2017-08-06(Sun)

銀魂 第六百四十五訓 ガラじゃない事をすると ガラじゃない事が起こる

吹き飛ばされた、また子。
危険なだけで、それほど傷は酷くないのかな。


あ、えんしょうくんに移った。

まだ諦めていないえんしょうくん。

あ。バルカスくん。

そうだなぁ。

えんしょうくんを止めるのは、バルカスくんの、役目かなぁ。


あ、でも今はまだ、時じゃないのか。


お。それでもまだえんしょうくんに、船員達を逃がす心は残っていたのか。

そして、諦めないのは桂や辰馬も同じ。


でも、憎しみじゃ、勝てないんだよなぁ。


あー、また子。


桂も辰馬も力を振り絞るけれど。



お。



憎しみ以外の力。



そうだねぇ。


憎しみだけじゃ、勝てないねぇ。


愛することを、忘れちゃいけない。




ん?



お。



武市ヘンタイだ。



そうか。助けが入ったのか。



よかった。三凶星も無事だったのか。


ショウカクが武市ヘンタイと高杉を助けたのか。


じゃあバトウが万斉を助けてくれているよね?いるよね?



誰かが助けてくれなくちゃ鬼兵隊は助からないと思っていたけど、三凶星が助けてくれた。良かった。




一人ではなくみんなで戦うことが、鬼兵隊のメンバーも他人の力を借りることが出来るようになっていたことが、嬉しいなぁ。
スポンサーサイト
2017-07-30(Sun)

銀魂 第六百四十四訓 火で火は燃やせない

ヒノカグツチに突っ込む高杉か。


また子は何を見る?


そして、高杉がヒノカグツチを止めたことを知ったのは、桂に辰馬。


喜々くんはどんな役割があるんだろう。


人には全て、何かの役割がある。


喜々くんには何が?




それはともかく。


辰馬?


あぁ。辰馬まで。



辰馬まで闇に飲まれた?


しょうえんくんを護ったのが奥さんのペンダントだというのはベタだけれど、納得出来ることで。




陸奥ちゃん!


だ、大丈夫だ。陸奥ちゃんは夜兎だ。死なない!でも痛い。


飛び出す桂にエリー?



あーっ!エリー!


だ、大丈夫だ。エリーも何か仕掛けてるからっ!絶対!



そして、憎しみが憎しみを呼んで膨らみ上がっていく憎しみ。



止めなきゃ。



誰か止めなきゃ。




誰が止めるの?



銀さんはここにいない。



誰が止めるの?
2017-07-23(Sun)

銀魂 第六百四十三訓 血と涙

振り返らないまま走り続ける高杉か……

ショックだなぁ。

今までの銀さんの周りと違いすぎて。


銀さんは、すべてを護ろうとしていた。

でも、高杉は……何だろう。


手が届くなら、銀さんは鬼兵隊でさえ救おうとするだろう。

でも、宇宙は銀さんの剣は届かない?


届かないのかなぁ。


誰かが銀さんの剣となって、助けてくれないのかなぁ。


そして、ヒノカグツチに飛び込む高杉か。




万斉と武市が命をかけて掴んだ十五分。


えんしょうくんの元へたどり着いたのは辰馬。

桂はどこで戦っている?


そして、高杉。



そうなのかなぁ。


高杉は自分自身を剣として、ヒノカグツチに挑むのか。


決して死にに行くのではなく、生き尽くすのか?高杉は。


銀さんとは違いすぎて、ショックだなぁ。


続きを読む

2017-07-15(Sat)

前回の銀魂感想!

感想書くまもなく発売日になってしまってまだ書けないので一言だけ言わせて!

覚悟を決めちゃったのかなぁ。
武市変態も、万斉も。


助けられないのかなぁ。


ここで、助けることが出来ないのが、『すべてをぶっ壊す』高杉だったからなのかなぁ。

ここでも助けるのが、臆病なほどにすべてを護ろうとする銀さんなのかもなぁ。


とかふと考えた。


次の号読んだ後でも書けることがあったら追記する。
2017-07-10(Mon)

銀魂 第六百四十一訓 英雄は人に作られるもの

まだ続きますよ。鬼兵隊祭りは。


さて。


心を決めた武市変態ですが。


どうなのかなぁ。


死ぬかも知れないとは思っているけれど、死ぬとまで思っているかなぁ。武市変態は。


銀魂のキャラクターの良いところは、死ぬかも知れないと思ってはいても、生きることを諦めないところなんだよなぁ。


そして、万斉も。


ボロボロになりながら戦うけれど。



生き残れるとはとても思えないけれど、でも、生きるために戦う。



なんか、銀魂のキャラクターみんなと同じだよなぁ。よかった。


ただ、心配なのは状況が状況だからなぁ。


安易に生き延びても説得力がないんだよなぁ。


誰が、助けに来るのか。


武市変態も万斉も、自分たちだけで生き延びられるとは思えないんだよなぁ。


誰か、助けに入れる人!


辰馬と桂に期待……出来るかなぁ。
2017-07-10(Mon)

銀魂 第四十訓 おもしろきこともなき世をおもしろく

鬼兵隊祭りですねぇ。

あー、にぞうだ。←未だにえーとっく辞書更新してない。

あー、爆発の中進む高杉達かぁ。

転んだまた子に振り向く高杉に、それを許さない万斉。

また子は俺が助けるから、お前は前に進め、って事なんだよな。

でも、そのために負傷した万斉だけれど。



誰の屍を踏み台にしようと



かぁ。



あぁ、そう来たか。


だがお前 まだ生きてるじゃねェか



あ、なんかこれはしっくり来た。


この台詞を絞り出すために、空知んはまた一つの産みの苦しみを乗り越えたんだろうなぁ。


なんか、ここの高杉の台詞は心にしっくり落ちてきたなぁ。

やっと高杉が少し、見えた気がする。



そして、武市変態。


ヒノカグツチが発射を早めようとしている。


何かを考えている武市変態?


高杉は?




鬼兵隊は ここにいる


何となく、見えた気がするなぁ。

高杉にも護りたいものはあった。




お?

武市変態の過去が来た?


ふぅーん。


意外に普通っぽいスカウト理由だったな。


まぁね、重たいのはサブちゃんでやっちゃったからね。


そして、心を決めた武市変態か。



確かにらしくないけどさ。

でも、ある意味らしいのかも知れないなぁ。
2017-06-25(Sun)

銀魂 第六百三十九訓 天国より地獄の方が近場

ふっと銀さんのセリフが頭をよぎった。


地獄でも座敷でもつき合うよ


まぁそれは置いておいて。



宇宙の上の皆さん。
アルタナの暴走に驚いていますけど。

そうだよねー。焦るよねー。

あ、取り敢えず武知変態冷静な分析。f^_^;



あー、らしくない、か。

まぁ、らしくないんだけどまた子ちゃんからしたら変態よりはいいよねぇー。

まぁ、高杉もらしくないっちゃらしくないよねー。

うん。らしくないから未だに私は高杉が掴めないでいます。


で?


あ、三凶星。

つか、パソコン変えて辞書の引き継ぎまだしてないから今までの単語登録してある名前出てこないよ。


とりあえず。三凶星は一人やられて二人になったんじゃなかったっけ?と、思っていたら、ハンカイ拉致されてたの。(^^;)←だから漢字登録消えてるって。

ショウカクとバトウはやけに乗り気ですねぇ。←こっちも漢字登録消えてるって。

て?



あぁーーーーーーーーーー



大丈夫かなぁ。


ヤバイかなぁ。


この二人のことだから、要領よく生き延びているかもしれないんだけど、話ももう終盤に入ってきているからなぁ。運悪くお亡くなりって可能性もあるよなぁ。心配だなぁ。


なんてやっていたら鬼兵隊までピンチですよ。


あぁー、えんしょうくんも救わなきゃならないキャラなんだけどなぁー。←はい、漢字登録消えてます。

えんしょうくんを救うためにはまだまだ超えなきゃならない壁は多そうだ。



続きを読む

2017-06-15(Thu)

銀魂 第六百三十八訓 健康な歯は歯型もキレイ

あぁー。来ましたね。アルタナの暴走。

近藤さんーーーーーは、多分大丈夫だろうと思っていますけど。



あぁー、みんな呆然としているけど。そりゃそうだ。自然災害と同じだもんね。手が出せないよね。
ただ、これは虚による人為的な物だけどね。


そして多分、一番驚いているであろう圓翔皇子。

天導衆はすでにいない。

本当の敵に気付き始めた。


けれど。





虚が話す、アルタナ、龍穴、門。

あぁ、そうか。ナノマシンウイルスも届かない地中奥深く。虚がアルタナを操っている。



一緒に仲良く 死ぬためです



何だろう。

虚は、全宇宙を楯にとって自分を殺してくれるように迫っているのだけれど、私には「助けてくれ」と言っているように見える。


それでも止まれない圓翔皇子。


止まれないんだなぁ。


圓翔くんを止めてあげるのは誰の役目だ?

銀さんに止めて欲しかったんだけどな。それか、同じように家族を奪われ一人になった源外さんか。

これは、宇宙組の誰かの仕事になるのかな。



そして、それでも諦めない諦めの悪さが銀さんで。






あ、定春。やっと出た。

そうか。そよちゃんと一緒にいたのね。


とっつぁんも自分に何が出来るのかわからない。


そう。定春に出来ること。


定春にしかできないこと。




アルタナを止めるのは定春の役目。


阿音・百音の出番もあるかな?
2017-06-15(Thu)

銀魂 第六百三十七訓 フラグのバラまきすぎにご用心

取り敢えずじーちゃん倒れましたね。

さぁ、メデタク神威も銀さん色に染まってきましたよ♪


その目が見据えるのは 目前の敵でも 隣の兄妹でもない


うん。そうだよねぇ。神楽ちゃん。

ローティーンのお嬢さんにとってはそんなもの汚らわしいだけだよねぇ。
普段下ネタばんばん飛ばしていたってそれは別物だよねぇ。


お。阿伏兎。真面目真面目。

と、思ったら神威がまたバカやり出した~(笑)


あ、銀さん追いついた。

あはははは。沖田。口説かれたねぇ。

まぁ、空知んもノッて来たな。


土方。真中は知らないけど大体察した。

神楽ちゃん。兄貴がそう言う方向におちゃらけた事言うのは気分が悪いのね。(笑)

取り敢えず。


神威は我慢して待つと言うことを覚えましたか。(笑)


あはははは、阿伏兎。お疲れ様。



ん?



あーーーーーーー。



ここで来たのか。奈落。虚。


色々喋ってますが。

重要なことは。



とっておいたんですよ


君達のために



あぁ、虚は何もったいぶってるのかと思っていたら、眺めて楽しみながら時を待っていたのか。


でも、楽しんでいるように見せながら、本当は助けを求めていたのかも知れないなぁ。


取り敢えず。定春。出番だ。
2017-06-03(Sat)

銀魂 第六百三十六訓 気功じゃなくてもあそこは硬くなる

さぁ反撃だ。


あー、じーちゃんウザいな。

まぁ、それが今まで勝ち残ってきた経験なんだけどさ。

と。



あはははは、神楽ちゃんかわいい。


わはははは、神威。(;^_^;)


あー、フツーに兄弟喧嘩はじめたぁ。


あはははは、阿伏兎、苦労するねぇ。



まぁ、総悟との喧嘩とはまたひと味違った喧嘩で。(;^_^;)


ま、取り敢えずじーちゃんは兄妹喧嘩するための道具だよな。



これ、総悟が加わったらどういう喧嘩になるんだ?


