2013-04-27(Sat)

銀魂 第四百四十三訓 母ちゃんの弁当はいつもつめすぎて若干潰れている

………………すんません。
弁当詰めるのは子供にやらせてます。(;^_^;)
母は作るだけ。(^^ゞ



ってのは置いておいて。



よかったねぇ。晴太。

寺子屋通い始めたの。


…………の割に?教科書に隠れて何ジャンプ読んでる。(;^_^;)



は、ともかく。


お弁当の時間。何か様子がおかしい?


クラスの女子いずみちゃんと友達が、気を遣って声をかけてくれますが?




あれ?様子がおかしい?




逃げちゃいました。



男子が前に誘った時も、断ったそうですが。



木の陰に隠れた晴太は。



………………随分大きな風呂敷包みで。







と言う事で、心配している日輪さんですが。

友達が出来ない?

お弁当を残してくる?




………………つか、日輪さん。晴太が一回の食事で食べる量、把握してる?(;^_^;)


まぁね、私も田舎育ちだから。
みんなでお弁当を食べる時は、みんなに分ける分も作っていきなさいと育てられたけどね?確かに。
でもそれは、特別な行事の時であって。
それとか、特別に何か、気合いを入れたおかずを作った時とか。

と言うわけで、流石に月詠はやり過ぎって事に気付いたわけで。

でもねぇ、漫画だからこんなに大げさだけど、母って結構こういう極端な所、あるもんだよねぇ。
幼稚園の頃のママ友は、子供には絶対にスナック菓子与えないで、おやつは手作りしていた人いたし。
よそ様のブログで読んだ中には、子供の体のためにって、ホットケーキにはいつもすり下ろした人参やじゃこをタップリ入れていたので、友達の家で初めてプレーンのホットケーキを食べさせてもらった時に子供が興奮しまくっていて「ホットケーキくらい作ってあげなさいよ」と言われたとか。
ちなみにウチは、そこまで極端じゃないですが手作り菓子が多かったので、友達と子供の頃食べた駄菓子の話が合わないそうです。(;^_^;)


で、そうなんだよねぇ。

小学校に入る時、親が一番気にするのは

みんなと同じ事

なんだよねぇ。


実際、今の公立小学校って、周りと違うといじめられる、って言うか、周りと違っていじめられることに対して学校が指導出来ないんだよねぇ。


で、普通が解らない日輪さん。

月詠に聞いてみますが?



………………確かに説明は難しい。


本見なさい。



と言う事で、月詠が明日の弁当を作ることになったそうですが。


………………日輪さんナイス。
フェイントで銀月要素を入れてくるとは。



いっそのこと銀さんに講師依頼しちゃえ!





と、思ったんだけど、銀さん呼び出しはしなかったみたいです。

翌日の晴太の弁当はと言いますと。


………………いや、何でクナイ形。(;^_^;)


と、思ったら。




遊びすぎ。クナイ入り




(;^_^;)




いや、あの、本見ながら作っているんなら、レシピそのまま作ろうよ。(;^_^;)




で、何故かちゃっかり遊びに来ているさっちゃん。


随分仲良くなってますね。吉原の面々と。


さっちゃん!吉原秘伝のテクを教わるなら日輪さんだよ!!


いや、それは関係ないけど。


三人の会話を隠れて聞いている晴太は。
意外に解っているさっちゃんにオドロキですが。


と言う事で、翌日のさっちゃん弁当。


いずみちゃんは気を遣って晴太の分のお弁当まで用意してきてくれましたが?






………………




さっちゃん………………




アナタ、料理作れる…………よね?


そう言えば、さっちゃんが納豆以外料理している所見たこと無かった。





と言う事で、今度は九ちゃんだそうですが。



何で九ちゃんココ吉原にいる…………






………………はい、九ちゃんに聞いたのが間違いでした。バララワニ



と言う事で、九ちゃんがいればお妙さんがいても不思議じゃないです。




………………お妙さん。弁当どこ行った。手紙だけ



しかし、銀魂女性陣。
そろいもそろって弁当一つで何やってる。(;^_^;)

料理の上手い日輪さんがコケたら、総コケなのね。(;^_^;)





と、思ったら。神楽ちゃん。



食べちゃったの。ソレバララワニ。(;^_^;)

うん。自分で作れと言うアドバイスは的確ですがね?


