2017-02-26(Sun)

銀魂. 323話 「道」

はい、OPで走る攘夷組に高杉参加です~

と言う事で、高杉がお目覚めですよ~


はい、馬鹿やっている間待ってくれている奈落。優しいですね。(;^_^;)


桂のモノローグと辰馬のモノローグのバックに進んでいく戦いがいい動きだなぁ。



石田さんも三木さんも子安さんも杉田くんも良い演技だ。


あ、展開早い。星海坊主。

あぁー、やっぱり速水さんも芳忠さんもいい声だ。

お。神威の動き、いい動き。


迷いながら戦う星海坊主速水さんの声がさぁ。

お父さんでさぁ。

神威が本当に子供でさぁ。


神楽ちゃんが本当に強くてさぁ。



涙。


そして、襲いかかる虚の前に飛び込む星海坊主にさぁ。



涙。



ほんっと、銀魂は声優陣が豪華だよなぁ。


はい、本誌掲載時感想。


銀魂 第五百七十四訓 道
銀魂 第五百七十五訓 旧き友と今の友
銀魂 第五百七十六訓 二匹の雄
銀魂 第五百七十七訓 泣き虫



次回はお待ちかねのマミーですよ。o(^-^)oワクワク
スポンサーサイト
2017-02-25(Sat)

銀魂 第六百二十四訓 指は足にもある

勝男、頑張りました。


気ぃつけや この街はちぃと治安が悪いからの


道端で居眠りしとったら スグに身ぐるみはがされてしまうで


すごいよなぁ。

次郎長がいると、戦いが凄みを増すよなぁ。


てか、銀さんがものすごく凶悪な顔になるよなぁ。(;^_^;)


オイオイ。少年ジャンプの主人公だろう。(笑)




燃えるわ。




で、シリアスに戦ってるだけじゃ終われないのが空知んで。


あはははは、勝男。ご愁傷様。


ぶっ。


回想必要~?


っと思ったら拒否られた。(爆笑)


ぶっ。


勝男。さんざんだね。


でも、それが。


辰五郎の夢見ていた未来だったんだなぁ。



こんな、絶体絶命の状況でも相変わらず馬鹿やっている、それを眺めていられるのがお登世さんの幸せだったんだなぁ。
2017-02-19(Sun)

銀魂. 322話「十年」

ん?声?


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




はいはい、白夜叉ぱくやさの声ですか。(;^_^;)


ぶっ。


はいはいはい。


オープニングにいましたね。白夜叉ぱくやさ。(笑)


相変わらずのお遊びに安心します。


と言う事で、始まりましたよ~。白夜叉ぱくやさ(笑)

あはははは、内容の感想については本誌掲載時(いつもの事)で。

あはははは、馬董の引きつり方がサイコーです。
取り敢えず、白夜叉ぱくやさの住所と電話番号がちゃんと見える辺りが笑える。


銀さんと馬董の戦いは良いペースだなぁ。



戦いはこのくらいが良かったけどその後の会話の間にもう少し間が欲しかったなぁ。
つか、ここにAパートとBパートの間持ってきたかったなぁ。



と、おー。

もう場面変わっちゃいましたよ。

あぁー、星海坊主かっけぇ。阿伏兎かっけぇ。



また子と落ちる高杉、いい動きだ。


おぉー!

虚に朧!


あぁ豪華。


万斉のモノローグの間に動いていく物語は良い流れだなぁ。



お。高杉が来た。


あぁ、この辺りは良いペースだ。


ん?



あ。



これ。





おぉ。



なかなかいいな。



エンディング曲使ってる。


これはイイぞ。




ん?


あ、白夜叉降誕だ。



これは多分……………………………



あ、やっぱりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



やっぱりやった。



つか、しつけぇ。(笑)



ガス抜きでした~(笑)






と言う事で、本誌掲載時の感想ね。

銀魂 第五百七十訓 肚の深淵
銀魂 第五百七十一訓 まんじゅうと朝飯
銀魂 第五百七十二訓 死に場所
銀魂 第五百七十三訓 十年



戦闘シーンが続く所は4話使っても「ちょっと早いなぁ」程度で済むんだよな。
2017-02-19(Sun)

銀魂 第六百二十三訓 昔の武勇伝は自分で話すと嫌われるので他人に話させろ

はい、本番始まりましたよ。

あ、眺めているお登世さんに行きましたね。


と、思ったらお登世さんの回想か。



おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。


お登世さんと次郎長と、辰五郎じゃないですか!