それはそれで見てみたいよな。



まぁとりあえず、下ネタを入れないと気が済まない空知んですからね。



最近は戦いも重くないですよねー。

私は重い戦いの方が好きですけどね。


かぶき町の仲間と戦っている間は重くならないのかなー。




ま、もうしばらく待とうか。
2017-05-23(Tue)

銀魂 第六百三十五訓 良く言えばヴィンテージ 悪く言えばゴミ

おぉ。

神威。


さぁ。どう出るか。


てか、阿伏兎。


大変だねぇ。(;^_^;)



でもねぇ。


阿伏兎はもともと神楽ちゃんの事は気に入ってたものねぇ。


よかったねぇ。


回り回って



同胞


と、呼べる立場に立てて。


ん?


あぁ。


春雨としての建前か。


俺達はその逆をゆく


でもまぁ、建前は建前で置いておいて、馬董も猩覚も、ただ面白そう、ていうそれが純粋な動機なんだろうな。


そして、神威の本音の部分。


あぁ。


負けないために。



何度負けても立ちあがり続ける限り 負けはない




あぁ。


勝つために、ここに来た。



それが、神威の本音の部分。


これは、しっくり来るなぁ。


で、長老の方に話が戻るのね。


ん?


本当に長老だな。鳳仙よりもまだ年寄りか。


ほぉ。



そうか。



夜兎も、純血ばかりじゃないのか。


ハーフやクォーター、血が薄まってきているのね。



そして、純血を守り続けてきたという長老。


でも。



あぁ。



そうだね。



江華も本当に、純粋な夜兎だった。


そして、多分、星海坊主も純血か、純血に近かったんだろうなぁ。



だから、血、では負けない。



競うとしたら、年寄りの経験vs若者の勢い、かなぁ。
2017-05-15(Mon)

銀魂 第六百三十四訓 兎は月夜に高く跳ぶ

お?

夜兎が何やっているかと思ったら、まだ源外さんと一緒にいたのか。


ん?


ケースの中は?




それはともかく。


あ、鬼兵隊。


まぁ、高杉は好きに暴れさせておくとして。


ん?


援軍?



あー、高杉のツテっていったら彼しかいないけどさぁー。


来るの?


まぁ、面白そうな喧嘩があるって言えば、ほいほい出てきそうな気もするけどアテにはならないわな。



と言う事で、火之迦具土神には取り付いたみたいですけどね。
まぁ、取り付くだけ取り付いちゃえば後は時間の問題っぽいですが。


で、地球の方では銀さん達が雑魚に辟易していますが。


神楽ちゃん?



なんか、一人で飛び出して行っちゃいましたが?


あー、本能、か。


それはともかく、総悟は後を追いそうな気がするな。


って所に何か落ちてきた?


って、源外さんの説明の間に落ちてきた船の方が絵で流れてた~。


それはともかく、源外さんの説明説明。


あれ?


ウイルスのワクチン出来てるの?


何となく、ワクチンまだ出来ていないような気がしていたんだけどな。


ん?



あらららら。




あ、源外さん騙されてた?



と、思ったらそんな一筋縄で行くようなジジイでもなかったね。源外さん。



あ、神楽ちゃん間に合った。


あー、源外さん頑張ったけど、夜兎にはそれほどダメージ与えられなかったねぇ。


神楽ちゃんも頑張っているけど何しろ数が多い。



ん?



あーーーーーーーー。




こっち来たか。



バカ兄貴神威



続きを読む

2017-05-10(Wed)

銀魂 第六百三十三訓 遊び人と賢者は紙一重

あぁー、昔のゲームはもうかなり忘れてるなぁー。


まぁともかく。


昔のバカ話し雑談かぁ。

遊び人はドラクエだったか?
まぁドラクエもやったけど、FFだったからな。私はどちらかというと。



勝てば官軍


かぁ。


でもさぁ、あの時の銀さん達が目指していたのは、松陽先生を助ける事だったんだよねぇ。


そして、今の戦いはそれ以上に、勝って官軍にならないと生き残れないほどの戦いになっちゃったんだよなぁー。



まぁ桂はああ言ってますけどね。どんなきかん坊でも勝ってしまえばなるのが官軍でね。

その後どうするか、でね。


銀さんも高杉も、勝ってもその後放り出しそうだよね。

桂は、責任取って政治の世界に入りそうだよね。積極的にではなく、放っておけずに。

史実桂も政治家になってるしね。


で、高杉高杉。


なんか随分すっきりしちゃったみたいですけど。


やっぱり高杉って理解が出来ないキャラクターだなぁ。


どっかにとっかかれる所が有ればいいんだけどな。


虚を終わらせる。


それが目的なのは見えるんだけどな。



そしして、喜々くん。


あぁ、ちゃんと成長しているなぁ。喜々くん。


スタート地点が低い分、成長がめざましいぞ。←ひでぇ。(;^_^;)



そうだねぇ。


喜々くんは、自分が攘夷四天王達をおさめるには足りない器であるのはちゃんと見えている。


だからこそ、共に賊軍になる道を選べるくらいに成長したんだなぁ。

続きを読む

2017-05-03(Wed)

銀魂 第六百三十二訓 悪事をはたらきながら 善事をはたらくいきもの

ほぉー。
今回は、鬼兵隊の過去バナですか。

あー、またちゃん。

そうかー。

親の敵かぁ。


うん。この時代にはよくあった事なんだろうなぁ。


と言う事で、帰ってきた高杉ね。


ふぅーん。


そうかー。


自分が壊そうとしている物を、他人が壊そうとしているのが気にくわない、か。




ん?

こっちの過去は?


お。グラサンのない万斉。貴重。


ふぅーん。これが高杉と万斉の出会いね。



と言う事で、ここであの牢の会話につながるのか。


で、武市ヘンタイね。


ふぅーん。


既にスカウト済みだったのか。



意外にフツーだったな。武市ヘンタイ。


実は、生まれたばかりの我が子を殺されたりしていたのかなぁーとか思っていたけど、それはサブちゃんだったからな。


と言う事で、この鬼兵隊重要メンバーの出会いでしたが。



意外にフツーだったな。



あまりにフツー過ぎて、高杉の気持ちが読めないなぁ。



読み込んでかみ砕いて行けば、理解できるようになるかなぁ。



取りあえず、もうしばらく様子見。
2017-04-23(Sun)

銀魂 第六百三十一訓 諦めが肝心

はい、源外さんから入りましたね。

ほぉ。


そう来ましたか。


夜明けまでにこの国を落とす、か。

地球人と手を組む、って手もあるんだけどね。その手は使わないのか。


それを眺めているのは虚。か。





宇宙では。


お。ハタバカ皇子。到着したか。



ん?


なんか、相変わらず馬鹿やっているけど桂がいない?


あぁ。

ハタ皇子達は囮で、桂達が本隊ね。

それをただ眺める圓翔皇子。


圓翔くんもなぁ。


救わなくちゃいけない一人なんだけどな。


どうやって救うかの前に、火之迦具土神を何とかしなくちゃなぁ。


で、とっつぁんが馬鹿な事言っているようですが、馬鹿な事言っているようで実は、大事な事言ってるんじゃないですか?


源外助け出せ



で?



あーーーーーーー



来ましたね。


高杉。


位置関係がよく解らないんですけど、最終的に三人合流したのか?


まぁ、とにかく。話が進みそうな月曜日を前にして、なんとかため込んだ分片付けましたよ~。


次からは極端にため込まない予定です。
2017-04-23(Sun)

銀魂 第六百三十訓 武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり

あ、そよちゃんと喜々くんからだ。

あぁ、そよちゃんは強い。

でも、喜々くんはまだまだこれからなんだよな。


そして、辰馬による現状の説明。

あはははは、エリザベス、まだ憑依されてる。(;^_^;)


そして、全軍に知らされる


火之迦具土神ヒノカグツチ


発射まであと六時間。



それには流石に解放軍の兵士達も驚きますが。


それでも止まれない圓翔皇子。



源外さんも解ったよね。圓翔くんが狂っている事に。

でも、源外さんも理解は出来るよね。同じように、大事な家族息子を奪われてもがいていた時期があるから。

だから、落ち着いたらゆっくり話し合わせたいなぁ。


源外さんと圓翔くんと。



でも、落ち着くのはまだまだ先の事のようで。


今度は辰馬のターンです。


六時間しかない、ではない。

六時間もある。と強がるのがコイツラで。


で、間にギャグ挟まないとやってられないのが空知んで。(;^_^;)



と?


あ、


喜々くん頑張った。

うん。

喜々くん、成長してるよな。ちゃんと。


頑張れ。

続きを読む

2017-04-23(Sun)

銀魂 第六百二十九訓 推理はロジックが大切

今月は超繁忙でバタバタしていたら感想三本もためてしまいましたよ。
明日はもう月曜日なのでサクッと軽くいっときます。


と言う事で、捕まっちゃった源外さんですが。
意外ですね。夜兎と言う割りに、ちゃんと考えてますね。

つか、神威が特別なのか?(;^_^;)

で?


あーーーーーーーー、被害に遭っているのは銀さんだけじゃないのね。
全蔵。ご愁傷様。
狂死郎さんも災難。(;^_^;)
あら。屁怒絽。外道丸と仲良くなったの?


それはともかく。


真面目に見張りをしているのは松平のとっつぁん。

あ、そよちゃんの側にはのぶたす。

そよちゃんものぶたすも、定春のもふもふの気持ちよさを知ってしまいましたね。ふふふふふ。



そだね。

のぶたすも後ろめたいよね。


でもさ、そよちゃんはちゃんと見ているよね。

のぶたすが自分を護ってくれた事。

そよちゃんは知っているよね。

のぶたすの素顔。


本当に、銀魂の女の子達はいいよなぁ。





と?


ん?



あ、無線機。


あ、喜々くん。


そうか。そよちゃんと喜々くんか。




お。解放軍の方も通信が回復したぞ?


で、土方さんが慌て出しましたよ。


お。いいこと言ってる。


人生にセープポイントなんてねェんだよ

一歩進むごとに傷つくダメージゾーンが広がってんのが人生だ



おぉ。

良い事いった。

で、良い事いわせとくだけで済まないのが空知んで、どーしても下ネタに走らないと気が済まないよね。

はいはい、近藤さん通常運転です。

あー、服部かい。

まぁ、ここまで来たらわやくちゃだわなぁ。


で、どーすんの。

ん?

神楽ちゃん?





