2014-08-31(Sun)

銀さん隠し子騒動編見てました。

この前からDVDの編集し直しで、取り敢えずファイルだけはいくつか出来たんですけどパソコンのBDドライブがいまいち調子が悪くて、焼くのに時間がかかりすぎて放っておくとスリープになっちゃって書き込み途中でエラーを起こすので(いや、設定変えれば良いんだろうけどめんどくさいから)焼きながら編集したのを一つ見てました。4r3Si.jpg
と言う事で、今日見ていたのは紅桜の前。
銀さん隠し子騒動です。

ホント、過去の話を今見返すと、ちょっとした一言の重さが心にグッサリと突き刺さります。

銀さんが言う、人を斬る事の痛み。

他人の痛みを感じる心。


その裏に、どれだけ重たい過去が、思いがあるのか知ってしまった今それを聞くと、白夜叉時代の銀さんの悲しみが覆い被さってくるようで。


本当に、重たい荷をいくつもいくつも背負った人なんだよなぁ。銀さんて。


本当に、銀魂って、銀魂の中心にある真っ直ぐな背骨の部分て、初期の頃から全然変わらないなぁ。
これだけブレずに描き続けられている空知んて、本当にスゴいなぁ。



オマケの一言感想。

そうそう、さっちゃんてこの頃はやたらお妙さんをライバル視していたのに最近は銀さんとの関係全く疑ってないね。(;^_^;)

長谷川さんこの頃はまだ短期でも仕事出来ていたよね。

前から気になっていたんだけど、お登世さんて子供産んだ事あるのかなぁ。
子供を産んでいて、戦争の混乱で生き別れになっているとか言う過去があっても良いなぁと思っている。
女の子を産んでいて、生き別れになっているから、たまとかキャサリンとか女の子をかわいがっているんじゃないのかなぁと。
で、もし生き別れた娘が登場人物の誰かなら、日輪さんあたりが一番近いかな、と。
まぁ、銀魂でそんなご都合主義はやらないと思うけど。


そういうことで、ダラダラとブログを書いていましたがBD焼いているのが全然進まなくなってきました。
まぁ、取り敢えずどーなってるのか調べてみます。


それはともかく明日はジャンプだ。
今回の話、思ったより早くカタがつきそうだけど、明日はどの程度進むかな?
楽しみです。
スポンサーサイト
2014-08-27(Wed)

アニメ銀魂編集し直してました。

テレビから録画したのを。
今回は、まず将軍様特集と言う事で、


第83話「運に身分は関係ない」
第151話「髪切りながら交わされる美容師との会話は世界で一番どうでもいい」
第152話「天は人の上に人をつくらず髷をつくりました」
銀魂217話「二度ある事は三度ある」
銀魂237話「拙者をスキーにつれてって」
銀魂238話「慰安旅行はイヤンどこォ?」


この6話を、今回はあえてアバンのお遊び迂回ルートをカットしたり、前後編の場合はOPは前編だけ、EDは後編だけに付けてエピソードごとに見やすくして。大体2時間くらいになりましたよ。

まぁ、アナログ放送で録画した物を編集し直しなので、画質はそれほどよくありませんけどね。その辺は我慢。

将軍様の話は将軍様の話だけでまとめて見るのもいいですね。
まぁ、将軍様回はどうしても下ネタが多くなってしまうのは仕方がないですが、その辺は脳内スルースキル高いですからね。私は。

下ネタは特に楽しいとは思いませんが、スルーは上手いですから。私。
ま、その辺は人それぞれ好みって物があるので好きな人は楽しめばいいと思います。

改めて見直してみると、割と初期の頃のキャバクラ回は、まだ全体的に少し固さが残ってますね。まぁ最初だしね。
九ちゃんもまだ柳生編終わったばかりでみんなに慣れていないし。
そんな、初々しさも良いですね。

床屋回は、まぁ、下ネタひでぇ回ではありますが。(;^_^;)
この頃って、原作足りなくて無理くり1訓を1話にしていた頃で、一生懸命尺を取ろうと頑張っていましたよね。
でも、そんな中でのいろいろな工夫、最初のかぶき町の普通の日々の風景とか、イイ感じに描けていると思います。
まぁ、前話回想とかで無理に尺を使っている感じはどうしてもありますが。(;^_^;)

