2014-09-29(Mon)

銀魂 第五百十一訓 最後の5人

さて。

取り敢えず四人の夜兎を倒したみたいですけど。



でもねぇ。


きっとねぇ。



この四人、ちょっと今は動けないだけで、死んではいないだろうなぁ。夜兎だから。
それでも、「今」戦えないのが重要な事で。しばらく寝てなさい。


で?


やらなきゃやられる



そんな切羽詰まった状況だけど。


まぁ、土方さんの言い分も解るけどね。



面接からやり直してェ気分だ



確かに足手まといになるヤツはいないけど、一緒に力をあわせたくはないねぇ。f^_^;


あ、そう言えば、このメンバーって柳生編のメンバーから沖田が足りない。
惜しかったねぇ。沖田。こっちの仲間に入れなくて。


それにしても、扉。いいねぇ。




と言う事で、夜兎、わらわらわらわら攻めてきますよ。



マジで、誰が絶滅寸前?




いっぱいいるじゃん!



それはともかく、確かにここにはまともな奴なんていませんけどね?


神楽ちゃんは取り敢えず夜兎なんだけど、どうなのかなぁ?


敵と同レベルなだけなんじゃないの?


それとも、一応はサラブレッド星海坊主の子だから強い扱い?

阿伏兎には正気じゃかなわなかったけど、阿伏兎は夜兎の中でも特別に強い部類?



は、ともかく。




え!?



何!?



おぉ!!



珍しい!!






空知んが見開きだなんて。





ごめん。空知ん。

コマが小さい小さい言い過ぎた?

いんだよ。小さいコマで。

あの詰め込み感、スピード感が好きなんだから。



でも、こういう見開きが希にあっても見応えがあっていいです。


十年に一度の頻度で良いからね。しょっちゅうだとありがたみが薄れる。



と言う事で、滅多にない空知んの見開き、堪能させていただきました。



つか。



夜兎戦すげぇ。




みんなも強えぇ。





神楽ちゃんを助ける近藤さんも、




近藤さんを助ける神楽ちゃんも、




て言うか、近藤さんかっけぇぇぇぇ!!!!!




神楽ちゃんクール!!!





なんて言うか、やっぱりこの五人の戦い方なんだよ。



次郎長と一緒に辰羅と戦った戦い方とは違う。


ちゃんと、お互いがお互いを助けお互いがお互いの力を信じお互いがお互いの力を使い合っている




これが、団体戦。




そして、ちゃんと一緒に戦う将ちゃん。




護られるだけでない。



一緒に戦う事の出来る将ちゃんだから。





だから、好きなんだよなぁ。





そう言うわけで、今回は珍しく、一話丸々戦闘シーンに費やしましたね。


たまにはいいです。こういうのも。



堪能させていただきました。
スポンサーサイト
2014-09-29(Mon)

BLEACH 598. The Shooting Star Project [We Only Have to Beat You Mix]

………………………………だからサブタイ長いですってば。久保神。



それはともかく。


さぁ、シリアスに出発!!



と、思ったら。




………………………………




あらあらあらあら。




岩鷲。お前かよ。



まぁ、良い具合に空気ぶち壊してくれましたけど。




おーい、岩鷲。




一護は高校生だから、飲み会なんて言われてもわかんないぞー




何言われてもメゲないのが岩鷲なワケで。



あ、いいわ。喜助さん。




アタシがその辺の準備してないと思います?




いいわぁ~。喜助さん。大好き!



まぁ、理屈なんてどうでもいい。

岩鷲が引き下がるわけないのは一護もわかっているわけで。

止めるだけ無駄なので、さっさと乗せちゃいましたね。



で?



こういう飛び方って。(;^_^;)



どういう飛び方。(;^_^;)



乗り物酔いする?(;^_^;)





まぁ、織姫、感慨にふけっちゃってますけど。


うん、織姫。信じてあげなよ。雨竜を。


どう考えたって雨竜はスパイとして潜り込んでるだけじゃない。



絶対にアナタ達の仲間でしょ?




一護。



連れ戻す



じゃ、ないだろ?




一人で戦うんじゃねぇ!


だろ?



戦う時は一緒だ




だろ?




そのための、月島達との戦いだっんだろ?