と言う事で、晴太自分でサンドイッチ作って持ってきたそうですが?


………………食べちゃダメでしょう~。神楽ちゃん。(;^_^;)


それはそうと、いずみちゃんお休みだそうです。


なんか?知らない男の子に怒られちゃいましたが。晴太。


しょぼ~んで帰ってきた晴太に。




日輪さん、頑張ったじゃない。

普通の弁当作ったじゃない。


でも、落ち込んでいる晴太には見えていなくて。






………………




うん。



その、言ってはいけないことは、心の中でくすぶっていた不安なんだよね。

その不安を押さえきれないで吐き出してしまうのがまだ子供である幼さで…………


自分の言葉に落ち込んで、飛び出した晴太に声をかけたのは、いずみちゃん。


いずみちゃんから聞いた、


私のウチお母さんいないから










あぁ~!



ここで涙腺崩壊来た!!




やっと、いずみちゃんに全部話せた晴太に。


晴太はちゃんと、隠れて一人で食べていたよね。日輪さんのお弁当。

いずみちゃんは、ちゃんとそれに気付いていたよね。



いずみちゃんがちょっとだけ押してくれた晴太の背中。




わざわざ描かれなくたって、わかるよね。戻った晴太が日輪さんにどう言ったか。



と言う事で、いずみちゃんを迎えに来てくれたお兄ちゃんは、さっき晴太に文句言ってきた子でした。





翌日のお昼。




晴太のお弁当は?



お重山積みです。(;^_^;)



いずみちゃん、お兄ちゃん連れてきました。


みんなで食べれば美味しいね。(∩.∩)






………………お妙さん。アナタ、調理に参加しちゃダメよ。(;^_^;)

みんなで料理するのも楽しいけどね。(∩.∩)
スポンサーサイト
2013-04-27(Sat)

BLEACH 535. Everything But the Rain op.8 "Defenders"

真咲さん。


これはある意味、魂の内なる世界なんだろうなぁ。


落ちる先に在るモノは………………








そして、浦原商店。


喜助さんの顔が解らなかった、って事は、100年前の事件の時は、まだ一心パパ隊長じゃぁ無かったって事かな?
まぁ、長期出張、って事も有りうるけど。
でも、貴族繋がりで夜一様のお世話になっていた喜助さんのことは知っていてもおかしくはないんだけど。
過去編の頃は、まだ子供だったのかな?いや、海嚥殿がある程度の年だったわけだから、死神にはなっていただろうなぁ。
やっぱり海嚥殿が100年前に副隊長受けなかったのは、一心パパを先に隊長格に入れたかったからなのかな?
なんか、そう言うことが色々考えられて楽しい。


でさ、喜助さん。
100年前からって、四捨五入し過ぎじゃ。(;^_^;)
一護の年齢から計算して、一護高1の藍染様の乱の時期から最低でも17年は前なわけで。
で、過去編はその一護高1から101年前で。
と言う事は、藍染様にはめられて、尸魂界から追われてから最長でも84年で。
…………まぁ、藍染様の乱以前から研究していた期間も入れるというなら100年でもいいですけどね。

でさ、一心パパ。
簡単に信用しすぎ。(;^_^;)
喜助さんだったから良かったものの、これが藍染様だったら簡単に転がされてしまうわよ。



と言うわけで、喜助さんの説明です。




喜助さんの宣告。



もう二度と



元には戻りません







そうか。これも虚化ね。


やっぱりただの、戦闘で受けた傷とは別物。


これが



選んだ


の、意味。



流石に喜助さん。

ちゃんと時間をかければ対処法を見つけてるよね。


うん。平子達も、それで助けたのね。
でも、喜助さんがしてあげられたのは、魂魄自殺を防ぐ所まで。


制御は自分たちでしたよね。仮面の軍勢。




と言う事で、真咲ママを助けるためにはそれだけでは足りないと。




相反する強い力







竜玄パパンは気付いたみたいね。



でも、それが出来るのは、竜玄パパンじゃぁない。






あ、喜助さん、一心パパの名前まで知っている。


まぁ、夜一様繋がりで余計に詳しいってのもあるだろうけど。



あ、義骸。


そうか。義骸って死神が入る前って本当に人形なんだ。



でさ、サラっと言っているけど、人間の魂魄から造られているんだよね。




つまりは、そう言うことなんだよね。




うん。科学者は、多かれ少なかれ、そうだよね。マユリ様だけでなく。








で、もう一つ。


難しい話。



滅却師クインシーと相反する存在が死神。



虚と相反する存在が、人間。



ここ、どんな意味があるんだろうな。




虚は人の魂が闇に落ちて変わるモノじゃなかったっけ?