そして、プール回。
これは、2訓を1話にしているので良いペースですね。
これはもう、単純に笑える。
まぁ、順番を変えたためにせっかくのネタが使えなくなった物(新八のツッコミサボるのがイボ編に繋がる)の代わりに、順番変えたおかげで笑えるようになった(桂の「とったどー」)とかあって。プラスとマイナスでとんとん。

それからスキー回。
まぁこれも下ネタ大概にひどいですが。
つか、将軍様回はどこも下ネタひどいですが。(;^_^;)

プールからスキーにかけて、将軍様どんどん本領発揮しだしましたよね。
実は、出来るコなんですよね。将軍様。

そして、それが傾城編に繋がるわけですね。

こうやって繋げてみると、将ちゃんの人柄が見る事が出来てうるうるします。
将ちゃんの「人の上に立つ者」としての器が見えるから、苦手な下ネタもスルーしちゃいます。


てか、アニプレさんこういう風に、シリーズにしてDVD出しません?
Blu-ray Boxもいいですけどね?一気に出されてもパートの主婦にはキツいです。
こまめにちまちまと出してくれるなら、何とかなるんですけどね?





あ、アマゾン限定と普通の限定版(;^_^;)で1セット1万円近く違う。大きいな。





とにかく、将軍様シリーズ、今日は楽しく見ていました。
次は鯱シリーズでも作ろうかな?
2014-08-25(Mon)

銀魂 第五百六訓 忍の里



おわぁーーーーーーー!



なんかスゴイ事になってるスゴイ事になってるぅぅぅぅぅぅぅ。



なにこの軍勢ーーーーー!!




銀さんやったぁ!




お、さっちゃん真面目に働いてる。



そーだよねぇー。

さっちゃんも真面目に働いてさえくれれば好きにもなれるんだよねぇー。


と言う事で?




敵は伊賀者?




三大上忍



藤林 鎧門




百地 乱破





そして、服部。





うん。やっぱりさぁ、このタイミングって沖田を助けているようにしか見えないよねぇ。


つか、服部。


お前江戸シティーのつもりだったんかい。(;^_^;)


そして、沖田は多分、本当の事は知らないんだろうなぁ。

これは演技じゃないだろうなぁ。


本当にムカついてるんだろうなぁ。



沖田は演技も出来るコだけど、これは本気だろうなぁ。




で、このあとはまだやるのかなぁ。


爆発に紛れて逃げないと、沖田にはこれ以上はキツいよなぁ。








さて。所変わって。


さっちゃんの方ですね。



新八と神楽ちゃん、捕まっちゃってますが。


あれ?そーいや百地って、やさ男っぽいと思っていたけど、もしかしたら女かも知れないなぁ。


つか、包帯で巻かれて車椅子って、なんか色々と仕込んでいそうだなぁ。



で?



ふぅん。




そうか。




夜兎に襲われたのか。伊賀の村が。




ほぉ。





まぁ、服部の話はどう聞いても二重スパイしているとしか私には見えない。




で?



いよいよピンチ!?




と?






ちょっ。





トシかっけぇ!






ちょっ。






近藤さんかっけぇ!!!






ちょっと!誰かお妙さん呼んできてお妙さん呼んできて!!




マジで近藤さんカッコイイよぉ!!!!!




で?



ここで、百地?





え?





ここで?





キターーーーーーー!!!!!





将ちゃん来たーーーーーー!!





うん、まぁね、信じていたけどね?死んでなんていないと。

そして、尚かつ将ちゃんは自分だけ安全な場所に隠れている人でも無いと言う事は、知っていたけどね?



