2015-01-28(Wed)

銀魂 第五百二十六訓 鬼が哭いた日

江戸の街。

慌てて走っていく土方さん。


行く先は?







え゛?











え?早くない?もう?







偽物でしょう?




サブちゃんが一枚かんでるんでしょう?






叫ぶ土方に。





あれ?回想?





回想現実じゃなくて、夢、って可能性もあるのか)







あれ?


トシの服が?



あれ?




ハジ?




あれ?



小銭形?





…………あ、左遷なのか。




で。



小銭形が銀さんに?




つか、世間話しに来たのか?小銭形。



うん、まぁ、サブちゃんが暗躍のための土台を着々と築いているのは当然なんだけど、心配なのは粛正されたんじゃないかっていう将ちゃんやとっつぁんの仲間達だなぁ。
どうにか上手く逃げ延びていてほしいなぁ。

サブちゃんがどこかに隠していてくれないかなぁ。

サブちゃんが、どこまでやってくれるか、なんだよな。

利用出来ると思えば助けもするけれど、利用出来なければ相手にしないよね?サブちゃん。

そして、一つの希望は朝右衛門夜右衛門がいる。

朝右衛門は、自分の目で見て自分の頭で考えて、正しい道を選ぶ事が出来る。


だから、朝右衛門が隠してサブちゃんが見て見ぬふりをする、ってのが、ありそうな所かなぁ。



それはそうと、世間話の続きか。



…………小銭形は、吐き出したかったのか?

だから銀さんの所に来た?


その銀さんは。



思い出している。




連れて行かれる近藤さん。



のぶたすは。



口で言っているほど斬る事を望んでいるわけではない?


強い者と戦いたいという思いはありそうだけれど、弱い者を斬り捨てる事を楽しむわけではない?


何となく。



なんか、もうちょっとのぶたすの情報が欲しいな。


思いが読める程度の。


まだ、今の段階の情報ではのぶたすの思いまで読み解けない。





何も


知らない、と言うのぶたすは、それでも松陽先生を知っている。


桂と高杉を助けるために、銀さんが松陽先生を死なせた事も、多分知ってる。



でも、何も知らない。と、言えるだけ、己の小ささを知っている。



そして、銀さんがしなければいけない事。





何となく、見えた。


これは、近藤さんの覚悟だけじゃない。


サブちゃんの意志でもあるんだ。



のぶたすを通したサブちゃんの意志。



真選組全員を叩き潰さなくて良いように。












帰ってきた真選組。


トシと総悟は気付いたのか?




暴れ出す真選組に、銀さんが伝える伝言。






散り散りになった真選組が思い出しているのは、あの日の夜。


トシの最後の言葉。




真選組にとって一番大切なもん




そいつを信じて戦え




お前達は真選組だ









バラバラになった真選組だけれど。



橋の上で物思いにふける山崎。

一人、竹刀を振る斉藤さん。

雑巾をかけているテツは佐々木家に帰った?

行く先のない沖田はベンチで途方にくれ。




何となく、テツが佐々木家に帰ったのなら、テツが一番早くに動き出しているような気がする。
佐々木家で、内情を探ろうとしている?



他のみんなは、まだ一回考えている?



何が大事なのか。



自分は何をしたらいいのか。





それでも。




それでもやっぱり近藤さんを助けたいと。


真選組のみんなといっしょにいたいと。



そう思うのはみんな一緒なんじゃないかな。




やっぱり近藤さんを死なせる事は出来ないと、一人で助けに行こうとする土方さんの前に、結局みんな、集まって来ちゃうんじゃないかな。




だから、今はその直前の、決心をつける、前。




あとは、一歩踏み出すだけ。





踏み出そう。その一歩を。
スポンサーサイト
2015-01-27(Tue)

BLEACH 612.DIRTY

先週倒れていた久保神ですが、今週は復活?と、思いきや、まだ調子が悪いようです。






早く良くなってくださいぃぃぃぃぃぃ。





それはともかく、本編は霊王の元まで辿り着いた陛下です。



………………………………





屈辱




それは、ユーハバッハの事と見せかけて、実は霊王の事だったりする?





我が父





…………か。




霊王は、自分を消し去るために、ユーハバッハを産み落とした?のかも。ね。




それは、まだ、話が進まないと解らない事だけれど。







と言う事で、尸魂界に戻ります。


恋次とルキアが到着した所にいたのは平子。

まぁ、取り敢えずは生きてるな。

で、大前田。


まぁ、相変わらずだ。


恋次。解説ご苦労。


そいふぉんもいました。


あー、恋次。
要するに、そいふぉんは恋次には冷たかったけど、ルキアには優しかったんだな。

で、中では喜助さんが待っていました。



ふぅーん。


そいふぉんは夜一さんの縁者には優しいんだ。



ふぅーん。




じゃぁ、知っているのかなぁ。



ルキアと夜一さんの事。



私は母子だと思ってますけどね。







全員集まっていない隊長達。


そうだね。




狛わんは合流出来ない。


ローズと拳西は、マユリ様がどうにかしようとしているの?


