2013-04-19(Fri)

銀魂 第四百四十一訓 10-1=

道場の九ちゃんですね。


男になった分、体力も上がっているのかな?スタミナ?



敏木斎のじーちゃんと、輿矩パパ上は相変わらず現実から目を背けていますが。
こういう時は東城がマトモになるわけで。

東城も、解らないキャラクターなんだよね。

九ちゃんに対する思いが。

どんな思いなのか。


自分が九ちゃんとどうかしたいとか、そういうんじゃなさそうなんだよね。
九ちゃんが女の子として可愛くなってくれれば、他の男の元に嫁に行ったってそれでも仕え続けるって感じだよね。
「我が子」を思うような気持ちなのか。
でも、じゃぁ九ちゃんが男でも良いか?と言うと、女の子でいてほしいみたいなんだよな。

どういう感情なのかなぁ。


と言うわけで、九ちゃんはお妙さんとデートだそうです。


ふーん。
新八は出稽古か。
神楽ちゃんは神楽ちゃんらしいって言うか。(;^_^;)

銀さんは行方不明…………か。


で、近藤さん。


仕事って何かと思ったら………………




そーいう仕事かよ!!!!!



全蔵………………いいのか、ソレX子で…………
中身は土方だぞ…………


で、総悟とさっちゃん………………

変な所で接点作ってしまったよ。(~_~;


で、どうでもいいけどさ、何で月詠だけ性格全く変わってるの?
どうしても、アレは受け付けないなぁ。
全く別人じゃない。


と言うわけで、



近藤さんの笑顔の下に、涙が見える。








雨の中、濡れて歩く九ちゃんは、当然みんなの気持ちは解っていた。


その九ちゃんに声をかけたのは、銀さん。




どうなのかなぁ。


新八と神楽ちゃんはデコボッコ教を追っていて、他のみんなは宇宙船のチケットを手に入れるために稼いでいた、とかならいいんだけどなぁ。
それなら少しは納得いくんだけど。


と言う事で、



殴り込み



ですね。



なんつーか、あっけなく終わっちゃった感がするのは…………なんでしょうね?

結局は、柳生編で九ちゃんが辿り着いた答えとあまり変わらなかったから?


男でも 女でもない


九ちゃんは 九ちゃんよ



なんか、イマイチ不完全燃焼のシリーズでした。
2013-04-18(Thu)

BLEACH 533. Everything But the Rain op.6 "The Gravitation"

だ~か~ら~、久保神。

サブタイ長いですって。(;^_^;)



毎回打ち込むのが大変。←それで感想遅れたわけではありません。f^_^;



それはともかく。


真咲ママの大胆な戦い方に、驚いている男4人が良いですね。

台詞をあてるなら、

ギンは、「ほぉ?」
東仙は「何?」
藍染様は「ほぉ。」
一心パパは「えっ!?」

そんな感じでしょうか。


そして、打ち抜かれた虚は。
何かおかしい?



と、思ったら。


爆発



慌てて飛び込む一心パパ。


自爆、なのか。


おかげで真咲ママは無事だったみたいです。


あー、一心パパ可愛いなぁ。



名乗ることに葛藤する真咲ママ。


それに答える一心パパが。




可愛いなぁ!!!!




あー、一心パパ可愛い!!




そーだよねー!!



あの爽やか系の一護の親父だもの!!




若い頃爽やかでも全然不思議じゃないよね!!!



あー、可愛いなぁ。この二人。


この出会い!ホント、マニュアル通りの恋の始まりで!!




それを見ている竜玄パパと、片桐さん。


何を考えているのかなぁ。


心の奥底で、何か考えていそうだなぁ。





一方東仙は。


なんか荒れて叫びまくっていますけど。



取り敢えず、




標的虚化
とか
転移
とか、意味ありげな単語を口走っていますけど。

それが、失敗だって言うのも何か、意味がありそうだよね。


当然、藍染様の興味を引くには充分で。



死した死神から容作られた虚が

敢えて最も自らと相反する存在である滅却師クインシー選んだ



この台詞の中に、どれだけ沢山の意味が込められているのか。


つまりは、死神と、滅却師クインシーは、相反する存在って断言したんだよね。

それは、人間と滅却師クインシーは相反する存在、って言うことを宣言した、って取って良いんだよね?
だって、人間は、死して尸魂界に送られ、その中から霊力の高い者が死神となる。
それは、人間と死神はある程度、同じくくりに分類されるわけでしょう?
その、同じくくりに分類される死神と滅却師クインシーが相反する存在なら、当然人間と滅却師クインシーも相反する存在になるよね。


そして、もう一つ。


気になったのが


選んだ



と言う単語。


何に、選んだのか。



………………


転移



って、言っていたよね………………







それにしても。


ホント、藍染様楽しそうだなぁ!!!






