2009-04-30(Thu)

吉原炎上編一気読み

これね、本誌連載中が丁度BLEACHで過去編やってた時期だったんじゃなかったっけ?
だから、飛び飛びでジャンプ買ってたから飛び飛びで読んであったのよね。
で、『結構良いかも?』とは思ってたんだけど。
一気に読むとやっぱりイイわ。
シリアスな話なんだけど、重くなりすぎないように所々に笑いが入っていて。

なにより只今本誌活躍中の、ツッキーの初舞台だしね。

読み直してみて、あ、銀さんが月詠にホレるにはまだ弱いかな?と、ついこの前まで思ってたけど、吉原炎上編の絡みでホレるまでは行かなくとも
『ちょっとイイかも』
くらいの好意は持ってるかもね、と、思った。

ある意味、月詠姉って空知さんの好みだよね。
『頭がいい女』
って、どこかに書いてあったでしょ。空知さんの好み。
月詠姉、結構頭イイでしょ?少なくともバカじゃない。

あと、銀さんのこと名前で呼ぶ数少ないキャラだよね。
『銀時』って名前で呼び捨てって、月詠姉さんの他はお登勢さんだけじゃなかったっけ?
名前呼び捨てって、なんか、特別な感じがする。お登勢さんの呼び方は、なんか息子を呼んでるような感じだよね。
それに対し、月詠姉さんに名前で呼ばれると、なんか、テレない?
あ、そう言えば、描かれている場面の中では銀さん名乗ってないぞ?いつの間に名前教えてたんだ?


只今絶賛銀月祭りのため月詠姉の事ばっかりになっちゃったけど。
でもとっても大事な神威登場でもあるんだよね。
すんごい個性的なキャラクターだ。
あの、笑顔を全く崩さずに素手で人を殺すっていう、怖さ。
あの笑顔、怖いよぉ。
これから神威がどう動くのかものすごく楽しみだし、空知さんがどれだけ神威を動かせるのかも楽しみ。

神威の事だけじゃなくてさ、松陽先生もどれだけ描けるか今後楽しみだし不安でもある。ものすごく難しい内容だから。これこそ本当に、描き手の人間性で左右される問題。

神楽も暴走したしね。
多分、もう、この先神楽暴走は使わないと思う。
今後は暴走しなくても神楽が本来のチカラを出せるようになること。それが課題だよね。
それと、神楽で気になることがもう一つ。
作中やたら『絶滅寸前の夜兎』みたいなこと言ってるんだよね。
絶滅寸前の種族の女の子って、別の意味で危険をはらんでいる。

種族を残すためにさらわれるという危険が。

まぁね、少年誌だからそんな事になってもさらわれるまでで、それ以上の危害は加えられないと思うけど。
ただ神威は今回
『女は強い子供を産むかもしれないから』
『子供は強くなるかもしれないから』
って思考回路していたから、神威だったら強者を求めるために神楽に夜兎の子供を産ませようと考えるかもしれない。
なにしろ神威だから。
怖いよぉ。






それにしても、なんだかんだで鳳仙倒しちゃった銀さん。
本人『袋だたき』だの『悪徳商法』だの言ってるけど、銀さんじゃなきゃ倒せなかったのも事実。
そして、神威は恐らく鳳仙より手強いはず。
神威戦、どう戦うか。
神威戦は、負けられないだけじゃない。神楽の気持ちも考えなきゃならない。
でも、それ考えていたら瞬殺される。
難しいです。とっても難しい。
空知さんがどう動くか。楽しみな所であります。
スポンサーサイト
2009-04-30(Thu)

空知んたまは反則だよなぁ~

朝っぱらから銀魂24巻まで読んじゃってました。

文通編は、まぁ、新八は良いんですけど、沖田には引いてしまいました。沖神派としては。ちょっとツライ。
まぁねー、だから神楽出てないっちゃ出てないんだろうけど。


それより、反則ってのは、星喰編。
あれさー、あれだけふざけた内容で、最後泣かすって、反則ーーーーーー!!
すいませんね、簡単に泣いちゃって。
こういう人情物、すぐ泣いちゃうんだよぉ。

こうやって泣ける話があるから銀魂読んでる、ってのも、ある。
基本、漫画でも小説でも読んで泣くのが好き。


ここまで読んだら次はやっとお待ちかねの吉原炎上編だ~い。

子供はやっと学校に行った。
さっさと家事終わらせて読もう。
2009-04-29(Wed)

