2014-10-31(Fri)

BLEACH 602.Bane Licking Good

ふぅーん。


致死量



ねぇ。


別に、それってあのにーちゃんが死ねないとは関係なさそうだけどな。

まぁそれはどうでもいいんだけど。←いや、あとで出てきたりして。


相変わらずの能力説明ですね。


懲りないね~



と言う事で、血を抜くと言う事でそれを乗り切ろうとした王悦ですけど?



あ~、にーちゃんホント、それだから下っ端っぽいままなんだよ。

致死量を失血死のちょっと下程度まで下げたって?


そんな中途半端な事やってるから負けるんだよ。



天示郎!




ほぉ。

麒麟のおっつぁんのお湯ですか。



こういう風にさぁ、仲間同士連携して戦うのが大事なんだよなぁ。



護廷隊も、こんな風に連携出来るようになれるといいねぇ。




と言う事で、王悦、このまま陛下とやり合うの?


その前に副官のにーちゃん出てこないの?


雨竜はなー、ここで零番隊相手にするのも本意じゃなさそうだしな。


雨竜の目的は、陛下を潰す事だろうと思うけど、そのためには陛下を裏切るタイミング見なくちゃいけないからその見極め、難しそうだよね。

まぁ、副官のにーちゃんも陛下もソレ勘付いた上で雨竜を手元に置いているんだろうけど、零番隊がそれに気付いているかどうかも大事だな。
気付いてなければひねり潰されちゃうよ。(;^_^;)
スポンサーサイト
2014-10-27(Mon)

銀魂 第五百十五訓 國盗合戦と兄妹喧嘩

過去と現在の、高杉と銀さん………………………………





うん、なんて言うか、変わったのは高杉なんだろうなぁ。






て、一ページ丸々の激突!





は、いいんだけど、どういう動きでそうなったのか想像が付かないな。(;^_^;)


まぁ、銀さんは常識外れな動きをするからな。



そして、神楽と新八も。





神楽VS神威





殴りかかってきた神楽に神威は満足のようですが。




てか、空知んの言葉の使い方いいなぁ。




お兄ちゃんはもう





社会人






ホント、こういう言葉の使い方、上手いなぁ。




神威の空気の変えかた、いいなぁ。




弱い奴に 用はない




って。





あ!






来たか。





そう来たか。





うん、沖田との戦いの傷が、神楽ちゃんの助けになればいいなぁと思っていたけど、やっぱり助けになりましたね。



沖田が付けた傷。
















うわぁ!新八に夜兎三人!




と、思ったら、二人は全蔵とさっちゃんのクナイで。


倒した一人の後ろから来た夜兎は。





脇さん!!



あー、私結構脇さん好きかも。




そんな仲間に育てられて、この地球ほしで生まれ変わったと言い切る神楽ちゃん。




そうだね。自分自身を育て直すって、スゴク大変な事なんだけど出来るんだよね。




うん。








そして、激突。






今週は神楽と神威にスポットを当てて、神楽ちゃんの成長をひしひしと感じられる回でしたね。

うん。



星海坊主、ちゃんとこういう所見なさい!


親だってなぁ。子供を育てながら子供に育てられてんだよ。
わからない、じゃないよ。見て、考えろよ。




と言う事で、今週も大ゴマ使って派手に戦ってくれましたが、そろそろいつもの小さなコマに戻すために少しずつコマ縮小していっていい頃ですよ~?

大ゴマはたまにやるから映えるのであって。



メリハリメリハリ。
2014-10-25(Sat)

BLEACH 601. VERGE ON VERMILION

おぉ。


今回も久保神のカラーはオサレですねぇるんるん


良い味出してますよぉ。





と言う事で、今週は王悦、頑張ってます。



こういうふざけたような戦い方、好きよ?



ふぅん。


良い調子に戦えてますね。



ほぉ。






失敗作?






よく斬れすぎる刀?





ほぉ。






確かに、刀の能力も凄いけど、それを扱う王悦の能力も相当なモノよね?



つか、たまにはこういう気分爽快な戦いも見たいよね。





と、思ったら?




何?




死なない能力?








あー………………………………





たまにいるよね。





こういうメンドクサイやつ。







こーゆーのは封印するくらいしかないんだけど。





ま、なんとか倒して





やっと死ねる





っていうのもあるけどね。




ま、ここでまた形勢が不利になってくる?





でもまだもう少しは楽しみたいなぁー。
2014-10-20(Mon)

銀魂 第五百十四訓 万事を護る者達

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!



今回のシリーズは、空知んが珍しく大ゴマ使って!


台詞を使わず絵で魅せて来て!




本当に、たまに使うから良いんだよね。メリハリがあって。





銀時vs高杉




神楽vs神威





血が滾ります。





てか、扉、いい。




アオリ、いいね。






背負うものが




あればこそ-




担当さん良い仕事してます。









武市ヘンタイ、多少のケガはしているようですが、ピンピンしてますね。

銀さんを討ち取るように指示したのですけど?



下っ端は?




新八!





新八には新八が出来る仕事を。


うん。



ちゃんと、新八だって強いんだもんね。



新八が、全力で戦えるのは木刀だからなんだろうな。






そして、夜兎を止めたのは。




全蔵。





この糸、何で出来ているんだろうなぁ。

きっと、地雷亜が使っていた物と同じなんだろうなぁ。


もしかしたら、万斉が使っている弦も同じ物かも知れないね。



そして。



最後の力を振り絞っている全蔵の元。


辿り着いた、将軍様。




さっちゃんも連れて。




あぁ。そうだね。




やっと、だね。





やっと、将ちゃんは自分自身のお庭番衆を手に入れた。























そして。高杉の元に現れた銀さん。



本当にさぁ!ここ数回は大ゴマ使って魅せてくるよね!空知ん!