と言う事で、隊首会の一心パパです。

卯ノ花さんは当然として、百夜兄様もいますね。


こうやって、時系列をちらちらと小出しにしていますね。(^^ゞ


取り敢えず、山じいは上手い具合に丸め込んだようです。


まぁ、嘘はついてないしね。



…………黙っていることはあるけど。(^^ゞ



と言うわけで、謎の虚を回収し損ねた事にマユリ様がぐちぐち言うのは当然のこととして。


うん。



山じいは、感付いているよね。



書き漏らしがあることを。



解っていて、何も言わないね。





そして、お互いが気になりだした真咲ママと一心パパ。



あ~!カワイイなぁ!


恋が始まる前の、ちょっと気になる存在



初々しいなぁ!!



と言う事で、真咲ママ、フツーに女子高生やってます!


と?



この目眩は?



……………






喜助さん喜助さん喜助さん喜助さん喜助さん




やっと喜助さんの出番だぁ!!!!!




あー、嬉しい。



テンション上がる!!!




で、テンション上がって忘れそうになるけど、喜助さんが気付いた何か


真咲ママの目眩


その辺が、来週のキーになりそうですね。



あぁ、楽しみだなぁ。
2013-04-12(Fri)

よりぬき銀魂さん「夏休み明けも皆けっこう大人に見える」(203話)

はい、二年後篇後半ですね。


うん、コレ見ているとねー、震災の頃のこと、思い出すんだなー。


丁度この回、放送直前に大きな揺れがあって、放送画面に大きな地震速報が重なりながら放送されたんだよねー。

ホトケのトシさんの顔が、地震速報でほとんど見えなかったんだよねー。



しみじみ………………



まぁ、そんなしみじみする二年後篇ですが、バカイザーがサマになりまくっていたり。
新八と土方のベンチでの会話、長谷川さんの「ダンボールの神様」が気になって、ほとんど聞こえなかったり。(;^_^;)

やっぱいいよ。


ダンボールの神様


上手いわ~。立木さん。


まぁ、二年後神楽がバカイザーを膝枕する所を飛ばされたのはもったいなかったですが。


ホント、本誌連載時も思ったんだけど、「成長しないのが銀さんなんじゃなかったっけ?」ってのが、最後揺るぎなく銀さんだけイボに取り憑かれていなくて安心しましたねー。
ホント、揺るぎないわ。


コレも、前に感想書いているから雑談程度で。

銀魂203話「夏休み明けも皆けっこう大人に見える」






………………ぶっ。

銀しばの新作が出来てる。(笑)
2013-04-08(Mon)

銀魂 第四百四十訓 愛しさと切なさと男らしさと女らしさと

さて。

銀さん達がバカやっている間に、九ちゃんたちも地道にカメラをハッキングしていたそうですが。
いかんせん、数が多い。



…………って、近藤さん。何ノリノリ。(~_~;



なーんてやっていたと思ったら。銀さん。



もう済んだ



って。





(~_~;




さっちゃんんんんんんんんんんんんん!!!!!



いや、本来こういう外見は好みのタイプですけどね?
中身がさっちゃんだと思うと食指が動かないなぁー。

やっぱ見た目より中身だわ。私は。

と言う事で、銀魂ではサブちゃんがタイプです。←カンケイ無い。



まぁともかく。



監視カメラは全て処理済みだそうです。



月雄ツッキーと百華が。




………………





あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛








ツッキーがぁ!



ツッキーがあんなんなっちゃったぁー!!





返せー!


戻せーーーーー!!!



男勝りな所に隠れる乙女心がカワイイんじゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!




モノホンの男になっちゃったらカワイクもなんともないぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!




………………あぁぁぁぁぁぁぁぁ、なんか別の漫画が始まってしまったよ。(~_~;



カワイイ九ちゃんを返せぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ




銀さんは呆れているというか。


………………土方………………



ミツバさんが草葉の陰で泣いているぞ………………



と言うわけで、一網打尽にしてしまったそうですが。



………………何?
忍者講習?


さっちゃん。アナタ月詠ツッキーをそんな事に誘うような関係になってたの?


なんかワケわかんない関係だなぁ。この二人も。



それはそうと、さっちゃん………………



女でアレやったらただの変態だけど、男でソレやったら犯罪者………………





つか、月詠。



なんか性格変わってない?



本当に月詠?



見かけが全然変わっている近藤さんみたいな例もある事だし、実は全然別人とか言うこと無い?