何か、深い意味があるのかなぁ。




謎解き、最終回までにしてくれるかなぁ。








と言う事で、長い説明にしびれを切らした一心パパ。






やる







と、決めます。




捨てなければならない多くのものよりも、一度受けた恩義を取ると。




あぁ、きっと、これが志波家の男なんだろうなぁ。



だから、志波家の本家もきっと解ってくれると、一心パパは思えるんだろうなぁ。




そして、そんな一心パパを見て、竜玄パパンは解ったんだろうなぁ。




この二人には、運命の糸が繋がっている



と。






そして、呑まれかけた真咲ママを救い出した一心パパ。





あぁもう!




真咲ママだけの王子様だった!




一心パパ。





あー!もう、夫婦の過去だから、思いっきりドラマチックに恋愛描けるのがイイですね!!!



あー、いいわぁ。






あ、ところで崩玉は?

そっちの種明かしもしてほしいな。
2013-04-26(Fri)

よりぬき銀魂さん 「食事はバランスを考えろ」「人は皆運命と戦う戦士」(205話)

はい、Aパートは山崎のあんパンで。


ほんと、



美味しそうなラーメンで!


いや、もう、内容もギュッと凝縮されていて面白かったんだけど、やっぱ5スタは食べ物美味しそうに描くよね!!



Bパートもファミレスのメニューが美味しそうで。(^^ゞ



それは置いておいて。


ほんっと!



近藤さんいい人だ!!!




代打近藤では本当に涙が出る。



いや、私はお妙さんに特に興味はないんですけどね?でも、近藤さんがこんなにお妙さんのことを好きなら、近藤さんを譲ってあげても良い!!という立ち位置です。←いや、別に近藤さん誰のモノでもないけど。f^_^;



取り敢えずコレも簡易感想で、本放送の時の感想は、コチラ。


銀魂205話 「食事はバランスを考えろ」「人は皆運命と戦う戦士」


ホントに2話とも面白いし。いい話で!


2本一度に放送してしまうのがもったいないくらいでしたね。
2013-04-22(Mon)

銀魂 第四百四十二訓 Gペンは気まぐれ屋さん 丸ペンは頑固者

………………鯱っすね。


空知ん、鯱気に入っちゃったねぇ!


これはもう、アニメのOP・EDに鯱も入れてもらわなくちゃねぇ!アップで!


と言う事で、やっぱり来年四月辺りからアニメ銀魂再開しましょう。うん、しましょう。





と言うわけで、ジャンプ掲載が決まったそうです。



悪路木夢砕先生の。





まぁ、天知ゴリラが森に逃げたための代原だそうですが。

………………松尾氏。ノイローゼで判断力が無くなったな?



取り敢えず、これから地獄が始まるそうです。


1日でネームを完成原稿に






………………あの。それって普段の空知んのスケジュールじゃないですか?


無茶だという鯱に、銀さんはアシスタントを連れてくると言いますが。



さぁ。誰を連れてくるかな。



と、思ったら。




囚人達。



(;^_^;)




なんか、懐かしいヤツが一人紛れ込んでるんですけど。(;^_^;)←ふんどし仮面


………………うん。そうだね。

ギャグシーンでアシスタントやったらそうなるね。(;^_^;)




あー、銀さんにかかると鯱がマトモに見えるマトモに見える。



で、ペン入れ?

甘いぜ。銀さん。

素人がなぞったって綺麗に描けないぞ。



書道と一緒だ。なぞったって綺麗には書けない。


………………ほら。



………………あーーーーーー、やっぱコイツラだもんなー。




コレは鯱の寝言ですか?それとも銀さんのアテレコですか?





つーかさ、鯱。

担当に渡す前に原稿見た?


アレ、なおしたのって銀さん?




