2014-12-26(Fri)

銀魂 56巻

銀魂―ぎんたま― 56 (ジャンプコミックス)
銀魂―ぎんたま― 56 (ジャンプコミックス)
(2014/10/03)
空知 英秋

商品詳細を見る
今頃読みました。(;^_^;)




だって。



今のシリーズ重いから、毎週毎週読んでかみ砕くのに精一杯で、余裕がなかったんですもん。
あ、ちゃんと発売日には買って、オマケページはスグに読んでますよ。


一通り読んでみて、セリフの書き換えとか少しあるみたいな感じですが、本誌と並べて読み比べないとわからないな。(;^_^;)




と言う事で、この巻の前半はギャグが多く、勇者と魔王の剣。からくりで人情物のたまと自販機のふれあい。守護霊大運動会。そして今も続いている将軍暗殺編が始まるわけですね。

勇者と魔王は私もドラクエさんざんやりましたから笑ったし。
つか、ここでも被害に遭ってるの、「たけし」なんですよね。なんで?空知ん昔の友達?それとも「きよし」もいるからツービート?あんまりビートたけしっていう感じはしないんだけど。

たまの話は相変わらずたまいい娘だし。
ホント、いい娘だよねー。たま。
銀魂世界の癒しよね。

守護霊は、単純に笑えるよね。
まぁ、某所にかなり喧嘩売ってる挑戦してるけどね。(;^_^;)

そして、始まった将軍暗殺編。
いや、長いよ。ホント。
この長編、とうとう今までの最長、吉原炎上編の単行本2冊を超えて、2冊半行きましたよ。

まぁね、最初から将ちゃんが死んだとは思っていなかったから最初の頃はどんな裏があるのかなぁーと思っていたんだけど、あれよあれよと怒濤の展開に転がっていって毎週毎週手に汗握るこの数ヶ月。
いや、やっぱりいいわ。シリアス長編。

まぁ、細かい感想は本誌掲載時のを読んでちょうだい。

銀魂 第四百九十七訓 鉄と魔王は熱いうちに打て
銀魂 第四百九十八訓 オイルの雨
銀魂 第四百九十九訓 メガネは魂の一部
銀魂 第五百訓 本当にみんなと同じ世界を映していますか
銀魂 第五百一訓 守護霊も魂の一部
銀魂 第五百二訓 光と影の将軍 銀魂 特報とセンターカラーと。
銀魂 第五百三訓 瓢箪から駒 「瓢箪から駒」なんだよねぇ。
銀魂 第五百四訓 将軍の勤めと 忍の勤め なんで私がのほほんとしているかって言うと。 今回長編、どの程度の規模かなぁ。
銀魂 第五百五訓 悪党とおまわり
銀魂 第五百六訓 忍の里



ホント、たらたらしていたからもうすぐ57巻出ちゃうよ。f^_^;


    
スポンサーサイト
2014-12-22(Mon)

銀魂アニメ再開!

昨日のジャンフェスで発表になりましたね。

なんて言うか、放心状態というか。

ハイキューが水曜日頃からお約束通りにネタバレが回っていたのに比べて、本当に上手に隠し通しましたね。

今回ネタバレ回避のとても良い見本になりましたが、ジャンプ編集部もネタバレ回避のために、重要事項の発表の仕方、本格的な対策を立てないといけませんね。

印刷所や流通関係で手に入れたネタバレするような人は、ちゃんと調べて本当に逮捕するくらいの事どんどんして行って良いと思います。




で。

みんながお祭り状態で喜んでいる中、不安で申し訳ないんですけどやっぱりね、不安なんです。

いつか、アニメ銀魂は帰ってきてくれるだろうなぁーとは薄々思っていたんですけど、一番不安だったのが、メンバーの入れ替えで。


一番心配していた制作スタッフ。



…………



監督 宮脇千鶴さん。
監修 藤田監督。



…………高松さんと、大和屋さんの名前が無いのが地味にショックで。



私から見ていて、アニメ銀魂スタッフは一つの家族で。


高松さんがお父さん。
ふっさんが頼りになる長男。
そして、今、宮脇さんが頼りになる長女として成長してくれているのはとても嬉しい事だけれど、だからと言ってお父さんがいなくても良いというわけではなく。
あ、大和屋さんは、どーんと構えた大御所様で。

取り敢えず、高松監督は音響監督として残って下さるという事ですが、それでも「監修:高松信司」の名前が消えるのは、悲しい。

それから、宮脇さんが監督と言う事で、
…………宮脇さんは大好きなんですよ?
多分、アニメ銀魂スタッフの女性陣で、人間的に一番好きなのが宮脇さんだと思います。
ツイッターのアカウント消されちゃったのが、実はショックだったりします。
でも、監督をされると言う事は、作画スタッフの中からいなくなってしまうと言う事で。
監督をしていただけるのはものすごく嬉しいんですけど、宮脇さんの作画が無くなるのはものすごく寂しい。

最近の銀魂は、割と恋愛要素が増えてきたので女性の視点で新しいアニメ銀魂を作っていただけるのはとても楽しみなのですが…………


宮脇さんが二人欲しい!



こんな感じで矛盾を抱えてもだもだしています。




本当は、鶴田さんにも帰ってきて欲しいし、佐藤さんも無理のないくらいで良いので入って欲しい。



スタッフ入れ替えじゃなくてね?どんどん取り込んで、大きくなっていって欲しいというのが本音だったりします。
2014-12-22(Mon)

銀魂 第五百二十三訓 抗い

センターカラー!