怪我人達を治療しているのは勇音?


そして、行方不明のシロちゃんと乱菊さん。


…………これって、どういう事かなぁ。

二人とも、マユリ様のクスリでマユリ様の操り人形状態だから、所在は知れているはずなんだけど。
単純に、兄様がマユリ様から知らされていなかっただけ?
それとも、何かある?


それはともかく、用件です。




霊王宮に



突入します





まぁ、それは予想内でしたけど、ひとつ、ひっかかる。




隊長格を集結させた



そう。
隊長格の力を集結させて、では、ない。


こういう、言葉の微妙な使い方の時は、何かがある。





一方霊王宮。


一護達を送り出した和尚。




すまんのぅ



おんしらでは


ユーハバッハには勝てん





それが、何を意味するのか。


足止めになればラッキーくらいなのか。


それとも、捨て駒にする気なのか。




あまり、そう言う事考えて欲しくないんだけど。





喜助さんは、一護達を死なせないために夜一さんを付けた。

それくらいの事が解る程度には、喜助さんの性格を掴んでいる。
でも、和尚の性格は掴んでいないから、考えがちゃんと読めない。



もうちょっと、見てみないとなぁ。
2015-01-19(Mon)

銀魂 第五百二十五訓 3杯の盃

まずは。



表紙&巻頭カラーですね!!




周年記念とアニメ再開記念を一緒にやってしまうようですが、空知んもギリギリで原稿上げてるんだから仕方がない。
カラーの回数が減っても読者は我慢しますよ。空知んの健康が第一です。


と言う事で、表紙の銀さんは銀魂らしくダラッとした銀さんで。



あ~。銀さんだぁ~




ホッとしますね。



あ、そう言えば、表紙でフキダシってのは珍しいよね。




で、巻頭カラーの見開きですが。




かっけぇ!!





まるでジャンプヒーローのようじゃないですか。銀さん。←




銀さんを挟んで真選組vs見廻組&朧ですが。

さーて。サブちゃんはいつ化けの皮をはがすかなぁ。


サブちゃんはどこかのタイミングでこちら側に寝返ると踏んでいますが、朧も最後の最後にこちら側に転がってくる可能性はまだ残ってると思うんですよね。

この先が楽しみだ。











と言う所で本編感想に入ります。







江戸の街?



この御輿は?










あ、葬儀か。




あー、本格的に葬儀になったんだ。





うなだれるじいやに、涙も出ないそよちゃん。



その姿を見送る新八と神楽。




新聞には将ちゃん暗殺の記事。






一人、街をゆく銀さんは?











そして、空の上では天導衆。




将ちゃんを切り捨てて全て思い通りの天導衆。





………………………………天導衆って何だろうな。



この宇宙の正規の支配者達とは思えないな。




宇宙のマフィア的な存在なのかな。




この宇宙には春雨のような海賊がいるのに、銀河パトロール的な治安を護る組織は無いのかな。




それから、天子様。



何故、天導衆は天子様に手を出さない?


まぁ、天子様に関しては触れなくてもいいけどね。めんどくさい事になると言うか、そっち方面にまで風呂敷広げなくてもいいじゃんとも思うし。


そして、河原では服部と乱破ちゃん。


将ちゃんを護れなかった事で、進むべき道が見えなくなっている服部に。


さっちゃんは何を思うのか。







そして、銀さんが訪れたのは真選組屯所。


もぬけの空の屯所で、一人竹刀をふるうのは近藤さん。



迷いが見える




………………………………か。







迷い………………………………







銀さんを酒に誘う近藤さん。



真選組局長として、白夜叉を。





近藤さんは、ちゃんと正しい道が見える人なんだな。

だから、トシも、総悟も真選組のみんなも付いてくる。

だから、きっと桂ともわかり合っている。お互い口に出さなくても。


本当に、懐の大きな人だなぁ。






そして、殿中では。


喜々公の前の松平のとっつぁん。



かしこまる気など毛頭無く、自分の主君は茂々公ただ一人と。



そうか。


大体の事はとっつぁんも推理しているのね。


動き出そうとするとっつぁんの前に現れたのは



異三郎サブちゃん




まだ喜々公の元にサブちゃんがいるのが驚きだったようですが。とっつぁん。


サブちゃん、そんなヘマはしません。


喜々公によって、警察庁長官に任命されたそうですが。


その程度で満足するようなサブちゃんじゃないでしょう?


喜々公も、天導衆も知らないけれど、読者は知っているよ?

サブちゃんの心がそんな所にないと。



これからのこの国を救う鍵はサブちゃんの指先一つ。

多分、松平のとっつぁんも、真選組もサブちゃんの指先一つで踊らせるんだろうなぁ。




そして、屯所で飲んでいる銀さんと近藤さん。


戦の辛さ、不毛さ。



何故戦うのか。





何と、戦うのか。
















そして、三人で交わす盃。






確認、だったんだ。




思いは同じだと。




後を任せて行ってしまう近藤さん。



これは?