と言う所で今度は源外さんと圓翔くんね。

まぁ、源外さんにも止め方が解らないってのは本当だろうから圓翔くんもそれは解っていただろうけど。

あぁー、持ち出してきましたよ。圓翔くん。物騒な物を。

続きを読む

2017-04-02(Sun)

銀魂 第六百二十八訓 ジャムの蓋が開かなくなった時は ゴム手袋でギュッと掴もう

あ、キャンプファイヤー状態。

で、何やっているかと思ったら作戦会議か。


ふぅん。



戦うか。


退くか。



ふぅん。



そういう風に考えるのか。それぞれ。


ていうかさ。



今日明日中は攻めてこないだろうって、何で思えるかなぁ。


夜兎軍団がまだ手つかずなのに。



まぁ、神楽ちゃんは相変わらずで、新八は…………………………まぁ、そうだね。難しい事は解らないよね。私も解らないわ。


て、銀さん。(;^_^;)


なんか、屁怒絽が被害に遭ってますけど。



ごめん。エヴァは見ていなかったから細かい事解らない。(;^_^;)


まぁ、取り敢えず銀さん。屁怒絽で遊ぶのやめてください。屁怒絽が可哀想~


つか、近藤さんのくだりが意味解らない~


何?

何かをパロってるの?


イミフ。




と。




お。





ギャグやっていると油断しているとポロっと出る本音。




強くなったな



って、ポロっと本音を出した所でまたギャグに戻る空知ん、シャイなんだから~。



どーでもいいけど土方さん。その言い方じゃ探してるのはアレの相手と思われても仕方ない。(;^_^;)


それはともかく土方さんが真面目な話をしているってのに、銀さんの方は災難続きで。(;^_^;)


で、それはともかく出ましたよ。夜兎軍団が。



まぁ、源外さんを捕まえたってのは、正しいやり方なんでしょうがほぉ。


夜兎軍団がそんな頭を使った事する。


へぇ。



夜兎ってのは脳筋軍団だと思っていたんだけどそうでもないの?


意外だったな。
2017-03-26(Sun)

銀魂 第六百二十七訓 平和と破滅は表裏一体

撤退していく解放軍に、わき上がるかぶき町のみんなだけれど?


銀さん?



あーーーーーーーー。



あはははははははは。




まぁ、屁怒絽の花がくっつくくっつかないで大騒ぎしていますけど。(;^_^;)


あれは銀さんの想像の世界なんじゃないかなー。

だって、あんなにあったかな家族のいる屁怒絽だもの。泣いた赤鬼のような、優しい鬼だと思ってる。屁怒絽も。


まぁ、屋上でそんな様子を眺めている夜兎のご一行様はこれから出番なんだろうけれど。



そして、夜になり一休みのかぶき町のみんな。


しみじみする大人年寄り達。安心するなぁ。


で、子供達の方は。

あはははは。新八。パンデモニウムさん来たよ。(^^ゞ


お。近藤さん。



……………………………



あはははは。シリアスなラブロマンスが描けない空知んで。f^_^;



まぁ、いつも通りの殴り愛が近妙のスタンダードという事で。



真選組にお庭番衆も揃って、みんな合流ですが。


さぁ。夜は夜で夜兎の世界ですよ。


もうすぐに始まるのかな。夜の戦い。



一般の町民の皆さんをこれ以上戦わせるのはしのびないなぁ。
2017-03-12(Sun)

銀魂 第六百二十六訓 ジャンプはインフレしてなんぼ

来ましたよ~。屁怒絽。


待ってましたよ~。



o(^-^)oワクワク



おぉ。



屁怒絽の頭の花にそんな意味を持たせましたか。



空知んの設定は、多分ほとんどが後からの思いつきなんだろうけど多分この花も後付だろうけど本当に上手く後付を話の中に融合させるよなぁ。


-俺は変わってなどいない


多分、それが本当なんだろうなぁ。


パラッパーヘヴンはほんのきっかけで、この、花を愛する優しい屁怒絽が本当の屁怒絽なんだろうなぁ。


踏み潰された花を見て、屁怒絽は怒っているんじゃない。悲しんでいるんだよなぁ。


と言う事で、ゲンコツですか。屁怒絽の。(;^_^;)


まぁ、桁が違いますけど。(;^_^;)


あはははは、銀さん前回までの勢い何処行った。(;^_^;)


と。


あ、来た。


外道丸。と、結野アナ。(;^_^;)


あぁ、外道丸相変わらず絶好調で何よりです。f^_^;


おぉ!清明と道満。


相変わらず仲良く喧嘩してますね。何よりです。


と言う事で。みんなの力で解放軍を追い払いましたが?



あはははは、簡単に事が済むわけもなく。



銀さん。やっちゃいましたねー。


と言う事で、屁怒絽の花、摘んじゃいました。(;^_^;)



あーあ、相変わらずシリアスが続かない空知んで。f^_^;



ま、私は将軍暗殺編やさらば真選組編くらいの重た~い話もイケますけどね。
つか、そのくらいが一番好きですけどね。
耐えきれない人も多いですからね。



と言う事で、屁怒絽の花が摘まれた所で空知ん取材で休載ですよ。


一週間余計に待たなきゃいけませんが、働きづめの空知ん、取り敢えずお休みもらえて良かったね。

空知んの健康のためなら一週間くらい余計に待ちますからリフレッシュして来てくださいね。




続きを読む

2017-03-04(Sat)

銀魂 第六百二十五訓 博打は儲けは考えず 遊びの範囲内で計画的に打ちましょう。

そうだねぇ。サブタイ。
パチンコ屋から集金集めていた父親も、パチンコ屋の経理やっていた目の前の席のお姉さんも「馬鹿らしくてパチンコなんて出来ない」って言ってたねぇ。


まぁそれはともかく。



ん?


あぁ、



おっちゃんが一本目の角を折られた時の話か。

そうか。引っかかっていたけどやっぱり関係してきたか。


イゴルの最高傑作


神の角




地球人に追い立てられる荼吉尼を眺めるおっちゃんだけれど。


あぁ、敏木斎のじーちゃんも、東城も戦っている。


神羅も逃げ出した。


月詠が追っている。





あぁ。そうだよね。


銀さん達は知っているよね。


目の前で戦果を上げても敵はまだ巨大だと。


本来、地上での戦いは時間稼ぎ。


決着を付けなければいけないのは宇宙の辰馬や桂。


だから、彼らが決着を付けるまで時間を稼がなくてはならないんだよね。



象の足を止めなければ。


今はまだ針一本だけれど、その針に毒を塗るのか。


だから、まだ戦う。



恐怖どく



を植え付けるため、か。


と?



お?



あぁ。



確かにとんでもない賭だ。


前衛部隊を追い立てた勢いで解放軍全軍を撤退させようだなんて。



ホント、銀さん凄い凶悪な顔して戦うよな。最高だわ。



いけるかも知れない。


そう思ってしまったら絶望が待っているのはお約束で。



解放軍に塗られた恐怖どくを、更なる恐怖で上塗りしたのは荼吉尼のおっちゃん。




ん?



あれ?




これは?







屁怒絽!!!!!!!!





待っていたよぉ。



やっと屁怒絽の出番だよぉ。






そうか。



そういう立ち位置にしたか。屁怒絽。



屁怒絽一家の銭湯回の会話で、屁怒絽は小さい頃から優しい子供のまま育ったのだと思っていたけれど、あれは親の贔屓目で、若者の頃は普通に荼吉尼の戦士だったのか。



屁怒絽が出ないまま進む戦闘の中で、屁怒絽はどういう登場のさせ方するだろうと考えていたけれど。
おっちゃんが肉親だったりするのかな、叔父さんだったりするのかな、とかいろいろ考えていたけれど。

そうか。屁怒絽自身が荼吉尼最強の戦士だったか。


だから、銀さんも、土方さんも、あんなに優しい屁怒絽に恐怖していたのか。
本能的に、ビビっていたのか。



とにかく、かぶき町での戦いが始まってからずっと待っていた屁怒絽がやっと出てきてくれて、嬉しい!



あぁ、よかったぁ。
2017-02-25(Sat)

銀魂 第六百二十四訓 指は足にもある

勝男、頑張りました。


気ぃつけや この街はちぃと治安が悪いからの


道端で居眠りしとったら スグに身ぐるみはがされてしまうで


すごいよなぁ。

次郎長がいると、戦いが凄みを増すよなぁ。


てか、銀さんがものすごく凶悪な顔になるよなぁ。(;^_^;)


オイオイ。少年ジャンプの主人公だろう。(笑)




燃えるわ。




で、シリアスに戦ってるだけじゃ終われないのが空知んで。


あはははは、勝男。ご愁傷様。


ぶっ。


回想必要~?


っと思ったら拒否られた。(爆笑)


ぶっ。


勝男。さんざんだね。


でも、それが。


辰五郎の夢見ていた未来だったんだなぁ。



こんな、絶体絶命の状況でも相変わらず馬鹿やっている、それを眺めていられるのがお登世さんの幸せだったんだなぁ。
2017-02-19(Sun)

銀魂 第六百二十三訓 昔の武勇伝は自分で話すと嫌われるので他人に話させろ

はい、本番始まりましたよ。

あ、眺めているお登世さんに行きましたね。


と、思ったらお登世さんの回想か。



おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。


お登世さんと次郎長と、辰五郎じゃないですか!


いいよなぁ。


一昔前の典型的な幼なじみ三人組じゃないですか。

あぁ、ベタだよなぁ。


そんなベタさがいいんだよなぁ。


てもさ、そんなベタな中でも一つ抜き出ているのは、結局誰を選ぶのかはお登世さんが決めるって事なんだよな。

形では、次郎長が身を引いた事になっているけれど、既にお登世さんは辰五郎を選んでいたのを知っていたんだよなぁ。次郎長。


辰五郎がいなくなっても。


お登世さんにとって、次郎長は悪友という名の親友だったんだろうなぁ。


そして、三人の護り続けてきたかぶき町に育っていった仲間達の絆。


辰羅が集団戦術ならかぶき町の仲間だって負けていない。

今までぶつかり合ってきた分手の内は読めていて、一緒に戦う時は連携が取れるんだなぁ。


と言う事で、勝男も役に立ってます。



あぁー、やっぱり回想は萌えるねぇ。どの作品でも。

次郎長と辰五郎はお登世さんを挟んで三角関係だったけれど、お登世さんと温泉の女将も辰五郎を挟んで三角関係だったよねぇ。

そんな、過去を乗り越えて現在があるんだよねぇ。


こういう深い話は楽しいなぁ。
2017-02-12(Sun)

銀魂 第六百二十二訓 年寄りのくれるお菓子は独特

おぉー。


かっけぇ。


かぶき町のみんなを助けて次郎長とぴら子が帰ってくるまでに4ページも使ってじっくりと描かれていて感動。


ホント、空知んはこういう緩急が上手いよね。

小さなコマ割りで台詞ぎゅうぎゅう詰めにする所と、大きな絵と少ない台詞で見せる所。

普段、ぎゅうぎゅう詰めのコマ割りだからこそ引き立つ大ゴマ。


お登世さんを取り囲む過去と現在もまた。



そして、次郎長。

おぉ。


そうだねぇ。

強いものねぇ。銀魂の女達は。


それでも、だからこそ男が男であるために。



死ぬまで男を吼え続けるのさァ



かっけぇよぉ!
次郎長!