万事屋と、真選組と、桂+エリザベスでお祝いに?



行き先は。





アニメ銀魂復活!!





はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。





帰ってくるよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。







それについては別記事で。





何はともあれめでたいです。







さて。本編ですが。





喜々くんに、将軍職を辞するつもりはないと言い切った将ちゃん。



迎えに来たのはとっつぁん。





やっと来たよーーーーー!!




沖田も!




山崎も斉藤さんもいるぅ!



空知ん、テツと原田、忘れないで下さい。







それを見る朧。




うん。





あきらめが悪いよ?ウチのみんなは。




それが取り柄なんだから。







朧は引くと。



うん。




とっつぁんが来れば、引くと思っていたから。



だから、とっつぁんに早く来て欲しかったんだよ。




朧にとっても、天導衆にとっても、戦って戦力を無駄に減らさなくとも既に政治的には勝っていると。だから。



それに対し、将ちゃんは。




自分は、最後の将軍になると。




もう、この世界に主君はいらないと。




一人一人が己の中の信念を貫き通せばいいと。





それが、将ちゃんの考え。









うん。将ちゃんはそう考えるかもしれない。




でもね、将ちゃんは人の上に立てる人だよ。




将ちゃんは、みんなに必要だよ。






上に立つ人間は、上でふんぞり返っていればいいわけじゃない。




下にいる人達を、護らなければいけない。






将ちゃんには民を護る力も責任もあるよ。














朧が思い出しているのは。




牢の中の松陽先生。




…………





のぶたすカワイイ!!





…………いや、可愛いんだけどそうじゃなくて。



あぁ。のぶたすは、やっぱり投獄中の松陽先生を知っていたのか。

朧はもっと前から知っていたのかもしれないけれど、て言うか、朧は松陽先生の過去を知っていそうだけど、のぶたすは年齢的に投獄中だね。

そして、のぶたすも先生に教わっていたのか。


のぶたすも、少しの間でも先生の弟子だったんだ。



そうか。




松陽先生の教えをかいま見たのぶたすが、異三郎の元でこれからどう動くのか、楽しみになってきた。




そして、松陽先生の言葉。




私が抗ったのは 天ではない




自分です









あぁ。




松陽先生だ。






何となく、松陽先生の過去にも大きな影があるのは感じ取れるけれど。












やっぱり松陽先生だ。







うん。








本当に、松陽先生を違和感なく描けていて、空知んの凄さを実感するなぁ。






松陽先生の笑顔を思い出しながら、立ち去る銀さんと高杉の後ろ姿を見送る朧。




あぁ。





朧もいつか、心が通じる時が来るかもしれない。





そして、横目で見ながら離れていく銀さんと高杉。




戻ってきた日常。





服部にジャンプを差し出す銀さん。





でも…………










力尽きた銀さんに慌てて駆け寄る仲間達だけれど。












何となく、銀さんこのまま危篤状態で、松陽先生に会うような気がする。



立派になりましたね、って言ってもらえるといい。



新年一話目は、丸々一話使って先生と思いっきり話せばいい。




そして、あなたはまだこちらに来ちゃいけません、て、帰されればいい。






想像はいくらでも出来るよ?



「次は私があなたたちの元へ産まれていきますから、よろしくおねがいしますね」



とかあったらこの先ものすごく張り合いがあるよね。とかね。





とにかく。





年明けが待ち遠しいです。今から。
2014-12-22(Mon)

BLEACH 610.Mausoleum of Skulls

にーちゃん。


あんた、ほとんど解説役としてしか役に立ってないね。



雨竜。



潜り込んだは良いけど、どーする?





つかさぁ。




にーちゃん。




滅却師クインシーの祈りって何だよ。




食われるだけの存在に、何を祈っているんだ?










雨竜は、理解出来るんだろうか?















それはともかく、傷を負った和尚に。



やっぱりつまらない能力だなぁ。陛下。



全部知ってしまうって、つまらないよ。





マユリ様の言う、「完璧」は科学者にとって一番の敵だという事と同じだよね。


人は、分からない事・知らない事・出来ない事があるから前に進む事が出来る。





和尚はまだ戦うけれど。




あぁ。




いいなぁ。





詠唱が、唄と踊り。






不転太殺陵





それでも。







それでも止められない陛下。














陛下こそ、死ねない命なんじゃないの?





やっぱりさぁ、キャラクターとして魅力、ないよね。陛下。









敵ならば、藍染様ほどの魅力が欲しい。
2014-12-22(Mon)

月曜早朝のネタバレはブログで

が、最近の習慣になりつつあります。


と言う事で、ネタバレ回避は自己責任で。

続きを読む

2014-12-15(Mon)

BLEACH 609."A"

黒く塗りつぶされた陛下に。


和尚は。



"真打"




しら筆一文字




世界で初めての、卍解。の、ようなもの。






新たな名を付ける。






叩きつぶされる陛下に。




感じ取ったにーちゃん。





てか、にーちゃん今まで何してた。




と?





突然和尚を貫いた何か。





現れた陛下に、崩れ去るしら筆一文字の文字。




陛下の能力は、





全知全能






ふぅーん。




てか、本当にーちゃん今まで何してた。




それにしても、全知全能かぁ。



つまらない能力だなぁ。




それじゃあ、部下なんていらないじゃない。



仲間なんていらないじゃない。





寂しい能力だなぁ。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
195位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A