2015-09-30(Wed)

銀魂 第五百五十九訓 匂い

おや?



あらぁ~。これはこれは。喜々くん。


あら。せっかくのお膳ひっくり返しているようですが。



何?拾ってきてもらったの?



あらあら。捨てて来られて当然なのに、拾ってもらえたんだ。
意外に優しい。みんな。


うん。そうだよ。


辰馬だけじゃなくて、銀さんも、桂も、喜々くんに利用価値なんてもう無いと思っているよ?

でも、宇宙で捨てておいたら死んじゃうだけだからってわざわざ連れてきてもらったっての。
理解してないでしょう。喜々くん。


でもさ、ここで、喜々くんを捨てずに拾ってきたって事は、空知んが喜々くんにチャンスをあげたんじゃないかなぁ。

ちゃんと、考えられるように。


自分のしてきた事を。


自分の罪を償うためにしなくちゃいけない事を。



まぁそれは、空知んに任せるとして。



そろそろ到着するそうです。



烙陽



神楽ちゃんの前にはマミーのお墓。



思い出すのは、この星を出た時の事。



どんな思いなのかな。



今は。






そして、もう一つ星海坊主からの花束。



来ている。ハゲ星海坊主も。



その星海坊主。


阿伏兎?



星海坊主とは殺り合う気がない阿伏兎。


恨みを晴らしたい手下達にも



やめとけ



阿伏兎のこういう所、好きだな。

自称戦う事しか頭にないはずの夜兎なのに、ちゃんと計算が出来る。


ははははは。そうかい。阿伏兎。

星海坊主に愚痴る気かい。息子神威の事を。


それはそれで聞いてみたい。




と言う事で、今度は銀さん一行です。


うん、新八。

春雨じゃなくたって春雨とたいして違わないね。(;^_^;)


あはははは、そんな中に何故ゴリラ。

はい、シリアス続きの中に一服のギャグが空気を和ませます~。


お、万斉。ギャグパートでの自分の立ち位置を見つけた?


はい、ギャグはほんの口休めでシリアスに戻りま~す。

と言う事で、集合場所の廃寺院。



………………………………




爆発しているんですけど!



はい、万斉くんギャグパートでの立ち位置掴んで来ましたね~



まぁとにかく。


万斉を見つけたのは?


鬼兵隊の生き残り?


と、思いきや。



春雨




あー、これは、春雨の下っ端かなぁ?


それとも天導衆も来てるのかなぁ。


何となく、いそうな気がするけど。



さぁ、来週は戦闘が始まるのかな。



ダレとダレがどう戦うのかな。


神威はいつ現れるのかな。


高杉はどう復活するのかな。



期待。
スポンサーサイト
2015-09-28(Mon)

BLEACH 644. BABY,HOLD YOUR HAND 七 [Never Ending My Dream]

私の夢は終わらない………………か。

なんか、BLEACHのサブタイが初めて心で理解出来たような気がする。



とにかく、自滅した左腕に背を向け戻る、マユリ様。


終わった事を確認して出てきた一角と弓親。


ま、戦いの最中に手出しして来なかったのは、剣ちゃんの躾が行き届いているせいだと思いますが。


神妙な一角と弓親。

マユリ様に言われるままケースを開けると?



おぉ!!






シロちゃんと乱菊さん復活!!





うん、マユリ様は助けてくれるって信じていたけどね。


それは決して善行なんて思いは全くなく、ただの一つの研究として、助けてくれると信じていたけどね。


マユリ様に礼を言い、戦いに向かうシロちゃんと一角達。


そんな事よりも、マユリ様の思いは研究の成果ネムのもとへ。



自分自身の手で作り上げたネムの出来映えに満足し。


あぁ。



そうだね。



マユリ様はいつだって喜助さんへの劣等感を抱えていた。


マユリ様はいつだって、喜助さんを超えたかった。




………………うん、多分、本当は、喜助さんも人造魂魄を作り上げていると思う。
多分、うるるとじんたは喜助さんの作品なんじゃないかと思っている。私は。


でも、きっと、今回のネムの事を知った喜助さんはマユリ様にそんな事教えないと思う。

難しいよね。喜助さん。

悔しがってあげる演技がわざと出来るほど、喜助さんそういう演技が上手くないものね。



そして、マユリ様は夢の中へ。








さて。


その事に気が付いた喜助さん。と、春水。

副隊長が次々と撃ち落とされていく。


そんな中春水が取ったのは。




誘い



驚く平子に?