そして。霊王宮。


また、変な能力系ですが、BLEACHお得意の能力解説です。


そーですね!お姉様!



口を滑らせ能力解説したら、そりゃ対策立ててくれって事だよね。



と言うか。



やっぱり好きだわー。



こういうお姉様。



昔の声優さんでは、島津冴子さんとかが声を当てそうな高貴なお姉様。



味方でも、敵でも大好きだわぁー。



うん。雑魚はこの程度で退場でいいよね♪

お姉様の手を煩わせるような価値もない。


さて。

それはともかく、お姉様も一人潰した所で少しは手を煩わせなくちゃ話としては前に進まないからなぁー。
つか。他の零番隊の見せ場が無くなるからなー。

あんまりお姉様の鼻っ柱、折って欲しくないんだけどなぁー。久保神。



さぁ、どう出るか。




つか、次の次が600話だから、そこで一護颯爽登場させるために来週は少し劣勢になるのかなぁ。

久保神はこういう区切りの話に見せ場を持ってくるからなぁー。




***オマケ***

なんとなく、このお姉様、織姫の着ている喜助さん作の服に文句付けそう。f^_^;
ムキになって「妾が作り直してやろう」とか言いそうな性格だなぁ。
2014-09-23(Tue)

銀魂 第五百十訓 侍と忍

ピンチの全蔵の元へ駆けつけたさっちゃん。





おぉーーーーーー!!!!!




シリアスだーーーーー!!!!!




さっちゃんがシリアスに決めてくれるなら、全力で全さちを応援しますよ?私は。




煙幕目眩ましにクナイ。
基本通りの攻撃、いいわぁ。


で。




お庭番衆復活!!




ゴメン。脇さんしか名前覚えてない。f^_^;




それにしても、クナイをはじくのは万斉とまた子のみで、高杉は全く動じないところがいいわぁ。



そして、逃げる将軍様に、先導する銀さん。



生きろと。



役目を果たすためには生きろと。




揺れているね。将ちゃん。


苦しんでるよね。将ちゃん。



そうだね。



やりたい事と、やらなきゃいけない事と、やるべき事と、出来る事と。




人は、みんな、苦しみながら生きている。



生きると言う事は、辛く苦しい事。




それを知っている将ちゃんだからこそ、人の上に立つ事が出来る。


国を、民を任せる事が出来る。



そう、神楽ちゃんの呼び方が「将ちゃん」から「将軍様」に変わったのも、そんな将ちゃんを見ているから、認めているからじゃないのかなぁ。




苦しむ将ちゃんに、全蔵は死んだりしないと。



俺の友達ダチ公が護ると。




おぉ。よかったねぇ。さっちゃん。
銀さんに友達って言ってもらえて。


そして、銀さんは将軍様を護ると。



友達ダチ公として。




うん。本当に、銀さんらしいよねぇ。


銀さんは忠義とかのためには命は掛けないけど、仲間のためなら命をかける。


そのための、今までの将ちゃんとのふれあいだったんだよねぇ。



今では将ちゃんも、立派に銀さんの剣の届く範囲に入っているんだよねぇ。




そして、逃げる服部とさっちゃん。


弱音を吐く全蔵に、叱咤するさっちゃん。



あぁー、なんて言うか、服部にはさっちゃんが必要なのかもしれないね。

服部にとって、さっちゃんが丁度良い、「ケツを叩いてくれる女」なのかも知れないね。




そして、夜兎に囲まれた銀さん達。



目配せだけで作戦が伝えられるってスゴイよねぇ。


銀さんと神楽ちゃんが引きつけ役で、新八が将ちゃんを逃がす。



でも、流石に夜兎は強いよね。




と。




おぉー。




援軍忠臣登場~。




少しは勢力増えてきましたが。




うわぁー。





夜兎がいっぱいいるーーーーーー




つか、夜兎いっぱいいるじゃん。



どこが絶滅寸前だ。



つか、絶滅寸前なのに殺し合いしてんじゃないよ。



さぁ、確かにキツい展開ではありますが。


辰羅相手の時みたいなワケには行かないよね。夜兎相手じゃ。




これは、援軍が来ない事には。




松平のとっつぁんが、正式に幕府の軍として助けに来ない事には。





とっつぁんが幕府軍を率いてやってきてさえくれれば、無駄に戦わないで逃げていくと思うんだぁ。春雨も、高杉も。






とっつぁん!急げ!!
2014-09-23(Tue)