銀さんも合流!



で、かっけぇままでいられないのが空知んで。


あはははは、次郎長メデタク親バカの仲間入りですね~


あぁ、ホッとするねぇ。馬鹿な親で。


親父は娘に甘いからねぇ。


蹴りたくなるからねぇ。←ウチの旦那も。


でも。






よく


もちこたえた


よく


戦った


よく


護った


よく




生きててくれた




あぁ、年寄りは、先に逝った者達を背負って生きているんだよなぁ。


空知んは本当に、今までのキャラクター一人一人に見せ場を作ってくれるよなぁ。
2017-02-01(Wed)

銀魂 第六百二十一訓 七の段に気をつけろ

あぁー、周年カラー表紙だぁー。巻頭カラーだー。

ほっとするなぁ。

一時、一年くらいカラー無かった事あったものね。

日常に戻ってきたんだなぁ。しみじみ。


とにかく本編感想ね。


荼吉尼王蓋が暴れている間に裏で暗躍していた神羅蒼達

まぁ、こっちはこっちで辰馬が暴れている裏で桂が暗躍していたりするからなぁ。ヒトの事言えないなぁ。

とにかく、女を人質にとって、ウイルス砲の開発者を出せと迫られますが、あっけなく出てきた源外さんとお登世さん。


確かにね、ぐだぐだやって女達に危害が加えられても困るわけだけれど。


お登世さん、かぶき町の仲間の説得にかかってますけど?


ん?


勝男?


何やっとる。(;^_^;)


いや、七の段はともかく68どっから出てきた。


つか、かけ算どころかSign Cosign Tangentくらい暗算で出来ないとねぇ。源外さん。私はSignCosignTangent怪しいけど。(;^_^;)


オイ。今度は狂死郎かい。

小銭形まで。


でも。



それが、仲間達みんなの覚悟。

かぶき町みんなの覚悟。


でも、そんな事に心を動かされるような神羅ではない。女達を突き落として。


慌てて助けに走る万事屋。


あぁ、お妙さんを助けに行くのはやっぱり新八なんだなぁ。


本当は、この場に近藤さんにいて欲しかったんだけどなぁ。



飛びかかる神羅に、迎え撃とうとする仲間達。


を、お登世さんが止めた?



足下の刀は。



そして、女達を、万事屋を受け止めたこの声は?



あぁ、帰ってきた。


ピラ子と。そして。


次郎長。




あぁ、かっけぇなぁ。ジジイ次郎長



本当に、空知んの描くジジイ達はかっけぇなぁ。
2017-02-01(Wed)

銀魂 第六百二十訓 遅くても早くてもいけない

未だに時間配分が上手く回せなくて二週分溜めてしまいましたよ。

とにかく感想です。


倒れたおっちゃん王蓋


折れた角。


荼吉尼の誇りだったよね。




吉原じゃ



早すぎる男も 遅すぎる男も



嫌われるぞ




あぁー、月詠だ。


月詠らしいなぁ。



で、余計な事言って怒られる銀さんもいつも通りで。


あ、回想。


日輪さん。



あぁ、のめりこんじゃって感想書けない。


あぁ、晴太、たくましくなった。


月詠の背中を押す日輪さんが……………………………



そして、九ちゃん。


九ちゃんも、解っているんだね。

月詠の気持ちが。


吉原で男と女をずっと見てきて、愚かな女にはなるまいと思っていたのに。


結局は自分も愚かな女だったと。


でも。


そんな月詠を見て



女に生まれたのも



そう悪くはなかったって



あぁ、九ちゃんも。


ほんの少し、ほんの少しずつ溶けてゆく。凍っていた心が。



ぶてぃっくにでも行くかという月詠に、九ちゃん。



いや ぱんけーき屋がいい



……………………………



九ちゃん!!


大丈夫だよね?


ちゃんと受け身取ってるよね?



とにかくまだ戦うおっちゃん王蓋


ん?


角を折る者が再び?


ちょっと引っかかるな。


何かキーになるのかな。



それはともかく。


荼吉尼が暴れている間にウイルス砲を押さえて女達を人質に取った神羅。


ウイルス砲を作った者を出せと言う要求に?


あ、お登世さんあっさりと。




ほぉ。




それはともかく、屁怒絽の出番は無いのかなぁ。
2017-01-22(Sun)

銀魂 第六百十九訓 鬼ごっこは鬼の足が速いほど盛りあがる

万事屋三人に続く九ちゃんの一撃。


それすらも角で防ぐおっちゃん。


その隙を突く銀さんに、新八に神楽。


それでもまだ意地を張るおっちゃんに、女達の丸太攻撃。



おっちゃん。



降りてこい


って言葉が出てくる時点で弱気になっているよ。

上位に立っていたらそんな事は言わないで自分から攻めに行くから。


九ちゃんに神楽に新八。



お前が女子供とののしった者達だぞ



銀さんの丸太直撃。



それすらも打ち破るおっちゃんに。


女子供ならまだここにおるぞ


月詠!





吉原の女との遊びは命がけでありんす




あぁー、月詠らしいなぁ。



本当に、初登場の時の月詠からそのままの、月詠。


いや、成長している所はあるけれども芯はぶれていないよね。



そして、最後は銀さんの洞爺湖。



おっちゃん、もういいだろう。



遊んでやんね



と言う銀さんに、おっちゃんはどう返すのかな。

続きを読む

2017-01-07(Sat)

銀魂 第六百十八訓 丸太は武器にもなるし家にもなるし乗り物にも便利

……………………………薪にもなりますよー。


それは置いておいて。


柳生流に襲いかかる荼吉尼の一撃。


あまりにも強大すぎる。


速さで立ち向かおうとする南戸だけれど、速さでも太刀打ち出来ない。


東城の一撃を歯でかみ砕く堅さ。


太刀打ち出来ない四天王に。


あぁ、西野。


良かった。腕一本で済んだか。


西野を助けようとする敏木斎のじーちゃん。


あぁ、ここにも師匠がいた。



銀さんと九ちゃんに襲いかかる荼吉尼のおっちゃんに、あ、おっちゃん気が付いた。

九ちゃんが女だと言う事に。


女だけではない。

新八や神楽のような子供もいる事にお怒りのおっちゃんですけど。


戦を神聖な儀式というおっちゃんに、それはただの


全てを灰燼に帰す所行だ


と言う九ちゃん。


おっちゃん、九ちゃんの心意気は気に入ったようですが。


あぁ、お妙さんにとって、おりょうちゃんにとって、九ちゃんは女達の代表なんだなぁ。


女子供の力 見せてやろうよ



狭い路地を使って荼吉尼を翻弄するけれど。


おっちゃんは止まらない。


万事屋の三人同時攻撃も防がれた。


残るは?



九ちゃんに望みを掛けて。


続きを読む

2017-01-02(Mon)

銀魂 第六百十七訓 鬼は一寸法師のような小粒に弱い

さて。


お妙さんのピンチに駆けつけた九ちゃんです。


そうか。


これが九ちゃんの決めた道か。


そんな強い男に


そんな優しい女に


男とか女とか、そんな物を超えた九ちゃんは、お妙さんの大切な親友。



回り込まれた九ちゃん達を助けたのは、敏木斎のじいちゃん。


そして、柳生四天王。


あぁ、元気にしていたか。四天王。


おぉ。


援軍。



柳生一門と義勇兵。


そうか。九ちゃんが連れてきたのか。



相変わらずの四天王にほっとする。

そうか。こいつらにとってはこの戦いも、柳生編での戦いと同じなのか。


わしらの鍛えあげた剣は



今この時のためにあったのじゃ




あぁ。



そうだねぇ。



鍛錬して鍛錬して、ずっと鍛え上げてきた剣を振るう場をやっと見つけた。





え?




西野?










多分、本当に、これだけあっさりとやられてしまう実力差なんだろうけれど。



でも、四天王の一角、こんなに簡単に破れて欲しくない。

これが主人公だったら「こんなに簡単にやられるわけ無いでしょ」で、済むんだけどこれだけ出番の少ないキャラだと本当に死んでしまったように思えるけれど。


でも、それでも西野には平気そうな顔をして立ち上がって欲しい。

神楽ちゃんの拳を受ける事の出来る西野だから、減らず口をたたきながら戻ってきて欲しい。



それが許されないほどのキツイ戦いなのかもしれないけれど。



続きを読む

2017-01-02(Mon)

銀魂 第六百十六訓 汚れも立派な色

年末忙しがっていたら二本たまっちゃいましたよ。(;^_^;)

と言う事で、一ヶ月近く経ってしまいましたが感想です。


荼吉尼のおっちゃんに破られたかぶき町の門。


あー、やっぱりさぁ、屁怒絽に出てきて欲しいなぁ。


とにかく、なだれ込む荼吉尼の大群に、でも外の仲間達だって目の前の敵と戦うのが精一杯で。

うん、巨大な落とし穴。精一杯の小細工だけれど。

こんな小細工も解放軍の大軍の前ではたいした役にはたたなくて。


キャバ嬢達を逃がそうとした?

あ……………………………


あぁ、やっぱり死んでいく人もいるんだ。


モブだって、一人の人間なワケで、それぞれにそれぞれの人生があって、主要キャラでなくたって死んでいく人が出てくるのは辛い事で。




そして、荼吉尼とも互角に戦っている西郷さん。

助けに入る銀さん。


白フンの西郷


に、


白夜叉



か。


そうか。

二人とも白だったんだ。


それよりも、一番大切な事。



皆で生き残る奇跡を選ぶ



それこそが、かぶき町の仲間。だよな。



と?


お妙さんのピンチ!


に、現れたのは。



あぁ、九ちゃん。

九ちゃんが間に合った。


続きを読む

2016-12-08(Thu)

銀魂 第六百十五訓 「玉」の名がつくものは 全て大事にすべし

お。
後方部隊は真選組が引き受けましたね。
前方部隊はお庭番衆が引き受けますよ。

それでも少し勢いを緩める程度ですが。

はじまりますよ。
かぶき町の戦いが。


と言う事で、始まりますよ。

と、思ったら早速銀さん被害に遭っているし。

はいはいはいはいはい。

目玉はともかくあっちのタマには触りたくないよねぇ。神楽ちゃん。

ということで。

あはははは~。


はいはい。


マトモにやり合って勝てるワケが無いのは当然の事で、風雲上田たけし城ならぬ、風雲空知城が来ましたよ~。

うん、まぁ、鉄子ちゃんのトリックはまともですが。

うん、まぁ、西郷さんあたりから怪しくなり出しましたね。

あ~、狂死郎さん。かぶき町らしい。

小銭形も普段通りそのまんま。


でも、そんなかぶき町の戦い方の通じない敵が一人。

荼吉尼のおっちゃんか。


それはそれで清々しいが。


清々しいけどピンチなワケで。


さぁ、このピンチを乗り切る、と言うか、かぶき町のペースに乗せるとなると、やっぱり屁怒絽に出てきて欲しいなぁ。

で、屁怒絽が出てきたら、やっぱり戦うんじゃなくて、かぶき町らしい説得?に、なりそうだなぁ。


屁怒絽が出てきても、屁怒絽の一家全員集合しても、戦わないだろうなぁ。



屁怒絽の出番に期待しよう。
2016-12-01(Thu)

銀魂 第六百十四訓 次男坊は忘れられがち

……………………………まぁ、上や下が強烈だとねぇ。



と言う事で、過去のハタ皇子とバルカス皇子。


どーでもいいけどハタ皇子の変わり様は思い出補正ですか。それとも呪いでもかかってるんですか。



まぁともかく。



ハタ皇子に国を任せて自分の居場所を探し回ったバルカス皇子。


辿り着いた戦場。


出会った圓翔皇子。



それはそれで自分の居場所だと思っていたけれど。


でも、気が付いた。



逃げていただけだと。






何となく、解るな。


言い訳にしているんだよね。



他にも大事な事があるはずなのに、仕事を言い訳にして逃げるって言うのは昔よくやっていたよ。私も。
だって、学生時代は勉強さえしていれば文句言われないし、OL時代は仕事さえしていれば文句言われない。
楽なんだよ。難しい事考えるより。


と言う事で、戻ってきたバルカス皇子。

自分のかたわれハタ皇子の元へ。


ドラゴニアとして




と?