メリハリメリハリ。



そして、神威には神楽。



確かに神威と比べたら、まだまだ力は足りないかも知れない。


でも、心は強いよ?神楽ちゃんは。









そして、高杉。





差?





うん、どうかなぁ。




驕っていないかい?




王手を掛けたつもりでいないかい?





それに対して銀さんは。




知っているんだ。





自分がどれだけ他人に助けられてきたか。




あれだけ他人を助けてきた銀さんが、ちゃんと知っているんだよ。



どれだけ他人に助けられてきたか。









そして、未だに護りきれなかったたった一つの事松陽先生に囚われ続ける高杉。




高杉は、何をしたいんだろうなぁ。



壊して、どうしたいんだろうなぁ。





そして。



銀さん。










そうか。







もう、護る背中ではなくなったと。




高杉の背は、護らないと。






宣告しちゃったんだ。













悲しいね。
2014-10-12(Sun)

銀魂 第五百十三訓 帰る場所

落とした橋の向こうとこちらで。




最初で最後の依頼




……………ね。




うん。




承った






……………うん。






そうだね。




銀さんだね。





その一言の中に、どれだけたくさんの、思いや願いや考えや、希望が詰まっているか。




そう。こんなギリギリの状態でも言い訳報酬が無ければ本音必ず帰るも言えないコイツラがさぁ。



いとおしい。




ね。








そして、全蔵を連れたさっちゃん。



抜け道に向かっていたんですか。




うん。。。。。。。




さっちゃん。。。。。





懐かしいね。。。。。






さっちゃんにとって、銀さんは何だったんだろうなぁ。





バカな自分になれる場所だったのかなぁ。






……………って。





えぇぇぇぇっ!?





高杉!?







えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?






神威!?






さっちゃん!?







うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!






叫んでばっかですみませんが、叫ぶしかないでしょう!?この場合。




流石に武市ヘンタイ、無能じゃないです。ヘンタイでも。←こだわる。



陽動から隠し通路の位置を推測されてしまいました。



でも、さっちゃんを狙った神威の傘の、弾道をそれさせたのは




全蔵。







……………て。






……………え?








そうだったの?






全蔵そんな風に思っていたの?





全蔵とさっちゃんの関係って、そう言う形だったの?





なんかもうさぁ!追い詰められた状況だから出る本音がさぁ!




愛しくてさぁ!





もう 俺の前では 泣かせねぇ






本当にさぁ!銀魂の男達は!




歯がゆくなるくらいに不器用で!





ねじ曲がっているくせに真っ直ぐで!






ほんとうにみんな、大好きだ。






そして、全蔵のクナイの雨に、最後のとっておき。





来ました。





万事屋。






……………来ちゃったよ。





とうとう。





銀さんvs高杉






神威vs神楽





来ちゃったよ。






うわぁぁぁぁぁぁぁぁ。





どうなるんだろう。






まだ、カタは付かないと思うんだよね。





カタが付くにはまだ準備が足りないと思うんだよね。







さぁ、どうなるのか。







次号まで、いつもより余計に長いです。
2014-10-11(Sat)

BLEACH 600. SNIPE

記念すべき600回は、お姉様撃たれた所から始まりましたね。


………………………………なんかさ、看板みたいなんだけど。お姉様。


で、撃った方のヤツは、陛下の通り道汚すなと怒られてますが。


うん、やっぱさぁ、ただの人形ぽいよね。お姉様。



で?やった方の滅却師クインシー連中は、あっけないのが当然みたいな事言ってますけどね?


あー、落としてるし。零番隊の宮。


と、思ったら?




お。




風景が。



幕が、開いた。




あー、やっぱり小細工系ね。お姉様。




うん。



お姉様らしいなぁ。



巻物を解くように。




ふと、織姫って名前が頭に浮かんだ。いや、七夕の方の織姫ね。

で、こっちにも織姫いたって考えたら。


あれ?



織姫って零番隊と何か関係してくる?



織姫の能力って、特殊だったよね?



死神とも、滅却師クインシーとも、虚とも違う。



何か、種明かしがあるかな?そのうちに。



まぁそれは置いておいて。



本物の霊王宮は和尚が隠している……………って、バラしちゃうの?と、思ったら。
和尚の方も



もうバラしたか!




ホントだね。




って。あ、そうか。手はずが整ったからバラしたのか。




産褥






……………ふぅん。




いや、言葉の意味は知らないけど、漢字で大体想像付くよね。←ググれ。




もともとは、霊王を産み出すための物だったんじゃないだろうか。




と、考えたら。




何となく、零番隊の役割が見えてきたような気がする。






零番隊て、霊王を産み出し、育て、教育していくための者達なんじゃないだろうか。



と、こうやって色々と考える事の出来る展開は楽しいなぁ!



やっぱりさぁ、ただ戦っているだけじゃ面白くないんだよ。



考える事がないと。




考えた事が正しい・正しく無いじゃなくて、色々と想像できるのが楽しいんだよ。



と言う事で、今回のBLEACHは久し振りに楽しい展開ですね。







さて。シメは王悦ですよ?

この展開で来たら、あと2週くらいは零番隊優勢で進んでくれないとカッコが付きませんねぇ。


一護が颯爽と登場するためには零番隊の方も何かピンチになるような場面を作らなくちゃいけないけど、それにしてもすぐにピンチじゃかっこが悪い。



取り敢えず。王悦。良い所見せてね。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
360位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A