BLEACH 597. Winded by the Shadow

先週現れたかしまし娘の中の一人のおじょーちゃんですが。
別にマユリ様に操られているとかではないみたいです。
単純に、怒っているだけみたいです。
まぁ、そりゃ怒るけどさー。こういう仲間同士の仲間意識のなさ、が、敗因になるよな。滅却師クインシーは。

死神達は、それぞれ反感とか苦手意識とか持っている相手はいるけれど、それでも一つの組織として戦う心構えが出来始めてきた所だからねぇ。一護以降。
まぁ、まだ足りない所はあるにしても。


それはともかく。


おじょーちゃん。


そんなマズそうなオッサン、よく食べる気になるね。



ふらふら



…………先に言っとくけど、マユリ様食べたら毒で死ぬよ。





なんてやってる間に霊王宮です。


麒麟のおっちゃん陛下に手こずってますが。


…………つまらん。


お、お姉様出てきた。

このお姉様は前回出番が少なかったから、名前覚えてないよ。


少し活躍して下さい。お姉様。


まぁ、陛下の方はまた変な能力系で躱しているみたいですけど。


だーかーらー。

この変な能力系、いい加減ウザくてげんなりなんですれど。久保神。


いい加減力で激突しましょうや。


まぁ、こういう小手先だけの小細工に対抗するのはこのお姉様得意そうな気がするから、頑張っていただきましょうかね。



と言う事で、最後は一護です。


喜助さんは相変わらずですが。


一護は音がうるさいとか言ってますけど、喜助さんはそんな所にも仕掛けを隠してくる場合があるから注意!(笑)←ただの気まぐれの方が多いけど。

まぁ、そう言うわけで、夜一さんも乗り込んだみたいですが、喜助さんは発射台の方にいるので夜一さんが霊王宮、喜助さんが瀞霊廷ですか。


まぁとにかく。



早く話を進めて欲しいですね。
2014-09-13(Sat)

さだまさし「第二楽章」

2年ぶりのニューアルバムです。
全体的に熟成されて、優しい歌が多いです。

好きなアーティストが40年も歌い続けてくれるって幸せな事だなぁと、このアルバムを聞きながら思います。
第二楽章
第二楽章
(2014/09/10)
さだまさし

商品詳細を見る

若い頃には若い頃の歌があり、
大人には大人の歌があり、
年を取ったら年を取った歌がある。

それでも、芯になっている部分はブレずに、ずっとさだだから、愛しつづける事が出来るんですね。

以下、珍しく1曲ずつ感想書いてみました。


夢の轍 - 第二楽章
タイトルは昔出したアルバムと同じですが、別物です。
聞きながらね、さだの辛さがひしひしと伝わってくる。

優しいけれど、辛い歌。

大きな大きな時の流れの中の、ちっぽけな自分の力のなさにうちひしがれて、それでも抗いたいと歯を食いしばっているさだの歌だなぁ、と。


さくらほろほろ - 第二楽章
さだの言葉の使い方は本当に美しいなぁ、と。

------あなたに会いたい------


それだけの気持ちをこんなに美しく伝えられるんだなぁ、と。


茨の木 - 第二楽章
茨の道を歩いてきたさだだから。
だから今振り返って、歌える歌なんだなぁ、と。

生々流転の時は、渦中過ぎてさだ自身が辛かったようだけれど、通り過ぎた今だからこそ、歌える歌なんだなぁ、って。


残春 - 第二楽章
長い長い道のりを歩いてきて、熟成された今だからこそ出来上がった歌なんだなぁ。
川の中を流れてきた岩の、角が取れて丸くなってきた石のような、そんな、優しい歌だなぁ。


十三夜 - 第二楽章
過ぎ去った恋は、過ぎ去った日々はいつでも美しい。
年老いた今だからこそ。ね。


家路 - 第二楽章
さだのテーマの一つ、



を、今のさだが歌った歌なんだなぁ。
一歩一歩、歩んできたさだの、今の、ありのままの愛がみえる。


豆腐が街にやって来る - 第二楽章
ある意味さだらしい、遊び心の多い曲でした。
それはともかく、これ、「宇宙兄弟」の挿入歌なんですって?
一体どんな使い方しているのか逆に興味があります。