見つけた



と、思った春水。



撃たれた?


敵は仕留めたと思ったけれど?





だぁるまさんこぉろんだっ




あ、春水の本領発揮?


春水の戦い方は、伝承遊びだものね。



ここで春水の見せ場が始まるとなると、敵さんも簡単には倒れないんだろうな。



春水の見せ場も実は結構楽しみにしていたのでマユリ様に引き続き春水と来るのはとても嬉しいです。
2015-09-26(Sat)

銀魂゜ 290話「バッグは常に5千万入るようにあけておけ」

お。アバンだ。


あはははは、古くなっちゃったね。バッグのネタ。

オイ。知事って言ってるぞ。(;^_^;)
原作でも言ってるか?


ごそごそ。


アニオリ補正じゃねーか!



(笑)



と言う事で、始まりました。

坂陸奥編。


o(^-^)o



あ、今回は陸奥からお願いなのね。


あはははは、飲み屋のメニューに目が行ってしまうのはもう既に刷り込み。(^^ゞ



おっ!過去偏!!


やった!!


あ、桂浜の龍、ここで既に出てたんだ。忘れてた。


おー。いいわ。

白夜叉銀さんのガキっぽさ。



あー、男の子だ。


あー、ホント、みんな、男の子だなぁ。


と言う事で、始まりました。


陸奥っちゃんの過去バナ。


カワイイわ~。陸奥ちゃんカワイイわ~。



お。千鳥の団長ダレだ?


ごそごそ。



あ、NARUTOのシノか。声の出し方随分違うな。


お。快援隊のテーマ、いいわ。

わははは、コロコロ変わるBGMがいい。


あー、いいわ。

陸奥ちゃんいいわ。


あはははは、カナヅチの銀さんいいわ。


わはははは、陸奥ちゃんゲロインの仲間入り~



おぉっ!



慌てる陸奥ちゃん




カワイイ!



おぉ~。


1ページだけ次の訓から持って来たか。
良い所で切ったな。続き。



いやー、ホント、陸奥ちゃんカワイイ!!



もう陸奥ちゃんが可愛くて可愛くて見入っちゃったよ~。



来週も楽しみだるんるん




取り敢えず、本紙掲載時感想。


銀魂 第四百七十七訓 バッグは常に5千万入るようにあけておけ
銀魂 第四百七十八訓 バッグにはきたろう袋もいれておけ
2015-09-21(Mon)

銀魂 第五百五十八訓 故郷







5ページって、どこから数えて5ページ?




と言う事で、ギャグに走らず真面目に戦って、あっという間に攻略してしまいましたね。


うん。


家臣達も可哀想だなぁ。

将ちゃんがトップに立っていた時はこんな酷い扱いされなかっただろうに。

上司って大切だよなぁ。


と言う事で、将軍を盾にしているように見えなくもないけどふざけているようにも見える、相変わらずの3バカですが。

まぁ、らしいっちゃらしいよね。

うん、まぁ、眉毛はともかく、あの刈り上げは漫画で見ていた時はそれほど気にならなかったんですけどアニメで見たらすっごいダサさが際だってましたよね。(;^_^;)
コボちゃんかい。(;^_^;)