流石お妙さん。


他人事ひとごと



(~_~;



なーんてアホやってるのはほっといて、



大司教がいない?



と言うわけで、通信。



大司教は九ちゃん達の男らしさと、銀さん達のメス豚かげんに満足して、かぶき町の人たちを元に戻してくれると。




…………九ちゃん達を除いて。






…………………………………………





なんかワケわからんなぁー。




デコボッコ教。




何をしたい宗教なのか。




中身に見かけを合わせたかったの?


それって表面しか見ていなくない?



銀魂の男達は、ダメなところも沢山あるけれど、誰よりもオトコマエで。


銀魂の女達は男勝りな所はあれど、誰よりも女らしくて。



その、本質を見ていないでしょう?大司教。





まぁ、これから大司教を追いかけることになるとは思うけど。



さぁ、九ちゃん。




殻を破れ!!




まぁね、見ているのがしんどい展開は、BLEACHで鍛えられてますからね。
まだまだ我慢我慢。








オマケ。



なんとなく、新八とお妙さんの性別が逆転していないの、怪しいなぁ。


もしかして、胸が無いのを良いことに、新八もお妙さんもちゃんと性別逆転していたりして?
2013-04-08(Mon)

BLEACH 532. Everything But the Rain op.5 "The White Noise"

あーーーーーーー、藍染様………………


喜助さんの外套パクったぁ~。



喜助さん出ないかな、早く出ないかな。




それはともかく、霊圧だけじゃなくて、姿も見えないように鬼道で細工しているのね。



そりゃ斬られもするよねぇ。一心パパ。




でもちゃんと、斬ったのは虚ではなく死神だと気付きましたね。



藍染様、そうか。何で斬ったのかと思ったら、一心パパの卍解を封じるためか。



ふーん。一心パパの卍解は、一護の卍解とは随分違うみたいね。
始解も一護とは違って、炎熱系っぽかったしね。


それにしちゃ、卍解のまだ先の、一護の無月に該当する技のことは体験済みみたいだったよね。


この最終奥義(笑)みたいのは、遺伝的な物でなく死神誰でも持っているのかな?



まぁ、考えるのはそれくらいにして。



今回の虚。



やはり藍染様の実験体で、はじめて死神の魂魄を元に創り上げた試作品。



ホワイト




だそうです。






一方一心パパはと言いますと。

傷のせいで苦戦中です。


へぇ。


血を使って炎を出すのは鬼道なのかな?



それを見る真咲ママ。



実戦は初めてなのかな。


覚悟を決めているように見えるな。



一心パパが押されている戦いの中、打ち込まれた一本の矢。




この藍染様の楽しそうな顔!!




いや、もう、藍染様相手だと、ご尊顔とか言いたくなっちゃうよね。




真咲ママの思い切りの良さったら!




藍染様、せっかく造った実験体を犠牲にしても、面白いものが見れたとお喜びなんじゃないかな。





あー、ホント、最近のBLEACHは毎回本誌を読むたびに、早く次週が読みたくて仕方がありません。


幸せだなぁ。
2013-04-05(Fri)

よりぬき銀魂さん 「春休み明けは皆ちょっと大人に見える」(銀魂202話)

今日からBSでのより抜きですね。

OP EDの情報が流れて来ないなぁと思ったら、OPはサクラミツツキでしたね。


本編は二年後編で。


うん、本放送で見た時は、気分がフワフワしちゃって落ち着いて見れなかったんだけど、2年経ってやっと落ち着いて見れるようになりましたね。

本放送で見た時は、



九ちゃんをもっと可愛く!!


とか贅沢な事考えてましたけど、今見てみると充分カワイイわ。


ただ、イボ春の声は無理に高橋さん使わないで、オッサン声の男性声優さん使った方が良かったなぁ。


そして、何より



近藤さんとお妙さんの幸せそうな新婚夫婦に癒やされる!!!




まぁ、ちゃんとした(?)感想は前に書いてあるからそっち読んでいただくとして。


銀魂202話「春休み明けは皆ちょっと大人に見える」


あ~、EDはサムライハートだ。


あれ?歌詞が?


放送の時と違うよね。二番?



て言うか、SPYAIRさんの曲でOP ED揃えているって言うことは、やっぱ主題歌SPYAIRさんかな。


良いんじゃないかな?サクラミツツキよかったし。



もう少しして、主題歌情報が発表になったら主題歌をOP EDにして制作状況を流してくれるのかな?


楽しみだな。



…………今日は映画の宣伝は普通のCMだけだったけど。f^_^;

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
349位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A