て言うか、「聖者の行進」で笑いました。


死んだらあかん - 第二楽章
さだがずっと抱えて生きてきた矛盾の歌なんですね。
どんなに辛い事があっても、どんなに苦しい事があっても、歯を食いしばって歩いてきたさだだから。
負けるもんか、負けるもんかと歯を食いしばって生きてきたさだだから。

さだの、こんな所が私を造る芯になっています。


君は歌うことが出来る - 第二楽章
さだからの応援歌です。
ねぇ、知ってる?
さだの応援歌ってね、他人を応援しながら、本当は自分自身を応援しているんだよ。
それだけ、辛い道を歩んできたんだよ。


遠い夏 ~憧憬~ - 第二楽章
懐かしい。
きっと、麦わら帽子を被って、虫取り網を抱えて、蝉を追っていたそんな、幼い頃を年老いて思い出す。
そんな、今だから歌える歌なんでしょうね。


あ、曲名のリンクをクリックすると、あいちゅーんのサイトに飛べますので、そこで試聴できますよー。
2014-09-13(Sat)

銀魂 第五百九訓 傷(あかし)

うわぁ…………


来ちゃいました。



阿伏兎夜兎軍団



…………ひぃふぅみぃ…………

見える所だけでも十三人いる?


て言うか。



将ちゃんを見つけた阿伏兎の顔いいわぁ。


なんて言うかね、空知んの描く画って、すごくインパクトがある。

スペース的には一ページの八分の一程度のサイズなんだけど、テレビ画面でアップになったほどのインパクトがある。

こんなに少ないページ数で、こんなに小さなコマで描かれている戦闘なのに、ものすごい動きを感じる。



つか、この阿伏兎の台詞、是非芳忠さんの声で聞きたいです!!



アニメ銀魂かんばーっく。早く帰ってきてよぉー




とにかく、夜兎vs忍です。

うん、阿伏兎。後で神威に怒られるよ。



さて。所変わってそよ姫。
怪我をしているのか、気を失っているだけなのか。

つか、とっつぁんここにいたか。
今まで何やってた。

総悟はかなりの重傷のようです。

でも、姫を、仲間達を救ったのは沖田だと。


そして、とっつぁんは知ったんだ。


全蔵の真意を。



それを伝えたのは、じいや。


将ちゃんが将ちゃんである証の、








それが、将ちゃんとお庭番衆との絆の証?





と、そこで全蔵の出番ですね!



全蔵のバトルシーンですね!!



先生!早すぎて見えません!




ここは是非アニメで!!



ここで昔話です。


影武者、か。


こんな昔から、影武者が付いていたんだ。



そして、こんな昔から、将ちゃんは影で本当の事を見聞きして、自分の力のなさ、ふがいなさを痛感していたんだ。

ここで、今度はさっちゃん(現在)。

船が、墜ちたみたいです。



今度はさっちゃんからの回想。


見捨てられた影武者を、一人助けに行こうとする全蔵。

そこに、ついて行こうとする将ちゃん。

そこで付いた傷。



そして、お庭番衆の元で過ごした半年。



そうか。将ちゃんにとって、お庭番衆が生まれて初めて出来た友達だったんだ。

お庭番衆が、将ちゃんを将軍として歩むための一歩を導いたんだ。



そして、全蔵。


そうか。覚悟しちゃってるのか。


命を失う事を。




あぁ、そうだったのか。



あの、首をはねられた影はあの時の影武者だった子供か。


人形でもなく、もともとの死体でもなく。



それほどの覚悟か。


将軍でいられなくなったとしても、


ただ、ダチ公茂々の命を護るためだけに。








そして、力尽きたと思った全蔵を救ったのは、さっちゃん。










…………なんか、ちょっと楽しみなんですけど。

さっちゃんが真面目に戦うなんて、楽しみなんですけど。

ギャグに走りさえしなければ、さっちゃんも好きになれると思うんですよね。



なんか、はじめて全さちも良いかもしれないと思えた。



さっちゃんの来週の活躍に期待です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
274位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A