あーーーーーーーーーーー



おとなしくカッコつけさせてくれない空知んが来ましたよ。(;^_^;)




エリザベス九龍公子




いや、技の元ネタ解りませんが。(;^_^;)



オバQは解りますが。(;^_^;)


まぁ、回想もワケ解らない回想ですが。(;^_^;)



つーか、ネクスが寄生してるんか?あれは。喋ってるし。



まぁ、何だかんだで話はまとまりましたよ。


エリザベスが何者かは別として。



まぁ、ドラゴニアの件は、ニセモノと言う事でいいんじゃないですか?



まぁともかく。


これで取り敢えずは前に進めそうですね。
2016-11-23(Wed)

銀魂 第六百十三訓 男は長くも太くもなく硬く生きろ

お?


これは央国星?


ハタ皇子のパパですか。


何?


病気?



それはともかく。



え?



ハタ皇子?

え?


回想美化1000%?


それはともかく。


バルカス皇子?


ハタ皇子の兄上?



あ。。。。。(;^_^;)



空知んの下ネタを使わないと話が書けない病が出た。(;^_^;)



ネクス



……………………………いや、略し方に無理がありますが。(;^_^;)


まぁ、生物としての価値に見かけが関わってくるってのは、野生動物でもあるよねー。

ダーウィンが来たとか見ていると、いろいろあるよね。

ツノの大きさで優劣が決まるとか、体の大きさで決まるとか、模様の美しさで決まるとか。
ま、わからんでもない。


と言うわけで、兄上バルカス皇子はそのチダンネクスコが小さい故に、王位継承者として失格だと。

まぁ、ある意味ネスが言う事ももっともなんだよなぁ。
王に才能が無くても、臣下を才能のある者で固めれば国は回っていく。
確か、吉宗の次の将軍息子とかそんな感じじゃなかったっけ。


あー、そんな事でモメているから国王陛下が倒れたー。



……………………………って、いまわの際に?


え?兄者?


あぁ、もう一人いたのか。兄上が。



ドラゴニア



あぁ、ハタ皇子とバルカス皇子は仲の良い兄弟だったんだな。

家臣達が勝手に争っていただけで、争いたくない兄弟は、バルカス皇子が消える事で争わなくて済む道を選んだ。


って、回想ここまで。


あー、かなり昔の事なのか。


あ、て事はダンはじいか。
確かに面影残ってる。

つか、性格のひねくれ方はどんどん成長しとりますな。(;^_^;)


それはともかく、桂の悪知恵が始まりましたよ。

あ、じい相変わらず。

ん?

おぉ。


長谷川さん。


ちゃんと心は入国管理局局長。


と?


え?



ダン?



あぁ、ずっと反逆の機会をうかがっていた?


ハタ皇子のピンチよりもエリザベスのたんこぶが気になります。(;^_^;)


まぁ、それはともかく。


ダンがそれを聞いたのは、解っていたというか、期待していたんだろうなぁ。

ハタ皇子のバルカス皇子への思いを。


でも。



瓢箪から駒が出た。



紫雀提督バルカス皇子



王の帰還だ



続きを読む

2016-11-16(Wed)

銀魂 第六百十二訓 我々は宇宙の一部であり宇宙そのもの

攻めてくる解放軍。

まぁ、フツーそうだよね。
あんなデカい装置アームストロング砲が有れば、それが原因だと思うよね。

と言う事で、後方を突こうと動き出す仲間達。

うん、真選組が使おうとしている


アレ


が、楽しみではありますが。


うん。やっぱりさ、文明から切り離された戦いになると、戦国時代の合戦を連想するなぁ。

多分、お庭番衆や真選組の戦い方は、ある程度は戦国時代の戦い方この国のセオリーに近くなるんだろうなぁ。

でも、万事屋の戦い方は、そんなセオリー無視した戦い方になるんだろうなぁ。


死にかたなんざ 生きた先に勝手にぶらさがってくらあ



あぁ、本当に、これが空知んの芯の部分なんだなぁ。


そして、始まる戦い。

あ、アレは爆弾ね。
まぁ、空知んの事だから、もっと手の込んだ物をこの先用意しているかも知れないけど。

で、地球でみんなが頑張っている頃。

辰馬は。

お。紫雀提督。お向かいの牢ですか。

辰馬。珍しくシリアス真面目モードですね。f^_^;


お。

辰馬は解放軍の怒りを虚に向けるつもりでいますよ?



わしらに力を貸せ


まぁ、虚にしてみたら、それでもいいはずなんだよねぇ。本当は。


虚は本当に、どうしたいのかなぁ。

自分を終わらせたい、てのは真実だと思うんだけど、そのために地球まで滅ぼそうとしているのは。

地球が滅びなければ、虚自身が終われないのかなぁ。

それとも、自分で自分を終わらせる事が出来なくて、地球を質に取って自分を殺させようとしているのかなぁ。

それはともかく。


紫雀提督が気付きましたよ。

桂がいない。


と言う事で、桂です。



……………………………



相変わらずの桂です。(;^_^;)



お。珍しい。辰馬がツッコミに回ってるぞ。

と言う事で、桂は相変わらず桂でした。(;^_^;)

しかし桂は電波なのか機械音痴なのか。(;^_^;)


と言う事で、桂を捕らえたのはハタ皇子でした。f^_^;


ぶっ。
長谷川さんまで捕まってた。(;^_^;)

と言う事で、真面目に工作活動する前にはアホやっておかなければ動けない桂が動き出しましたよ~。


さぁ。ハタ皇子がどう頑張る利用されるのか楽しみだ。
2016-11-09(Wed)

銀魂 第六百十一訓 祭り好きの仕切り屋ほどうっとうしいものはない

地上部隊と連絡が取れなくなった解放軍からですね。

あー、辰馬はもう戻ると。
まぁ、戻って別の何かをする気なんでしょうけど。


と言う事で、地上では。
解放軍の戦艦を落として活気づいている江戸の人々ですが、仲間達は気付いてますね。

でも。

諦めない。

諦めてないよね。みんな。

絶対に勝って、たまも金時も取り戻すよね。


取り戻さなければならないものがまた一つ増えた万事屋。真選組、お庭番衆。

けれど、天人との差がもう一つ。


数。


あ~~~~~。

ノリノリなのは荼吉尼の長老っぽいおっちゃんか。

で、辰羅のにーちゃん。
こっちは報酬目当てね。

で、夜兎は?
あー、なんか、本当に長老っぽいじーちゃんが率いているよ。
つか、夜兎結構いるじゃん。
春雨第七師団にもあれだけいて、ここにもいるの?
誰だよ。絶滅危惧とか言ってるの。
結構いるじゃん。

と言う事で、歌舞伎町に向かう解放軍を外から眺める銀さん達。

そうか。
かぶき町の人達は、囮になるつもりなのか。


ていうかさ。


大軍に対して籠城で戦うって、なんか真田丸を思い出すんですけどまぁ、空知んの事ですから真田の軍のような戦い方風雲上田城とは随分違った戦い方になるとは思いますけど。


そして。


来ましたよ。


仲間達が。


柳生家。

百華。

次郎長。

これは、外道丸?

右衛門。

鯱。



みんな。



本当に、総力戦。



まるで、最後の闘いのようだけれど、でも、まだだよ。



本当の敵は解放軍じゃないもの。



本当の戦いは、この戦いの後にある。



だから、本当の最後の闘いの前に、オールスターの戦いを楽しみにしよう。
2016-11-01(Tue)

銀魂 第六百十訓 無駄を覚えた機械を人間という

続々と制御不能に陥っていく解放軍の船。

原因は。



ナノマシンウィルス



機械カラクリのチカラでは及ばないなら、機械カラクリを捨て、己のチカラだけで戦うために。


そしてそのための、たまと金時。



金時はずっと、この地下で大筒を作っていたのか。



俺達しかいねェ


金時の、自分のスペックに対する自信と。

銀さんに張り合う気持ちと。



そうだよね。

張り合うんだったら、相手を引きずり下ろすんじゃなくて自分を高めなくちゃ。


それが出来るようになったのならもう大丈夫。




そして、たまの信念は。


機械からくりは 人の役に立つためにある



壊れていく機械からくり達を黙って見る事しか出来ない源外さん。



一緒にくたばる覚悟はできてたんだぜ




壊れる事を自覚した金時と、壊れても諦めないたまと。




友達になってくれて ありがとう



もうさぁー!

ティッシュが箱で必要だってば。


たまも、金時も、信じているんだから。

みんなが世界を救ってくれるって。


世界を救ってくれれば自分たちの事も取り戻してくれるって。




だから、勝たないと。


何としても勝って、仲間を取り返さないと。
2016-10-24(Mon)

銀魂 第六百九訓 爺さんは忘れてはいけないものを皺に刻む

全蔵の火霧を力業で破壊しながら襲いかかる解放軍ですが。
圓翔くんは、地球人を殲滅するつもりですよ。

でも、黙って殲滅させられるようなタマじゃないわけて。みんな。

はい、出番ですよ~。源外さん。

あら。お久しぶり。金さん。

相変わらずですね~。

どんな時でも相変わらずでいられるのがかぶき町の仲間で。

相変わらずでいられる金さんも、もう充分かぶき町の仲間で。

そして、たま。


源外さんがずっと、もがき続けて探し続けた自分なりの答え。


人の役に立ち 人を救うのがカラクリだ



あー、ホント、涙が出る。
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング源外砲下ネタだろうが何だろうが涙が出る。

息子に先立たれた父親が、もがいてもがいてやっと見つけた答えだと思うと、本当に涙が出る。


金時とたまの力を借りて、発動するネオアームストロング砲。

下ネタなのに笑っているどころでなくてごめんなさい。

江戸中の機械からくりの力を借りて。



あーもう、下ネタだろうが何だろうが今週は涙が止まらないよ!