ベタの塗りもれ………………………………じゃないよ。見廻組だよ。




あぁ……………


家茂公死亡から近藤勇斬首と、歴史をなぞりだした?




でも、そのまま歴史を繰り返したりはしないと。


松平のとっつぁんも、近藤さんもおとなしく殺されたまま終わらないと。

そう信じているから。



取り敢えず朝叫んでおいたけど。



どうにかして助け出す。



絶対に。





そして、将ちゃんも生きていると信じる。


ひっかかっているのは将ちゃんがとっつぁんに最後に頼んだ事。


そこに、何かありそう。




もうしばらく、静観。
2015-01-19(Mon)

ネタバレ~ネタバレ~ネタバレ~

今日は朝から感想書く程度の時間的余裕はあるんだけど、洗濯物がたまっているからちゃんとした感想は仕事から帰ってからにすることにして。取り敢えず概要だけ。



続きを読む

2015-01-16(Fri)

そろそろ次のジャンプが近付いてきたので(銀魂)

そろそろ考えている事でも書いておこう。


先週衝撃のラストから、何度か読み返してみまして。


読み深めている内にね?何となく、将ちゃんはやっぱり生きているんじゃないかという方向に傾きつつあります。
何となく。雰囲気的に。
まだ頭の中でもやもやして、固まっていないけれど何となく。


なんて言葉で片付けてしまうと簡単すぎるけど、今まで生きてきた中で、いろんな物語を読んできて培ってきた経験から物語は次はこう動くだろうな、という予感みたいな物?は、あるわけで。

将ちゃんとの別れから、そよちゃんの手紙にかけて。
あれは、待っていなさいという空知んからのメッセージなんじゃないかな、と。

そして、やっぱり一番引っかかっているのは桂の存在。


今までさんざん


スタンバってました


でギャグを取っていたのは、今回裏で暗躍するための布石だったのでは?
というか、今までスタンバっていたのを逆に利用して、スタンバってるふりして暗躍させているのでは?と。





で、ここで死んだ事にしたのならば、しばらくは潜伏しているだろうな、と思っていたのですが、可能性の一つとして割とすぐに別キャラのフリして、でもバレバレで登場する、ってのもアリかな、と。銀魂の場合。
読者がこれだけ打ちひしがれている状態で、ギャグパートはキツイ。てのも、あります。


てか、この状態でどうギャグパート持ってくるんだ。空知ん。

空知んのお手並み拝見。


で、取り敢えず公的には死んだ事になっている将ちゃん。

一番風当たりが強くなりそうなのが真選組ですね。

次号予告でも災難が降りかかるような事書かれてましたけど。
………まぁ、銀魂の場合災難って言ってもギャグ的な災難な事もありますが、実際マジに風当たりは強くなりますよね。これから。

で?江戸にはもう一つ、見廻組と言う物があるわけで。
見廻組はどうするのか?と、考えた時に、サブちゃんはあくまで高杉派であって、喜々派ではないわけで。
でも、今回の騒動に見廻組は一切関与していない(表向きには。裏で何かやってるかも知れないけど)事を利用して、取り敢えずは今まで通り喜々公に付いているフリをして、機をうかがうんじゃないかな、と。サブちゃん賢いから。
で、サブちゃんは真選組をどうするかなぁ、と考えた時に、わざわざ取りつぶす方向に動かないだろうな。と。
どちらかというと、弾よけに利用するんじゃないかな、と。
自分たちが暗躍するために、囮に使うんじゃないかな。サブちゃんなら。




それと、もう一つ心配なのが吉原。

今まで春雨の神威が吉原の楼主だっていう建前だったのが、神威が春雨から切り捨てられたらどうなるのか。
別の誰かが派遣されてくるのか?
そうなると、今までのように好き勝手出来なくなる。
ヘタをすると、戦う事になるかも知れない。
その時神威はどうする?


神威は神威で、春雨から離脱したらどうするのか?

取り敢えず、春雨相手にドンパチやるにしても資金はいる。

スポンサー探しは阿伏兎の仕事か?お疲れ様。

吉原に対し、春雨の相手は自分たちがするから資金出してくれ、ってのが順当かなぁ。
それは阿伏兎と日輪さんの交渉次第。神威は役に立たないね。f^_^;

で、神威の今後を心配すると、夜兎を率いて傭兵部隊、ってのが一番良いかなぁ?
春雨と天導衆をぶっつぶせばいい宣伝になるし。
その辺は、阿伏兎に誘導してもらおう。

「あっちに強いヤツいるぞー」

と乗せればホイホイついて行くでしょう。神威なら。
阿伏兎頑張れ。


そう言うわけで、次のジャンプまであと3日ですが。
さぁ、空知んはどう動くのか。

さすがに突然何の繋がりもないギャグが始まったら読者がついて行かれないしね?


期待。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
195位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A