そうか。ここに来たか。




つか、もともと死んでなんていないと思っていたから、再登場の喜びが他の人より薄いのが難点。(;^_^;)




さて、取り敢えず、コレで少し話が見えた。


今回の作戦は、将ちゃんの身を守るためのものじゃないんだろうとは思っていたから、


何のための作戦だろう


と、疑問だったけれど、これは伊賀の里を救うための作戦だったんだね。

まだ、種明かしをしなければならない事はいくつかありそうだけど。

藤林は敵に回っているのに、何故百地は味方なのか、とか。



そして、無駄な犠牲を嫌う将ちゃんだから、本当にこの作戦でみんな命を賭けて戦っているの?とか。
誰と誰が、どの程度の事まで知っているの?とか。


さぁ、後はとっつぁんが何処で何をしているかだなぁ。


今回の話、意外に思ったほど長くならないかも?
2014-08-25(Mon)

BLEACH 593.Marching Out the ZOMBIES 4





マユリ様~~~~~~!!




うさんくささが最高です。



あーーーー、シロちゃーん。


(~_~;



うん、マユリ様は腕だけで戦わないものね。

いくらでも小細工は仕掛ける。


で、口車に簡単に乗ってしまうのも、シロちゃんの意志がシロちゃんの物でないせいなんだろうなぁー。



そして、




卍解



………………………………あっけなさ過ぎる?



そう。




繰り返し。






同じ事の繰り返し?




シロちゃん、解るの?




シロちゃんのこころは、今どこにあるの?



そして、マユリ様の解説。




………………………………人知を越えすぎていてイマイチ理解出来ません。(;^_^;)



脳が、記憶が過去に戻るって、現実はどうなっているの?



まぁ、マユリ様のなさる事は人知を逸脱していらっしゃるので、私ごときが理解出来るような事ではありませんね。←投げた。




と言う事で、副作用ね。


うん、ホント、マユリ様、成功の影に失敗作が山ほどありそうですね。
まぁ、それが化学ってもんですが。


で?


問題?





いつ、薬を盛ったのか?






………………………………




何かある?




それが鍵?





もしかしてさぁ、シロちゃんが一度倒れた時に、近付いてきた人影がもしも、マユリ様だったら?
そして、「シロちゃんが殺される」というキーポイントで、その場所に戻るとしたら?
シロちゃんを助ける事が出来る?


いや、でもなぁー。

マユリ様がそんな殊勝な真似するとは思えないからなぁ。



どうかなぁ。




シロちゃん助けたいけど、マユリ様が助けて下さるとも思えないしなぁ。





………………………………フクザツです。
2014-08-13(Wed)

「真選組動乱編」見てました。

銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
銀魂 よりぬき銀魂さんオンシアター2D 真選組動乱篇(完全生産限定版) [DVD]
(2013/01/23)
杉田智和、阪口大助 他

商品詳細を見る
今日の買い物サボって時間作って。(笑)


やっぱ銀魂の長編は良いです。
5スタのバトルいいです。

佐藤さんの殺陣良いです!!


まぁ、感想は何度か書いているので割愛するとして、やっぱりね、過去の話を見直すと、その後解った事が心に響いてきますね。

銀さんが、昔も今も変わらないという護りたいもの。

それが何なのか、見えてきた今。


多分、高杉もそれを知っているから最後、万才が聞いた事は解っているんだろうなぁ。とか。



それから、高杉が動乱編で伊藤ごと真選組を潰そうとした作戦。
それを見ながら今回の連載、高杉はどんな作戦を立てているんだろう。とか。
高杉に対して、幕府は誰が、どんな作戦を立てているんだろうとか。

今回の連載が終わった後に見たら、また別の物が見えてくるのかなぁ。とか。

ホント、アニメ銀魂帰ってきて~。早く。


そして、年に一度くらい、こんな風に長編の再編集をイベントで上映して欲しいなぁ。
これやってくれたら、ちょっと頑張って見に行くよ!


次号からジャンフェス?ちょっと違うか。アニメフェスタ?の観覧募集の応募が出来るのか。
流石に10代20代の中に紛れ込むのは気が引けるけど、でも見たいなぁ。
どうせハズれるだろうしと言う事で、応募だけはするか。
人気や期待度のバロメーターにもなるし。

頑張ろう。
2014-08-11(Mon)

銀魂 第五百五訓 悪党とおまわり





おぉ!




沖田!!