金時とたまの力で全て無効化された機械からくり達。


そう。仲間までも。



金時とたまを直すためにも、勝たなくちゃ。

勝って二人とも直さなくちゃ。
2016-10-20(Thu)

銀魂 第六百八訓 ジャンプは月曜日 マガジン・サンデーは水曜日

えーっと、圓翔か。
他人の名前を覚えられない私はキャラクターの名前覚えるのも一苦労です。


と言う事で、戦況の報告を受けている圓翔ですが。
喜々くんと辰馬は捕まったままですが、まぁ、喜々くんはともかく辰馬はただ捕まっているだけじゃないだろうなー。

でもまぁ、まだ行動は起こさないか。しばらくは。

しばらくは、真選組に働いて貰ってだろうねー。

と言う事で、ギャグは一休みで真面目に戦闘モードに突入した真選組に、お、お庭番衆。万事屋も戦ってます。

圓翔くんとしては、このくらい抵抗しようが力でねじ伏せると。

喜々くんは心配そうですけど辰馬は余裕ですよね。

まだ何か隠しているでしょう。桂もいないし。


それはともかく、お庭番衆参戦を眺める銀さんに土方さん。余裕ですね。

あ、さっちゃんが通常モードに戻っちゃった。

全蔵が引きずり込まれた。(笑)

まぁ、皆さん余計な力が抜けたそうです。


と言う事で、自分を取り戻した銀さん。


まぁ、別の意味で別のモードに入っちゃっても強くなるんですけどね。銀さんは。

つか、銀さんはブチギレモードが一番強いんですけどね。


それはともかく圓翔くん何か出してきましたよ。


随分デカいですけど。


まぁ、力業ですね。


あ、色々出てきた。


荼吉尼


辰羅


夜兎



あー、屁怒絽が活躍するかな?どういう形でかはともかく。


とか思っていたら源外さんから無線ですね。


屁怒絽どころか、かぶき町総出だそうですよ。


さあ、どういう戦い方になるか。



真っ正面から行ってもかなわないからね。どう絡め手で来るか。



空知んのお手並み拝見。
2016-10-12(Wed)

銀魂 第六百七訓 TシャツのTは魂のT

さて。

山崎ですが。


あらあらあらあら。


見かけだけじゃなくて隊での立ち位置まで変わっちゃってますね。


なんだこりゃ。


あ~~~~~~~~


イボとたいして変わらん。(;^_^;)


と言う事で、相変わらずですね~


と言うか、戻ってきましたね~



つか、それより何よりトシに文句言う事に関してだったら意見が一致する沖田と神楽がいいですね~。



戻ってきましたね~


うん。安心するけど。


ま、私的には将軍暗殺編や洛陽編のような、クッソ重い話も大好物ですけどね。



まぁともかく。


今度は全蔵の仕事です。



火霧



帰ってきた全蔵。



やっぱりさぁ、さっちゃんは全蔵といる時の方が好きだなー。

仕事をちゃんとこなす女は好きなんだよねー。





それはそうと、どんどんと将ちゃんの帰ってくる余地がなくなっちゃうのだけは寂しいなぁ。




将ちゃんあのままお終いじゃ、悲しいんだよなぁ。
2016-10-07(Fri)

銀魂 第六百六訓 禁煙は他人に言いふらす奴に限って続かない

おぉ~。


真選組だ。


ちゃんと、武装警察真選組として帰って来た~。




真選組おまわりさん




あぁー。ちゃんと警察手帳持ってるー。



しみじみ……………………………



真選組が真選組として帰って来た~。



はぁ。





ホッとした。




そして、そよちゃんを護ったのは松平のとっつぁんでした。



つか、飛んでくるミサイルに正面からミサイルぶつけるってかなり器用です。



てか、相変わらずみんな仲良くて嫌味の応酬で何よりです。



と言う事で。



あ~。



近藤さんが調子を取り戻しましたよ~。



相変わらずのモザイクですよ~。



あー、息継ぎ息継ぎ。



と言う事で、土方さんと沖田も息継ぎ息継ぎ。



どーでもいいけど山崎ちゃんと元に戻るんでしょうね?


このままランボーは嫌ですよ?
2016-09-26(Mon)

銀魂 第六百五訓 ハチマキ巻いたら受験生に見える

久し振りの表紙&巻頭カラーです。

あぁー。シリアスな絵柄だ~。

しみじみする~。

巻頭カラーは仲間がみんないる~。

最終章のタイトルがやっと決まった~。

と、色々ありますが、表紙に既に書かれている通り、TVアニメが帰ってくる~。



うん。まぁ。それはメデタイ事なのですが、最近それでもテンションが上がり切らなくてね。

何でって、始まる事の喜びより終わる事の悲しみの方が大きいから、もう既に壊れちゃったよ。私自身が。

もちろんテレビアニメの銀魂が帰ってこないと



困ります



困ります、の、レベルなんです。


今度こそ本当に、原作をもれなく全て映像化してフィナーレを迎えて欲しいです。

その後に、空知先生脚本原案のアニメ映画のカーテンコールが有る分には狂喜乱舞しますので。




と言う事で、朝イチなのでネタバレ嫌な人用への迂回はこんな所でいいかな。

本編に行きます。


瓦礫の中、埋もれた仲間を捜し出しているのは定春みたいです。

定春!充分災害救助犬になれるよ!

それはともかく、みんな瓦礫に埋もれた程度で体へのダメージはそれほど無さそうです。

まぁ、精神的ダメージは別として。

でもまぁ精神的ダメージに負けるような奴らでもないですけどね。


と言う事で、銀さんは大丈夫だろうと思っていましたが、のぶたすも無事でした。
あー、よかった。


そして。


あぁ。


よかったねぇ。のぶたす。



俺達にとっちゃ お前ももう


その大事な勝算って奴に入ってるって


よかったねぇ。


たまの言葉と重なるねぇ。



お父さん 私 友達ができたよ




そんな希望も見えたけれど、現状は未だ甘くなく。
どうしたら糸口が見つかるのかまるで見当も付かないのぶたす。

地球の全てを焼き尽くすまで、焼き尽くしても止まる気のない解放軍。


そうなんだよね。


解放軍のやっている事は、もう既に八つ当たりだから。

江戸を全て焼き尽くしても、地球を全て焼き払っても、止まる事は出来ない。


だから、止めなきゃ。



と言うのはあるんだけれど、取り敢えず今は攻めてくる解放軍に、どうしたらいいのか解らずに右往左往する江戸城。

トップ不在で誰も何も決められないでいる役人達の前に現れたのは、そよ姫。

あぁ。

乱破ちゃんの元に隠れていたのを逃げ出してきたのね。
そよちゃん相変わらず。f^_^;

そして、全蔵はそよちゃんの隣ではなく、別の場所でそよちゃんを護ると。


あぁー。

なんか、わかるような。全蔵。


相変わらず個人プレーだねぇ。全蔵。

一人で勝手に動くから、さっちゃんはイライラするんだよねぇ。

もう、全蔵の事鎖で繋いでおきたいよねぇ。さっちゃん。


と言う事で、取り敢えずそよちゃんです。



城は自分が一人で守るので、みんなは早く避難しろと。



その、そよちゃんの姿を見て役人達はどうするのだろう。


逃げるのか。


そよちゃんを護って残るのか。


そよちゃんを護るために戦いに出るのか。



全員が全員同じ事をしなくても良い。

逃げる者が大多数の中、残る者もいて戦う者もいたら、最高なんじゃないかなぁ。



そして、虚に手も足も出なかった銀さん。


何も出来なかった絶望感。


あるよね。


たまにはあるよね。


心が折れそうになる時。


今まで一度だって松陽先生に届かなかった、銀さんの剣。


虚に届かない銀さんの剣。



あぁーーーーー!!



そよ姫ーーーーーー!!!



でもね、私は諦めていない。

誰かが助けてくれる。

それは、絶望の中に無理矢理見いだそうとしている希望ではなく、今まで作ってきた繋がりがあるから。


仲間を助けようとする仲間は、もう既にあちこちで繋がっている。


だから、そよちゃんはきっと誰かが助けてくれる。





解放軍の攻撃で壊される江戸の町。

地上部隊に追いかけられる万事屋。


挟まれた。





ん?



あれ?




あぁ。



前見ろ



剣握れ



叩き付けられた激を、そのままのし付けて返す。



と言う事で、帰ってきました。真選組。


ちょっとイメチェンしてますが。


感想としては、



防御力上がってるね!

鋼鉄の鎧までは行かなくてもこれで結構攻撃防げるね!


と言う衣装ですね。

まぁ、真選組の制服に見廻組のデザインを足したというのが本音でしょうが。

取り敢えず、動きにくくさえなければ充分身を守れる新コスチュームだと思います。



さて。

これでまた銀魂に足りなかった者がひとつ、帰ってきましたね。


ちょっとホッとしました。


続きを読む

2016-09-25(Sun)

銀魂 第六百四訓 しぶといとしつこいは紙一重

あ、 似たようなサブタイ初期にあった。
まぁ六百訓以上描いていればサブタイもかぶるでしょう。全く同じ事もありましたしねぇ。



取り敢えず本編。



死ねない虚と死ねなくされた奈落。

あら。奈落三羽の最期の一人






え゛。
虚って奈落三羽に数えられてないの。(;^_^;)


と言う事で、突然登場の奈落三羽。出ました。

出ましたけどなんかイマイチ雑魚っぽいですね。


雑魚っぽい上に、銀さん怒ってるので一撃でやられてしまいましたよ。



銀さんかなり怒っているようですが。


吹っ切れているのかなぁ。


言葉では


悪党だ



万事屋だ


と、言っているけれど、完全に吹っ切れているのかなぁ。


虚の体の奥で、松陽先生が眠っているかも、と言う迷いは無いのかなぁ。




その、怒っている銀さんに。


なおも襲いかかる柩。


柩もまた虚の血によって死ねなくされている。



倒しても倒しても、起き上がってくる奈落に。

キリがない。


そこへ。



解放軍まで。


今の状態では戦いに勝てない。


のぶたすが撤退を決めた。


でも、それは諦めではなくて勝つための策を練るため。


虚に届かない銀さんの剣。


そうだね。


のぶたすの言う通り。



まだ、足りない。




私達だけじゃ 倒せない


それは、仲間を集めれば、策を練れば、勝機はある。と言う事でしょう?



そして、狙われた銀さんを助けようとしたのぶたす。




何となく、のぶたすは大丈夫な気がする。


サブちゃんが助けてくれそうな気がする。


サブちゃんが生きていても、死んでいても、それでもサブちゃんが助けてくれそうな気がする。
2016-09-15(Thu)

銀魂 第六百三訓 忍者とバカは高い所が好き

あ、服部。

何してるん。


ふぅん。


幕府の内部か。


幕府に残っている人達ってどんな人達なんだろうなぁ。


自分の身だけが大事な者達は、もう既に逃げ出している。


でも、国を憂いているような人達は、もう潰されている。


じゃあ?