そう言うわけで、メンツ丸潰れの喜々くん。

八つ当たりしてますよ~。


ホント、家臣も可哀想だよなぁ。

こんな将軍、見限るよなぁ。


一国傾城編の時に、将ちゃんの言葉を聞いた下っ端の家臣もこの中にいるのかなぁ。


そち達はいずれも国を護る 大切な兵ぞ


その命 みだりに散らす事は許さぬ


将ちゃんの言葉を聞いて、喜々くんの言葉も聞いたら空しくなるよなぁ。




ヒステリーを起こしている喜々くんを止めたのは、万斉の拳。



幕府打倒………………か。


散り散りに逃げる家臣達。


どうなのかなぁ。



それでもまだ、喜々くんを利用しようとする者達はいるのかなぁ。


何となく、取り敢えずは喜々くん地球に戻るしか手はないと思うんだけど。
天導衆に拾ってもらう?
まぁ、この程度で出番が終わる事はないだろうなぁ。
いくら小物でもこれで終わっちゃったら不完全燃焼だ。


ひとまずカタが付いた事で、心を決めた万斉。


確かに心を動かされたのもあるだろうけれど。


なんとなく、万斉って、好奇心が人一倍強いのかもしれないなぁ。

紅桜の時も、眺めながら一度戦ってみたいって言っていたよね。





と言う事で、最悪の場合の集合場所。


高杉を連れ出したのは阿伏兎だったようです。


神威は?


神威はまだ行方不明?


ここは?




烙陽



何となく、三国志っぽい地名だよね。


あぁ。



やっぱり神楽の故郷か。



そこに現れたのは、神威ではなく星海坊主。





何を考えているのか。




星海坊主。








昔の、神威を殺しそうになった星海坊主そのままではもうないはず。



けれど、神威を助けようとするほど単純でもないはず。




何がどう複雑なのか。





想像も付かない。
2015-09-20(Sun)

銀魂゜289話「おれが万事屋で あいつが真選組で」

はいアバン。


杉田さん、お疲れ様~(;^_^;)


いや、難しいよ。入れ物と中味とごちゃごちゃになるよ。(;^_^;)


と言う事で、楽しそうですねぇ。花に光に飛ばして。



まぁ、笑えますけど。

にしても、二人してお妙さん押しつけあって。
ホント失礼な奴等やなぁー。







ぶっ。


神楽中味桂総悟中味エリザベス中味総悟エリザベス中味神楽がサイコーです。




つか、石田さんすげぇ!!




くぎゅ上手い!




あはははは、ホント、総悟「総くん」気に入ってるな。




わはははは、長谷川さん&山崎う○こモザイク意味ねぇ!!



ぶっ。



最後にどざえもんさんの遺影。(笑)



いや、今回はひたすら石田さんの演技がサコーでした。



と言う事で、本紙掲載時感想ね。


銀魂 第四百七十四訓 ぼくがメガネであいつがグラサンでの、途中から
銀魂 第四百七十五訓 おれがリーダーで おまえもリーダーで
銀魂 第四百七十六訓 おれが万事屋であいつが真選組で



はい、来週は坂陸奥ですよ!
カワイイ陸奥っちゃんですよ!


カワイイなぁ。


あのカワイイ陸奥ちゃんに声が付くって想像したらたまりませんね♪


楽しみだなぁ。
2015-09-19(Sat)

BLEACH 643. BABY,HOLD YOUR HAND 6 [Waiting for Love]

左腕を打ち抜いたネム。



やった




と思って落ちるネムが見るのはマユリ様。



けれど。




左腕は。











ネムの最期。





マユリ様の驚愕。






あぁ。




名前忘れちゃった。



コイツか。



名前思い出すのに5時間かかったよ。


ザエルアポロね。







狂気には、狂気を。





マユリ様が絶望から立ち上がるためには狂気によって。




多分マユリ様は、ネムを娘として愛していたなんて事は絶対に認めないだろうな。


そんな人間的な感情を認めてしまったら、マユリ様がマユリ様でいられなくなってしまう。


そして、これからも自分をだまし続けて生きていくんだろうな。




狂気の科学者として。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
360位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A