いいよなぁ。


一昔前の典型的な幼なじみ三人組じゃないですか。

あぁ、ベタだよなぁ。


そんなベタさがいいんだよなぁ。


てもさ、そんなベタな中でも一つ抜き出ているのは、結局誰を選ぶのかはお登世さんが決めるって事なんだよな。

形では、次郎長が身を引いた事になっているけれど、既にお登世さんは辰五郎を選んでいたのを知っていたんだよなぁ。次郎長。


辰五郎がいなくなっても。


お登世さんにとって、次郎長は悪友という名の親友だったんだろうなぁ。


そして、三人の護り続けてきたかぶき町に育っていった仲間達の絆。


辰羅が集団戦術ならかぶき町の仲間だって負けていない。

今までぶつかり合ってきた分手の内は読めていて、一緒に戦う時は連携が取れるんだなぁ。


と言う事で、勝男も役に立ってます。



あぁー、やっぱり回想は萌えるねぇ。どの作品でも。

次郎長と辰五郎はお登世さんを挟んで三角関係だったけれど、お登世さんと温泉の女将も辰五郎を挟んで三角関係だったよねぇ。

そんな、過去を乗り越えて現在があるんだよねぇ。


こういう深い話は楽しいなぁ。
2017-02-12(Sun)

銀魂 第六百二十二訓 年寄りのくれるお菓子は独特

おぉー。


かっけぇ。


かぶき町のみんなを助けて次郎長とぴら子が帰ってくるまでに4ページも使ってじっくりと描かれていて感動。


ホント、空知んはこういう緩急が上手いよね。

小さなコマ割りで台詞ぎゅうぎゅう詰めにする所と、大きな絵と少ない台詞で見せる所。

普段、ぎゅうぎゅう詰めのコマ割りだからこそ引き立つ大ゴマ。


お登世さんを取り囲む過去と現在もまた。



そして、次郎長。

おぉ。


そうだねぇ。

強いものねぇ。銀魂の女達は。


それでも、だからこそ男が男であるために。



死ぬまで男を吼え続けるのさァ



かっけぇよぉ!
次郎長!


銀さんも合流!



で、かっけぇままでいられないのが空知んで。


あはははは、次郎長メデタク親バカの仲間入りですね~


あぁ、ホッとするねぇ。馬鹿な親で。


親父は娘に甘いからねぇ。


蹴りたくなるからねぇ。←ウチの旦那も。


でも。






よく


もちこたえた


よく


戦った


よく


護った


よく




生きててくれた




あぁ、年寄りは、先に逝った者達を背負って生きているんだよなぁ。


空知んは本当に、今までのキャラクター一人一人に見せ場を作ってくれるよなぁ。
2017-02-12(Sun)

銀魂. 321話「うつけもの二人」

あはははは。
前提供。

最近通勤の送迎バスで、見たくないワイドショー見ないための自己防衛で昔のドラマCDとか聞いてると、「出番がない出番がない」って言われてたよねぇ。辰馬。


まぁ、ともかく。


おぉ。


喜々くんの回想イイカンジに入っているな。



わははははははは、内容についての感想は本誌掲載時の物を見ていただくとして。


あぁー、喜々くんの


気に食わぬ


から先は、ちょっと急ぎすぎだなぁ。

もう少し、じっくりやって欲しいなぁ。


喜々くんの戦いの所はいいよなぁ。

足りない時間の中で、大事な所をちゃんと押さえているんだよなぁ。


と言う事で、Bパートですでに銀さんにはいっちゃいましたよー。

だから、早すぎるって。

うん、現場は頑張って作っているのは解るんだけど、時間が足りないよなぁ。絶対的に。

このシリーズは半年くらいかけるボリュームがあるのに。



あ、馬董の声、なんか違うかなー?と思っていたけど、ギャグに入ったらしっくり来た。

今回の作画の方は、大事な所はちゃんと押さえて予算配分も頑張ってますね。
そう言う配分上手いよね。銀魂は。
いいんだよ。最初から最後まで200%の作画じゃなくて。
一番大事な所を200%出してくれれば。


えーっと、だから、内容についての感想は本誌掲載時の分として。

銀魂 第五百六十六訓 うつけもの二人
銀魂 第五百六十七訓 頂
銀魂 第五百六十八訓 空の船
銀魂 第五百六十九訓 剣士の瞬間



あぁー、4話も使ってるぅー。

だから、銀魂はアニメ1話に原作1話半、バトルが入ったら2話くらいが丁度良いのに。
急ぎすぎだよぉー。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
377位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A