事?



あ。



家康くん気が付いた。

あ~~~~~~。笑ってるぞ。タヌキが。


三成くん隠そうと必死ですが。


信繁くんも必死で隠そうとしていますが。


片桐様。ズレてる。




と言う事で、大谷様に相談の信繁くん。

あー、大谷様、病状がーーーーーー




で、寧々様は今度は秀吉のためにビスケット。

あーーーーーーー。


寧々様一生懸命作ったのにぃーーーーーーー。



辛いよねぇ。











そして、真田では。


やっとやる気になった昌幸パパン。

夢を見る出浦様。


でも、パパンはただ、難攻不落の城を造ってみたかっただけだと。



それでも、やる気になったパパ上が見れただけで良いという一同。


生き生きとしたパパンに喜ぶ信繁くん。

そん信繁くんに。


信幸くんは。


子が出来たと。


ほぉ。


史実では嫡男をおこうさんが、次男を稲ちゃんが産んでいますが、こう来ましたか。

実際こんなに近かったのかな。生まれは。あ、長男の生年に諸説有るのか。あ、姫の方が次男より先に生まれているのか。

まぁそれはいいけど、なんで稲ちゃんが突然デレたのかの理由ははっきりして欲しいなぁ。


それはともかく、この兄弟は相変わらず子犬のじゃれ合いのようですね~(笑)



はい、そう言うわけで、やる気になったパパ上。
お兄ちゃんも出浦様も一安心ですが。

お。


畳?


あぁー。


気が付いたぞ。


出浦様も。


信幸くんも。






そして、秀吉くん。
同じ事を三回目、家康くんに言おうとして三成くんに止められましたね。

しかも、その前に別の事を言っていたと。


あぁー。


来ちゃってるよねぇ。


ボケが。



本人も、そろそろ気が付いたよねぇ。



信繁くんだけ残らせる秀吉くん。


秀吉が弱音を吐く相手が、なんで信繁くんなのかなぁ。

信繁くんなら叱ったりしないって解っているからなのかなぁ。



まぁ、子供の名前間違えるのはよくやるけどね。親は。(;^_^;)





そして、秀吉くんのボケを寧々様に相談する三成くん。



あぁー。



寧々様が爆発した。



うん。



仕方がないよね。



辛いよね。



痴呆って言うのは、本人も辛いし家族も辛いよね。




そして、茶々様は。

拾い様と秀吉を遠ざけたいという茶々様。


拾いにとって思いでの中の父親は、威厳に満ちた天下人でなくてはならないのです



茶々にとって、何が一番大切か、って事だよねぇ。







そして、信繁くんに秀吉の様子を聞く信幸くん。

本当の事を話してくれない信繁くんに気付いている信幸くん。



お前はいささか豊臣家に深入りしすぎたようだ



そうなんだよね。


信繁くんにとって、真田家が一番じゃ無くなってきているんだよね。


信伊叔父上が、何処に行っても真田のために働いているのとは、確かに違ってきている。


それなのに、信繁くんの心が何故豊臣に傾いていくのかが見えない。

ただ、三成くんに躾けられて、流されているように見える。


信繁くんが何故豊臣に付いたのか、まだ解らないんだなぁ。





そして、それでも本当の事を言わない信繁くん。


全ては真田のためだ



これが、家を支えるように育てられて生きてきた、お兄ちゃんの芯。



信繁の芯は、何処にある?










これで今回は終わるかと思ったら、まだ何かありましたね。

キリシタンが気になるきりちゃんですが。

外に、雪?

今何月?


あ、灰か。



火山が爆発したの?それにしては噴火の描写がなかったね。



と、思ったら、何故灰が降ったのかも解らない、天変地異と。

で、天変地異はその後に。


慶長伏見地震



それぞれが自分の大切な者を護ろうとする中。

昌幸パパンが向かったのは、倒壊した伏見城。


あぁーーーーーーー。





これで続く、か。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1622位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
318位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A