スタンド旅館編

昨日DVDで見て、今日単行本読みました。

お化け物ね………(;^_^;)
これは、私の好みとはイマイチ合いませんでしたけど。
でもまぁギャグやってるよりシリアスの方が好きな事は好きです。


で、先にDVDの方にあった、女将の『のろけ』話題の時の、あれ、原作の方にはなかったのね。(;^_^;)
あの、アニメの方ののろける対象がいなくて涙流す銀さん見て、
「大丈夫だ!銀さんののろける対象はこれから出会うんだ!」
と、思ってしまったよ。(;^_^A
まじめに~、銀月くっついてくれんかな。いや、少年漫画だからあんましスゴイ事は出来ないだろうけど。
つーか、台詞で書いてしまうとストレートすぎるから、空かなんか映しながらそれとなく匂わせる台詞を入れる、ってのが好きだな。あ、月詠だから月の絵でも描いておこう。うん。>勝手に決めるな。


あー、今週の台詞をアニメでやる時、声優さん『俺の女』とか口走って取り直しになればいい。で、DVDのおまけにつければいい。

あー、話題がそれたそれ。


とりあえず、銀さんは幽霊にもモテると言うことで。


いつもいつも死線をくぐり抜けている銀さんだけど、レイちゃんに成仏させてもらうようなこと、無いようにね。
2009-04-29(Wed)

BLEACH 第217話「美しき小悪魔シャルロッテ」

出ました。
シャルロッテちゃん。f^_^;

あはははは、先週と打って変わって絵が手抜き。
まぁねー、シャルロッテちゃんじゃねー。
予算も下りないよねー。(;^_^;)

でもさ、弓親の
「ありがとう」
からは良いんだから、そこは綺麗に行って欲しかったんだけど。しゃーないかー。後は役者さんの演技でカバーしてもらって。


役者さんの演技と言えば、シャルロッテ役の声優さんスゴイ。
あの、長ったらしい技名を、何回も早口で叫んでる!
さすが本職。おみそれしました。



そして、何故か本編より絵が綺麗な『死神代行業務日記』。(;^_^;)
2009-04-28(Tue)

仕事しながら何考えてるんだか

…なんだけどね、最近仕事がそんなに忙しくなくて、流れで動けるから余計な事考えてる。

でさ、今日も体動かしながらアタマで考えてたんだけど、なんでこんなに銀月にハマったのかなぁ、って。
わかった。
銀月って、喜夜に通ずる所があるんだ。

大人の男女。
なおかつ隣に立てる、と言うか、背中を任せられる対等の関係、と言うか。

考えてみて、わかった。
私は共闘出来るカプが好きなんだ。
護られるだけでなく、相手と対等に立てる女性が好きなんだ。
沖神もそうでしょ?

…正確には、男の方が若干優位なくらいが丁度良い。
ただし、沖神は神楽の方が強そうだ。(;^_^;)夜兎だし。(;^_^A

銀月って、喜夜より若干若目のカプだと。精神的に。(いや、死神は生きてる時間、比較出来ないし)
銀さんはたまにキレるけど、喜助さんはキレないもんね。大人だよ。
あと、月詠さんは吉原に売られていたけど絶対バー○ンでしょう。
客を取らされる前に百華に入ってるでしょ?あの回想の年齢では。
恋愛関係絶対初心。それに対して夜一さんは色気で迫りそうだ。で、喜助さんは平然としていそうだ。


それにしてもこの、先が気になる状態で2週間待たせるとは。
うーーーー、うーーーーー、うーーーーー、
赤マルとキャラブック、買ってしまいそうだ。
2009-04-27(Mon)

苦戦中

護廷十三隊、ヤバイですね。
…ってか、ヤバイのはそいふぉんとシロちゃんですが。
京楽さんは押されているように見えて、実はまだ始解もしてないもんね。まだ余裕。
シロちゃんは隊長の中でもあまり強い方ではないと思ってましたけど、そいふぉんもそんなに強くないのか。
今後の戦術としては、シロちゃんとそいふぉんは交代がよろしいのではないかと。
まだ子守をしているうっきーと、見学している狛わんがいるからね。
仮面の軍勢や、喜助さん・夜一さんも出てきて欲しいけど、もう少し死神達頑張らないとね。喜助さん出てきて欲しいけどさっ。

で、ハリベルさまの解放。
シロちゃんの言う通り、見た目はあまり変わってませんね。
能力は上がってるようですが。

ほんと、これ、シロちゃんやばいって。
そろそろうっきーと交代しよう。
そいふぉんは狛わんと交代しよう。
無理矢理勝たせるのも白々しくなるから嫌。
負ける時は負けるのも、大切だよ。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
274位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A