取り敢えず、今週は閑話休題でギャグ回でした~。



来週合併号だからな。来週も一話完結かな?
2013-04-22(Mon)

BLEACH 534. Everything But the Rain op.7 "Hole of Reproach"






おぉ♪


カラーかわいいなぁ。

真咲ママ。


やっぱ何となく、織姫の雰囲気なんだな。真咲ママ。



男二人の表情が何とも。(^^ゞ


本当は久保神、一護と織姫と雨竜でこんな三角関係やりたかったのかな?
なんか、上手く三角関係にならなかったみたいだけど。子供達は。(;^_^;)


と言う事で、尸魂界では乱菊さん…………


せめて建前使おうよ。(;^_^;)団子屋って、そんなダイレクトな。(;^_^;)


いや、それにしてもあの隊長一心パパ副隊長乱菊さんで、よく十番隊回っていたね。(;^_^;)

…やっぱ三席シロちゃんが、裏で締めていたのか?(^^ゞ



と言う事で、石田邸です。


帰ってきた真咲ママに?
おば様が大変ご立腹ですが。





………………バレた。(;^_^;)




あわてた竜玄パパン。片桐さんに確認に行きますが。

片桐さんには片桐さんの考えがあったみたいです。



虚との戦闘によって受けた








あぁ、そうだ。


銀城達がそうだった。

親が虚に襲われて、その力が宿ったと。




片桐さん、いろんな想いを抱え込んでいそうだなぁ。

竜玄パパンも。


滅却師クインシーとしての、しきたりに縛られて。



片桐さんの言葉に飛び出した竜玄パパンは…………


やるせない、って言葉なのかなぁ。




おば様に怒られている真咲ママを助けようとした時に?



倒れた?




虚の穴?



あわてて宗弦グランパ(いや、誰もそうは呼んでいなかったけど)を探しに真咲ママを抱えて飛び出す竜玄パパンに。


あぁ、なんか、おば様の気持ちが解るなぁ。


滅却師クインシーの血を守るためだけに石田家に嫁ぎ、夫に愛されているのかも解らずに、自分にあるのは息子だけ。
しきたりを打ち破るなんて事は想像も出来なくて、しきたりに縛られて、その分息子への愛着だけが大きくなっていく。

その悲しさが、解るなぁ…………



一方飛び出した竜玄パパン。

後悔ばかりです。


と?



つられてホイホイ現れた虚を一刀両断したのは一心パパ。

その顔に愕く竜玄パパンに。

抱えられた真咲ママの様子に愕く一心パパに。


取り乱す竜玄パパンを遮ったのは。




喜助さん。











すごく面白い展開なんだけど!!



ものすごく面白いんだけど!!



話の進むスピードがゆっくりでツライ!!



早く!早く次号を!



ホント、単行本で一気に読みたいわぁ。←でも単行本出るまで待ちきれない。







と言う事で、最近の展開で考えていることをつらつらと。


竜玄パパンの言う、最後の滅却師クインシーの意味が、最近やっとわかってきた。


最後の純血種


っていう意味なんだね。


そして、それを宗弦グランパが許したんだよね?


滅却師クインシーとしてよりも、親として、子供の幸せを許したんだよね?

血を守るための相手ではなく、愛する人と結婚することを許したんだよね?



そして多分、この事件のせいで、竜玄パパンは滅却師クインシーとか、死神とか、両方に嫌気がさしたんだろうね。

滅却師クインシーよりも、人間になりたいと思ったんだろうね。



なんか、そんな事を色々と考えられる過去編。


嬉しいなぁ。
2013-04-19(Fri)

よりぬき銀魂さん「年賀状は筆ペンでいけ/カカオよりココロ」(204話)

どうも、BSのより抜きは第二期を順番通りやってますね。

まぁ、年賀状とバレンタインですのでフツーに爆笑する話ですね。


うん、年賀状の頃ってまだ、さっちゃんはお妙さんに対抗意識持っていたんだよね。
それが、最近はもう完全に眼中になくなってるよね。

バレンタインも。うん。フツーに面白い。


女の子達もみんな美人さんで。


まぁ取り敢えずこれも本放送の時の感想貼っておきましょうか。


銀魂204話「年賀状は筆ペンでいけ/カカオよりココロ」



で、間に入る映画のCMもね、あまり「完結編」だ「幕引き」だ言われるたびに落ち込むのね。
せっかくの映画なのにテンション上がれないのね。

もーちょっと戦術なんとかならないかなぁー。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
195位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A