いいわぁ。沖田の剣劇。


やっぱさぁ、こういう所、是非アニメで見たいなぁ。


佐藤さんご指名で。


佐藤さんの舞うような殺陣見たいよぉ。




と言う事で。


あ、そうなんだ。

沖田を潜り込ませたのは、土方さんの指示なんだ。

うん、まぁ、土方さんの立ち位置ってそう言う所だよね。

近藤さんはただひたすらに、前だけを見て突き進む。

土方さんは横や後ろも見ながら近藤さんが真っ直ぐ進めるように周りを整える。



流石の姫様も怯えていますけど。
まぁ仕方ないよね。

と。



あ~~~~~、やっぱり来た。



神威



ああ、やっぱり空知んの、こういう言葉の使い方、好きだ。



味方なかま同類なかま


………………………………阿伏兎。お疲れ。



と言う事で。

海の方は、高杉ですね。


ほぉ。


そうなんだ。



狙いは将軍一人ではない。


将軍の勢力を根絶やしにする事。



それじゃあ?



それじゃあ将ちゃん側の作戦はどうなんだろう?


将ちゃん一人の身を守るような作戦を、臣下を見殺しにするような作戦を将ちゃんがOK出すはずがない。


作戦を立てたのがとっつぁんであったとしても、いや、とっつぁんの作戦かどうかはまだ解らないけれど。Goを出すのは将ちゃんのはず。

どういう作戦なんだろう?



これだけの騒ぎの裏では絶対に、何か別の作戦を動かしいると思うんだなぁ。

でなきゃ、とっつぁんの出番が無いのがおかしい。


とっつぁんが裏で何か、しているとは思うんだよなぁ。



これだけの犠牲を払って、何をしているんだろう。



そして。


気になる高杉の台詞。



これからお前がいく地獄ところ



高杉は、松陽先生は地獄にいるって言っていたよね?


これは、高杉は松陽先生の事を言っているの?


それとも別人?



松陽先生の事だったとしたら、高杉は松陽先生の遺志を継ごうとしているの?


松陽先生の教えって、何だったんだろう。


松陽先生の理想って、何だったんだろう。


松陽先生は、何をしようとしていたんだろう。



同じ教えを受けた銀さんも、桂も、高杉とは違うやり方をしている。




もしかしたら、三人とも目指す先は同じ、松陽先生の教えなのかも知れない。

ただ、道が違いすぎるだけで。


そして、その違いすぎる高杉の道を、松陽先生はどう思うのだろう。







所変わって神威と沖田です。


あーーーー、神威。こーだもんねぇ。

阿伏兎、苦労するねぇ。



沖田はどの程度まで勘付いたかなぁ。


神楽ちゃんと同じ夜兎だって事は、勘付いただろうなぁ。


神威が神楽ちゃんの兄貴だって事には気付いたかなぁ。


気付いて無くても、薄々親戚じゃないかって事は、思ってるんじゃないかなぁ。
後で兄貴と聞いて、「やっぱり」とかは思うんじゃないかなぁ。




と言う事で、神威は知ってる。


沖田が神威と同じ本質を持っているって事を。

でもね。




沖田はそれ以外の物も持っている。



え?



そよちゃん!



て。



あー、びっくりした。



うん。



弾丸斬り落としてこそ沖田。








おぉ!!




いいわ!!



やっぱ空知んの殺陣すげぇ!!



血が滾る!!



これだからシリアス長編っていいのよね。



で?


爆発は、邪魔と言うより助けだよね。


さすがに沖田一人で夜兎十人はキツイ。


それでも逃げないのではなく、護ろうとする所が神威と沖田の違いなんだよ?


解る?神威。



そして、それが最後に一番の強さになるって、神威が解る事が出来たら神威は星海坊主と神楽ちゃんの所に帰って来るんだろうなぁ。


そして、飛び出した夜兎を止めさせたのが全蔵の言葉。


将軍の首ならもうここにあるぜ



………………………………やっぱりさ、全蔵は敵対したフリしながら沖田を助けているよね。

絶対全蔵、二重スパイやってるよね。


全蔵が、いつ、どのタイミングで寝返るのかも、超期待。




お盆休みで1週休みなのがじれったいですね。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
360位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A