毒にも薬にもならないような人達が残っているのかなぁ。どうなのかなぁ。



どんな人達が残っているかはともかく、右往左往するだけで何も出来ないでいる役人達を見下ろしている全蔵。


……………………………何を考えているのか。



あ、今度は銀さん達か。

多分ソレはのぶたすの推理だろうけれど、かなりイイ読みをしているんだ。のぶたす。

天導衆が既に使い捨てられている事も、解放軍がその事を知っている事も読んでいる。


そして、のぶたすが読んだ虚の出現場所。


使い捨てられた奈落。


虚に飛びかかる銀さんの思いは。


どんなだろう。


松陽先生と同じ体を使って人々を苦しめる虚に対する怒りか?


多分、怒りなんだろうなぁ。


銀さんはいつも、最後は敵でさえも受け入れて救っているけれど、それは最初から有るわけではなくて、戦いが終わってからわき上がってくる思いなんだろうなぁ。


その頃。


あら。全蔵。


そよちゃん?


そよちゃんを逃がそうとする全蔵に、何かしたいというそよちゃん。


うん、なんかなぁ。


やっぱりさ、まだ諦め切れていないんだよ。


将ちゃんの事。


みんなのピンチの時に、将ちゃんが助けに来てくれるんじゃないか、って。



全蔵やそよちゃんが、将ちゃんはもういないという話をしていると、辛くなるんだよ。


やっぱり将ちゃんには帰ってきて欲しいんだよ。



あ、乱破ちゃん。


そうか。乱破ちゃんは別マなのね。
少女漫画も大昔は週刊だったけど、今無いよね。


それはともかく。


そよちゃんは知っているのか。


喜々くんが今も戦っている事を。



その喜々くん。


辰馬と一緒に乗り込んでますが。


うん、多分喜々くんには戦いに勝てるだけのチカラは無いんだけど、その分辰馬が戦ってくれます。


でも?桂がいないね。


まぁ、何か裏工作しているんだろうなぁ。


総攻撃を仕掛けようとしている圓翔。


それを何とかするのが桂の役目なんだろうなぁ。




そして、銀さんの戦い。


虚に届かない洞爺湖。


銀さんを止めたのは、倒れた奈落。



ここで銀さんも気付いたね。


奈落は虚によって死ねなくされていたと。




銀さん、怒りましたけど。


でも、まだだなぁ。



まだ、銀さんのチカラは全て出る状態になっていない。



何だろう?



何て言うか、銀さんが全てのチカラ、それ以上のチカラを出す時、って、感情の限界を振り切った時だよね。


まだ、振り切っていないよね。




何となく、今回は桂の裏工作で解放軍が一時撤退して、仕切り直しになりそうなんだけどな。




つか、銀さんは一度ボロボロにならないと勝てないからな。




さぁ。どう動くのか。




読めない。
2016-09-05(Mon)

銀魂 第六百二訓 ヤンキーの子供は襟足が長い

そーなんすか?
ヤンキーに興味ないから知りませんが。

まぁともかく。
紫雀提督と誰かが話していると思ったら、新キャラ?


硝煙の皇子 圓翔


ん?あ、過去の事か。

何。奥さん出産間近?

うん。なかなかオトコマエな奥さんで。



と?











うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ




それは……………………………




一番マズいじゃないですか。


一番ヒドいじゃないですか。


一番辛いじゃないですか。





許せるわけないよね。圓翔。わかる。

怒りで何も見えなくなるよね。わかる。


怒りをぶつける先を間違えちゃいけないなんて、そんな事言える余裕なんて無いよね。


そうか。自分の星を奪われたのは、紫雀ではなく圓翔だったのか。



そして、立ち上がったアルタナ解放軍。






あ、現在に戻った。


動き出した奈落。

押される解放軍に?


死ににきた


と言う虚。



虚もなぁ。

行き詰まっているんだよな。


何百年も生き続けて、何百年も死ぬ事が出来なくて。



助けて死なせて欲しいのに、誰にも虚を助けて殺してくれる者はいなくて。



だからと言って、そのまま放っておくわけにもいかないんだけど。




そして、奈落の攻撃に責任を追及される紫雀提督。

これは回想か。

喜々くんの決意。辰馬の言葉を信じた紫雀提督。


自分自身の身に被害を受けているわけではない紫雀提督だからこそ、落ち着いて分析も出来るのだけれど。


でも。


自分自身の身に被害を受けている者達の気持ちが収まるわけはなく。



その戦が突然ここで終わったら


彼らの憎しみはどうなると思う



うん。


許せるわけないよな。


ただ、その憎しみをむやみやたらに誰にでもぶつけて良いわけではなく。

それを本来の方向に向けてやるのが紫雀の役目なんだろうけどな。


と?





あ。。。。。。。。。。。





圓翔は見つけていたのか。

天導衆のなれの果て。


それを解った上で。


誰でも構わんさ



うん。


故郷を、家族を奪われた憎しみは、どこかにぶつけないと止まれないよな。

そのぶつける先が間違っているなんて、他人に言う権利はないよね。

そのぶつける先を提示してあげる事くらいしか出来ないよね。そのぶつける先に、自分自身を持ってくるのが少年漫画なのだけれども。



怒りをぶつける先を求める圓翔。

紫雀を幽閉し、地球制圧に乗り出したけれど。


それもあるけれど。



あ、あぁ。


やはり、奈落は虚に不死にされていたか。

やけに大勢いるな。倒れても倒れても減らないな、と思っていたら。



なんか、銀魂の敵役は、倒すと言うよりも救わなければいけないようなキャラばかりだけれど。

虚こそが本当に、一番救わなければならない敵なんだな。



そして、また一人、救わなければならない敵が一人増えたね。


圓翔くんも救うにはなかなか手こずりそうだ。
2016-08-30(Tue)

銀魂 第六百一訓 ジャンプ一週読まざれば刮目して見よ

あ、お妙さんが墓参り。

あぁ。やっぱりお妙さんにとって一番大切なのは、新八なんだなぁ。

新八、成長したよねぇ。

しみじみ……………………………




で、神楽ちゃんの方は町のみんなに嫌な顔で見られてますねー。

キャサリンはともかく、神楽ちゃんは地球人と見た目変わらないんだけどな。
キャサリンが一緒にいるせいか?

ま、たまのフォローがフォローになっていないのもいつもの事で。(;^_^;)


神楽ちゃん悟ってるなぁ。


何だかんだ言って、精神的に一番大人だよね。

で、シリアスやったらギャグで落とさないと気が済まない空知んが復活しました。


空知んよかったねぇ。ギャグかませる余裕が出来て。

まぁ、BLEACHの終わり方にはかなりもやもやしていますが、久保先生には集英社に負けずに頑張っていただきたいです。


ま、ギャグで一息ついた所で。


わ~。のぶたす。久し振り~。

と、思ったら?

え?奈落?


それにしても、奈落ってやけに大勢いるな。

なんでこんなに大勢いるのかな。


普通の人間を操っているのかな。

それとも虚の血で不死になっていて、倒れても死なずに復活するのかな。


とにかく、今週ちょろっとギャグで息継ぎした所で虚が出ましたよ~。
さて。来週からまたシリアスかな?
2016-08-27(Sat)

銀魂 第六百訓 ハラは割れないがケツは割れている

あぁー。六百訓か。
BLEACH600話の時は、久保先生編集部に色々して貰って奥様にも編集部から花束贈っていただいてたけど空知んは何かして貰ったのかなぁー。ちゃんと。
つか、空知んにも編集部から花束贈ってもらえる奥様をはよ。

と言う事で、本編では喜々くんが頑張ってます。

交渉だけじゃなくて、ピーの方も頑張ってます。

つか、だんだんピーの方がヤバくなってきてますけど?



あはははは、辰馬と桂、ひでぇ。



お。誰か出てきたぞ。


紫雀提督

ですか。


まぁ、シブそうでいいんじゃないかなー。


あはははは、喜々くんはそれどころじゃない。ピーの方がもっとヤバいぞ。


うん、まぁ、紫雀提督のおっしゃる事は理にかなっていますが。

あはははは、まぁ、喜々くんも平静な状態だったら舌戦で勝ち目がないねぇ~。
まぁ、辰馬や桂に舌戦させれば勝てるけど。

でもまぁ、おなかのピーの方が危機的状況の喜々くん、ピーの方で必死になって訴えているのが逆に効き目がある、ってのが、銀魂だねぇ。

わはははは。辰馬に桂。ひでぇパンパース


で、喜々くん言うだけ言って帰ろうとしますが、辰馬と桂は許してくれない。ひでぇ。(;^_^;)


さ~。ヤバいぞ。喜々くん。


で、危機的状況の喜々くんのピーを勝手に核と誤解するのも銀魂クオリティで。


桂に辰馬。お前らわざとだろ。



と言う事で、勝手に誤解されている


ハラキーリ



で?


勝手に誤解した紫雀提督。




あーーーーーーーーーーーー




はいはいはいはいはい。



ということで、銀魂だねぇ~



さすが銀魂の六百訓だね~。



と言う事で、六百訓は丸々一話、ウンコでした。



まぁ、銀魂らしくていいんじゃないですかー。
2016-08-09(Tue)

銀魂 第五百九十九訓 調味料は控え目に

あ、解説。


と、思ったら、お食事中の会話でしたか。

うん、これ、作戦会議と言うよりご飯食べながらの雑談だよなぁー。

ま、しょう油から脱線するのはいつもの事で。

すんません。ダルビッシュと西川きよしは名前くらい聞いた事有るけど芸能人やスポーツ選手の結婚事情とか全く知りません。

どーでもいいけどコロッケにメープルシロップは勘弁してほしいですが、メープルシロップって高いんだよ~。銀さん普段買えないでしょう。←ツッコムところそこ?


で、一番まともな事言うのは陸奥ちゃんですが。
流石です。これだけメチャクチャな連中をまとめてます。

ちなみに私はソース派ですが、ソースとケチャップを混ぜた物もたまにやります。何もかけなくても食べれます。

で、おぉ。

坂本。お前は蓮蓬編の時からそのままだねぇ~。


本当に、


各々のやり方



ん?

その中に入り込んできたのは?


ほぉ。


喜々くん。


将軍徳川喜々の擁する


錦旗をはためかせた正規の軍と聞けばな


あぁ。


喜々くんも、ちゃんと自分の出来る事を考えている。


面白くない神楽ちゃんに。

過去は忘れないという桂に。


それでも、それら全てを受け入れる覚悟で。


神楽ちゃんの嫌がらせタバスコとマヨネーズのかかったコロッケまで全て受け入れる覚悟で。



だから、みんなも受け止めた。





そして、辰馬と桂を連れて、乗り込んだ喜々くん。


……………………………



まぁね。空知んだからね。(;^_^;)

ギャグ挟まないとね。


ということで、流石にマヨネーズ大量摂取にタバスコ大量摂取はお腹壊すよね。(;^_^;)


まぁ、喜々くん。桂と辰馬の間にいたら、アホがうつるよ~(笑)



そう言うわけで、地球の方では。

相変わらず元気なかぶき町の面々。

あぁ、そうだね。機械からくり関係は源外さんがいたね。

九ちゃん、頑張ってるけど相変わらず。(;^_^;)

さっちゃんはお庭番を使って諜報活動と避難誘導。と、もう一つ何か。


何となくさ。


全蔵は別行動で何かやっているような気がするなぁ。

さっちゃんの


何やってんのよ 全蔵アイツ


ってのは、全蔵が全蔵の役割の進捗状況をちゃんと伝えて来ていない感じに取れるなぁ。



そして、月詠達吉原は弱者を匿うと。


それぞれが、それぞれの戦い。



そして、喜々くんの戦いは。



お腹の方も戦ってますね~。(;^_^;)相変わらず。

御岳百草丸効きますよ~。送ってあげましょうか~(笑)
2016-08-02(Tue)

銀魂 第五百九十八訓 誰もが股にターミナル

やっと帰ってきた万事屋。

うん、家は壊されてしまったけれど。


全部取り戻す



あぁ、なんか、思い出すのは辰馬の船で壊された部屋。

何度壊されたって、取り戻してきたものねぇ。


カッコ付けても下ネタを忘れないのが銀さんで、女性陣に返り討ちに遭うのも銀さんで、あっという間にかっこわるくなるのも銀さんで。(笑)

あはははは、銀魂の女性陣は強いよ~(笑)


お。源外さん。


待っていたんだ。銀さん達が帰ってくるのを。


楽しそうな源外さん。に、お登世さん。


あぁ、二人とも、託していたんだ。


死んでしまった息子の思いを。

置いて行かれた旦那の願いを。


みんなの思いを銀さんは背負っているんだ。



暴れ回る万事屋に触発されて、動き出したかぶき町の仲間達。


町の人達も戦っている。



西郷さんに。

勝男も。



みんな楽しそうだけど。


あぁ。


銀さんだってわかっていたんだ。


こんな、町一つの中で暴れていたって解決しないって。


やらなきゃならないのは別の喧嘩。



口喧嘩さ



と言う事で、解放軍に乗り込んだのは。



おぉ。


喜々くんを御輿に担いだ桂と辰馬。


おぉ。


桂の正装は見慣れているから似合うのはわかりきった事として。

辰馬。正装似合うぞ。

派手な柄も辰馬らしいぞ。

グラサンのない目がりりしいぞ。


うん。なかなかいいぞ。


とにかく、舌先三寸二枚舌二人が乗り込んだからには安心して笑う準備は万端ですが。

さて。心を入れ替えた喜々くん。デビュー戦だ。ガンバレ。


続きを読む

2016-07-29(Fri)

銀魂 第五百九十七訓 天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる 後編

万事屋を訪れたのは、お妙さんか。

お登世さんも。


賽銭ねぇ。

ホントだ。小銭ばっかで賽銭だ。

お妙さん、みんなの依頼書集めてきたんだ。

えーっと、右から月詠、源外さん、さっちゃんと来ているから最後は九ちゃんか。

待てよ?

クナイが刺さっているのは月詠と思い込んでいるだけで、服部の可能性もあるんだな。月詠がお妙さんに頼むのは、違和感が有るっちゃ有るからな。まぁ違和感があってもそう言う事がないとは言い切れないけど。

そして、お妙さんとお登世さんからも。



みんなの依頼ねがい



あ、お登世さんのお店にまで嫌がらせが来た。


と言う事で、今度は長谷川さんですね。


江戸で好き勝手暴れる解放軍。

仲間達の周りでも、動き出した。


絶望を幾つも見てきたという長谷川さんにとって、こんな絶望、毎日の絶望と何も変わらないと。


動き出す仲間達。


柳生家も。


吉原も。



お庭番も。




服部は?


服部は今どこにいる?



服部は服部で、大きな見せ場があるだろうと期待して待つ事にしよう。


て言うか、服部には生きていた将ちゃんを連れて再登場して欲しいなぁ。



で。




安定のマダオ長谷川さん


安定ですね~。いつも通りですね~。安心しますね~。


……………………………




あ。




ハタバカ皇子



おぉー。


久し振りですね~。


これはとうとう最終章ですねぇー。



で。お登世さんの方は。


何で攻撃を受けているのかと思ったら、現地調達略奪ね。

戦争中にはよくある光景だよね。

食料なんてどうでも良いというお登世さんだけれど?

あー、コイツラ解ってやっている?


万事屋を潰して女だけさらっていくと?



あ。




承った



帰ってきた。



万事屋が帰ってきた。



最終章なんだなぁ。


続きを読む

2016-07-19(Tue)

銀魂 第五百九十六訓 天然パーマはぐにゃぐにゃ曲がっても戻ってくる 前編

あ、結局ウソ予告ではなく本当に最終章始まりましたね。
間に三話くらい閑話休題のギャグ入っても良かったんだけど。


と言う事で、最終章はお久しぶりのマダオからです。


あはははは、相変わらずの自動販売機の下ですか。

うん、まぁ、私もよくレジの下にお金落として拾うけどね。
定規を探してくるとか棒を持ってくるとか道具を使う事を覚えようよ。霊長類なんだから。(;^_^;)←違うだろ

と、マダオはいつも通りですけど周りがいつもと違う?


何か来た?



あーーーーーーーー。



ターミナルが。



まぁ、マダオの世界も滅んだようですが。



あ、お登世さんもお久しぶり。

キャサリンとたまも。


あぁ、本当に最終章が始まったなぁ。


と言う事で。



みんなが忘れていた天人襲来。


実際、お妙さんや九ちゃんは生まれていなかったしね。

天人襲来から二十年が過ぎて、彼らとも何とか折り合いを付けて共存しはじめた矢先の攻撃。



アルタナ解放軍



確かにさぁ、アルタナ保全協会天導衆に反旗を翻した組織なんだろうけど、どうなのかなぁ?
自分たちの星のアルタナを奪還するだけじゃないの?

まぁ、天導衆を叩き潰す必要はあるだろうけど、その天導衆の行方が判らない地球に来て?
そして、将軍である喜々くんも、今宇宙だしねぇ。

と言う事で、我が物顔で地球を蹂躙するアルタナ解放軍を眺めるのはお妙さんに九ちゃん。

さっちゃんと月詠は吉原の屋根の上で。


自分たちのテリトリーを犯す者達は追い返すと言う月詠に


この期に及んで全宇宙を敵に回して戦うバカがいると思う


さっちゃんだって、判って言っているでしょう?



おるじゃろう



みんな、知っている。


そんなバカがいる事を。


みんな、待っている。


そんなバカを。




そして、街の人々に狼藉三昧のアルタナ解放軍。

あぁ、そうだねぇ。

正義という名の仮面を被ってやりたい放題好き放題は、何処でも一緒だよねぇ。


そして、世の中がどんなに変わっても、変わらないマダオ。


ん?


貯金箱?



これは?





え?


これ、マダオが集めていた小銭?


あ、万事屋。随分荒らされちゃってるなぁ。


あのリヤカーはマダオが貯金箱を運んできたリヤカーかなぁ。



これは、依頼書?



え?


え?




これって。







おかえりぃぃぃぃぃぃぃぃ!




長谷川さん!




あぁ、涙が出た。


長谷川泰三入国管理局局長が帰ってきた。



本当に、最終章が始まったんだなぁ。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
360位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
SS (3)
月別アーカイブ
解☆説
好きな事を好きなように勝手に書きつづっている自己満足ブログです。基本、漫画・アニメ中心。時々手芸にお菓子に園芸・家庭菜園。
漫画・アニメについては発売日・放送日以降内容に触れておりますので、ネタバレNGのかたはご自分でお逃げ下さい。
パソコン閲覧を前提に文字修飾しておりますので、携帯ではかなり読みにくいと思います。パソコンで御覧下さい。
隙間時間を使って更新していますので、記事の更新が先で文字修飾は後回しになる事が多いと思います。
スパムが多いため、ガチガチに禁止ワードを設定しています。
コメント等書き込めない時はTwitterに@を飛ばしていただくのが早いかも。


管理人の好きカプ傾向です。
お嫌いな方はお逃げ下さい。
BLEACH


喜助×夜一

恋次×ルキア
ギン×乱菊

一護×織姫
雨竜×ネム
銀魂


銀時×月詠
沖田×神楽

土方×ミツバ
桂×幾松

近藤×お妙
高杉×また子
坂本×陸奥
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

miffy

Author:miffy

幼少期:リボンの騎士で育つ。


小学生~中学生:ベルサイユのばらでオスカル様に惚れ込む。


中学生~二十代前半:和田慎二にハマる。中でも「スケバン刑事」の麻宮サキには尋常でないほど惚れ込み、花とゆめが出る度にファンレターを送りつけていた。基本的に花ゆメイトだったため、柴田雅弘、河惣益巳、美内すずえ、三原順等がお気に入り。花とゆめ以外では、佐々木淳子はほとんど、青池保子は「エロイカより愛をこめて」、萩尾望都の「ポーの一族」、竹宮惠子の「地球へ…」、河あきらは「いらかの波」の他にもいくつか読んだような。とにかく、家を出る時には200冊以上の単行本と10年分以上の花とゆめを妹に渡してきた。
その他、好きだったアニメキャラクターは「あしたのジョー」の葉子さん、「六神合体ゴッドマーズ」のマーグ、「超獣機神ダンクーガ」の沙羅、「宇宙戦士バルディオス」のアフロディア、この辺が特にハマったキャラクター。


コミケ歴:詳しくは覚えていないが、確か21~22くらいの年齢にデビュー。アニメ雑誌で知り合った、二つ上のお姉さんに誘われた。長野から東京に出て行くのに、そのお姉さんは岡谷だったためわざわざ中央線経由で上京。一人で電車など乗った事のない箱入り娘だったため、切符の買い方間違えたりもした(つか、販売員指摘しろよ)。最初から軽いコスプレで参加。ダンクーガのローズだったため、簡単なワンピースなので手作り。以後どんどんエスカレートして、ダンクーガの沙羅、ガンダムのララァ、エルガイムのレッシィ、銀英伝のカイザーなどが記憶にある。
エルガイムのコスプレをしていた時に、同じくエルガイムのコスプレをしていたおにーちゃんにナンパ(?)され、友達と二人でサークルに仲間いり。サークル参加するようになり、同人誌作りに手を出す。絵が描けないので一応字書きさんとしていくつか書いた。印刷所に出入りして、本が出来る様子を見せてもらったりもした。これも結構良い経験だったりする。
25歳の時にたまたま人生の転機が訪れ、漫画・アニメ・同人からは足を洗うが、その後結婚した旦那が実は結構なオタク。しばらくは漫画やアニメからは遠ざかっていたが、子供が小学校高学年くらいになってキッズステーションでイロイロ見始めた所、昔のオタクの血に火が付く。


2006年の年末:BLEACHの一挙放送をきっかけにBLEACHにはまり、ここのブログを始める。その後、2009年には銀魂にものめり込み、オタク街道爆走中





検索フォーム
アルバム
269gで書いていた頃の画像を取り敢えずサルベージしてあります。リンクの切れている画像はこの中にあるはず。(;^_^;)リンクが切れていて、見たい画像があるかたは、その記事のコメント欄で言っていただければ余裕のある時なら探します。(;^_^A